冬季うつ病とはどんな病気なの?冬に起こるうつ病の症状と予防法解説

冬になるとなぜか気分が沈む……あなたはこのような体験をしたことはありますか。もし毎年のように憂鬱な冬を過ごしている場合、それは『冬季うつ病』かもしれません。

あまり聞きなれない病名ですが、いまやうつ病の一種として認知されている精神疾患で、本当のうつ病にまで発展する恐れのある病気です。この記事では季節性うつ病にかかる原因と予防法を解説します。

寒い時期はなぜか憂鬱?もしかしたら『冬季うつ病』かも!

冬季うつ病とは秋から冬にかけて毎年うつ病の症状が現れる状態の事で、別名「季節性感情障害(SAD)」とも言います。

日照時間が短くなる、つまり太陽に当たる時間が少なくなる10月頃から症状が現れ始め、冬の期間までで悪化。そして日が長くなる3月頃まで続き、それ以降になってようやく回復する。こうしたサイクルが毎年繰り返されるのが冬季うつ病です。

これは気のせいではなく医師によって診断される障害です。秋頃に悪化し、春頃に回復するということが2年以上続いている場合、季節性うつ病と診断されます。

なぜ季節性うつ病になる?太陽に当たる時間の減少が原因

冬季うつ病の原因は、太陽を浴びる時間が減少することによって脳内のセロトニンが不足するからです。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれており、うつ病の治療にはセロトニンが必要不可欠と言われています。

このセロトニンは太陽光を浴びると体内で生成されます。つまり日照時間の少なくなる冬は太陽光にあたる時間も短くなり、セロトニンも十分に生成されないので、うつ病の症状が表れるのです。

セロトニン不足は睡眠の質も下げる!

さらにセロトニンは睡眠に関わるホルモン「メラトニン」の原料です。セロトニンの分泌量が不安定になるとメラトニンも不足するので、睡眠の質が低下し、寝つきの悪さや日中の眠気に襲われるようになります。

冬に寝つきが悪かったり、朝になってもなかなか起きれなかったりすると、寒さが原因だと思いがちです。しかし、セロトニンが不足して睡眠の質が下がっているという可能性もあります。セロトニン不足だけでなく、良い睡眠が取れないことによる精神不安も冬季うつ病を助長させてしまいます。

セロトニンを運搬するタンパク質「SERT」も減少する

セロトニンは生成だけされれば良いわけではありません。セロトニントランスポーター(SERT)と呼ばれる、セロトニンを運搬するタンパク質があって始めて体の役に立ちます。

ところが日照時間が短くなると、このSERTの量も増減します。デンマークのコペンハーゲン大学の研究チームの調査によると、日照時間が減少する時期はSERTの量が著しく変動する事が認められました。

SERTの減少によってセロトニン運搬に乱れが生じた為に、セロトニンが適切に機能しなくなるのも冬季うつ病の原因です。

季節性うつ病はどんな症状?普通のうつ病とそっくり!

季節性うつ病は以下のような症状が現れます。

  • 倦怠感
  • 気力の低下
  • 気分が落ち込む(午前中のほうが症状が強い)
  • ネガティブになる
  • 物事を楽しめない
  • 人と会いたくない
  • 性欲が減退する

これらは普通のうつ病とほとんど同じです。冬の間だけとは言え、こうした精神状態が毎年襲ってきて、冬の間ずっと続くというのはかなりキツいものです。

うつ病とは違う、季節性うつ病の独特な症状

ほとんどの症状がうつ病と似ている季節性うつ病ですが、それに加えて以下のような症状も現れます。

  • 睡眠時間の増加
  • 食欲の増加

これは普通のうつ病ではほとんど起こりません。通常、うつ病では睡眠障害が併発するので睡眠時間が短くなり、食欲低下も見られます。ところが冬季うつ病はこれと間逆の症状として出る事も多いです。

冬季うつ病を見逃す可能性大

この「睡眠時間と食欲の増加」という症状が起こるため、冬季うつ病を見逃す場合が多いです。睡眠時間が長くなると、朝の起床がツラくなります。さらに日中も眠くなる事が多いです。

これを「冬で寒いから」、「寒くてよく眠れなかったから」と勘違いする事も起こりえます。また、食欲増加では特に炭水化物が食べたくなります。運動する気力も低下刷ることで、冬に太りやすくなります。

最近ではうつ病も知名度が上がり、いくつかの症状を知っている人も増えました。うつ病では通常、食欲が減退するものなので、「食欲があるから」と他の症状を見落としてしまう事も多いです。

季節性うつ病に罹りやすい人は?『妊娠可能な女性』が要注意!

あまり知られていませんが、うつ病に罹りやすい人がいます。全体的な割合では、うつ病は女性の方が罹りやすいです。妊娠可能な年頃の女性は、男性に比べておよそ3倍は罹りやすいと言われています。

冬季うつ病も同じく、女性の方が罹りやすいです。一般的に子供や年配者が季節性うつ病を発症する事は稀です。これはあくまで「罹りやすい」という話なので、年配の女性・男性でも油断はできません。

冬季うつ病の問題は?放っておくと本当のうつ病になる!

「冬が過ぎれば治る」と聞くと、さほど心配する必要はない……一見そう思えますが、実は大きな間違いです。冬季うつ病がきっかけで、本当のうつ病になる可能性も十分にあります。

冬季うつ病の状態はストレスに対する耐性が極めて落ちます。ストレスを受けやすくなる上、感じやすくもなります。ストレスが原因で起こる精神疾患といえば……そう、『うつ病』です。冬季うつ病が悪化すれば、冬を過ぎても治らない本当のうつ病に罹ってしまいます。

冬季うつ病はうつ病発症の引き金になる!

気力が落ちる事で、慢性的に疲れを感じる状態になります。体を動かすのが億劫になって運動不足になる上、食欲が増すという冬季うつ病の特徴によって体重が増加します。

「運動がうつ病の治療に効果的」とはいくつもの実験によって証明されていますが、逆に言うと運動不足なだけでうつ病の発症リスクが増加するという事です。

その他の症状も社会生活のデメリットになりやすく、さらにストレスが積み重なっていきます。こうなるとドンドン病状が悪化する、「悪循環」に陥るのです。

どう予防すればよい?季節性うつ病を予防する3つの方法

冬季うつ病は予想以上に深刻なものです。「季節性」とついているものの、冬が過ぎればサッパリ治るとは限らない上、冬の間中ずっと続くというのも見逃せません。なので積極的に冬季うつ病を予防する方法をとっていく必要があります。

では冬季うつ病の予防・緩和にはなにをすればよいのでしょうか?コペンハーゲン大学のブレンダマクマホン氏は、以下の3つが重要だと述べています。

1.自宅・仕事場を明るくする

太陽光にあたるのが理想的ですが、室内を明るくするだけでも季節性うつ病の予防に効果的です。冬は日が短くなるうえ、仕事上の都合で日中は室内作業という人も多いでしょう。

そういった場合は自宅の照明を明るいものに変えるとよいでしょう。たとえ照明でも、明るい光を浴びれば体のリズムが整える事が可能です。

壁紙を明るいものに変えたり、色彩の豊かな家具を使うとより効果が高まります。実際、北欧の冬が長い地方では、色合いのカラフルな家具・食器を多めに使うことでうつ病の予防をしてきたという歴史があります。北欧食器にはカラフルで楽しげな気持ちになる柄のものが多いですが、それは以上のような理由です。

2.運動を習慣化する

うつ病と運動の関係性については長年研究されており、定期的な運動はうつ病発症のリスクを低くするという実験結果も存在します。よって、季節性うつ病の予防にも運動が効果的です。

運動は筋トレなどの無酸素運動より、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が望ましいです。息が上がるような運動によって脳内でドーパミンが分泌され、気分の落ち込みやイライラを改善する事ができます。

雪が積もるような地域でジョギングは危ないので、ウォーキングが良いでしょう。もちろん太陽光が出ている時間を狙って行うのをお忘れなく。

3.やることを整理する「ToDoリスト」を活用する

ToDoリストは仕事を円滑に進める為に使用されますが、実はうつ病予防にも効果があります。なぜかというと、やることをまとめて整理しておくことにより気分の落ち込みや不安を軽減出来るからです。

こなすべきタスクがまとめられずに溜まった状態では、「やることが多すぎる」と不安を感じストレスになります。ToDoリストを作り、タスクを順調にこなすことで不安が無くなり、気分の落ち込みも少なくする事が出来ます。

まとめ

いかがでしょう。冬季うつ病の原因と予防法でした。

冬季うつ病は日照時間の少なさがきっかけなので、どんな人でも発症する可能性があります。今回、紹介した予防法はそのままうつ病の予防にもなります。冬季うつ病に悩む人はもちろん、ストレスの多い生活を送っている人もぜひ参考にしてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ