過眠症は長く眠る病気じゃない?日中に何度も居眠りする人は注意!

夜にしっかりと眠ったのにも関わらず、昼間にも起きているのが辛いほどひどい眠気を感じたことはありませんか?

睡眠障害の中には過眠症というものがあります。不眠症はよく聞きますが、過眠症について詳しく知らない方も少なくありません。

そのため、知らないうちに過眠症になっていることもあります。なので、過眠症がどんなものなのかを紹介します。

過眠症とは?しっかり寝たのに眠いのは注意!

およそ1日に7時間から8時間の睡眠時間があれば理想的です。過眠症というと何十時間も長く眠ってる人と思われがちですが、そうではありません。

夜に10時間はしっかりと眠り、それでも昼間にも起きているのが難しいほど強い眠気が何度もあるというのが睡眠障害である過眠症です。例えば仕事中や家事の途中でも居眠りをしたくないときに、何度も居眠りをしてしまいそうになるほど起きるのが辛いというものです。そして、過眠症には主に3つのタイプがあります。

過眠症の主な3つのタイプ!あなたはあてはまる?

ナルコプレシー

10代で発症することが多く、昼間に30分ほどの居眠りを繰り返すのが特徴です。もう1つの特徴は、居眠りから目覚めた際にスッキリとしていることです。

世界でも1000人から2000人中に1人というほど稀なタイプですが、仕事中などどんな場面でも眠ってしまうようになります。そして笑う・驚くなど感情が高まったりすると、全身の力が抜けるような情動性脱力発作という症状が出ます。

また、金縛りや夢なのか現実なのか曖昧な状態になることもあります。

突発性過眠症

ナルコプレシーよりも少なく、10代から20代で発症することがあります。居眠りを1時間以上するにも関わらず、眠った後にすっきりとしないのが特徴です。

反復性過眠症

過眠症のなかではとても稀で、10代で初めて経験し主に男性が発症します。とにかく睡眠時間が18時間など長く、傾眠期と呼ばれる期間が3日間から10日間ほど持続してしまいます。それからしばらく落ち着きますが、また傾眠期に入り何度も繰り返すのが特徴です。

過眠症の原因は?生活習慣にも気をつけよう!

ナルコプレシー・突発性過眠症・反復性過眠症のどれも原因はまだわかっていない部分もあります。

なぜかというと過眠症が全体的に稀な睡眠障害だからです。しかし、遺伝子や脳の障害でも引き起こされるものでもありますし、その他にもストレスやうつ病によっても過眠症になることがあります。

薬によって治療する方法もありますが、生活習慣から改善したい場合は規則正しく質の良い睡眠をとるようにしてください。どうしても改善されないという場合や薬での治療を検討したい場合には医療機関の受診という方法があります。

過眠症は何科を受診する?受信前に事前確認・予約をしてから!

自分が過眠症なのかを診断して貰えるのは主に精神科や内科、神経内科です。まずは実際に検査・治療可能なのかを一度問い合わせしてみるようにしてください。また、睡眠障害専門の科がある医療機関もあります。

日常生活に支障があるほど居眠りを繰り返している場合は過眠症が疑われるので、一度受診を検討してみてください。

まとめ

過眠症は長く眠っているというものでなく、眠っているのに何度も日中に居眠りをしてしまうというものだとわかっていただけましたか?

居眠りしてしまうというものなので自分が過眠症と気がついていない場合もあります。また、集中力が低下したり、ぼんやりとしてしまうことが多くて仕事にならないこともありますよね。

しっかり眠っているのに日中にも耐えられないほど眠い方はぜひ一度、自分の睡眠と向き合ってみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ