誰でもなる?武田鉄矢も悩んだうつ病とその危険因子とは?

「101回目のプロポーズ」「金八先生」でおなじみの武田鉄也さんと言えば、誰もが顔を思い浮かべる人が出来るベテラン俳優さんの一人であると思われます。

それだけではなく、「贈る言葉」や「母にささげるバラード」など様々なヒット曲を生み出している歌手としても現役で活躍をされている、非常に多彩な才能を持ち合わせている人でもあります。

バラエティやトーク番組でも活躍をされている多彩な武田さんですが、実は20年という長い期間うつ病で苦しんでいた経歴を持っていたのです。その真相と、どうしてうつ病を罹患してしまったのかについてまとめてみました。

武田鉄矢さんのプロフィール

武田鉄矢さんは、1949年に福岡で生誕されています。教師を志しましたが途中で芸能活動に進路を変更され、1972年に海援隊として歌手デビュー。その後「幸せを呼ぶ黄色いハンカチ」で俳優として注目を浴びるようになります。

1979年より「3年B組金八先生」シリーズが始まり、その主題歌である「贈る言葉」と共に一気に有名となりました。俳優業を中心として様々な役柄を演じ分けていますが、その後はバラエティや情報番組などあらゆるジャンルの芸能界を席巻するタレントさんの一人となっています。

うつ病のきっかけは?

そんな飛ぶ鳥を落とすような勢いで活躍されていた武田さんがうつ病を罹患したのは、「101回目のプロポーズ」が大ヒットした、1991年。武田さんが42歳の頃でした。それからなんと20年にもわたってうつ病で苦しんできたことを、フジテレビ系「ノンストップ」の番組内で明らかにしています。

1991年、武田さんは非常に多忙な生活を送られていました。しかし、仕事の負担が大きくなると、意欲がわかなくなり、ちょっとしたことで落ち込む生活が続いていたようです。それでも、将来的に仕事が無くなるのではないかと不安を感じることで、仕事を調整することが出来なくなっていました。

誰にも相談できなかった

そんな状態になっていることを武田さんは誰にも相談することなく一人で抱え込んでしまっていたようです。ドラマの関係者や、家族に自分がそのような状態になっていることを隠した状態で仕事を続けており、家族からの励ましがプレッシャーになってしまったこともあるようです。

病気の不安

また、武田さんは2011年に大動脈弁狭窄症という大病に罹患されています。5週間という入院期間で、それまでほとんど病気をすることが無かった武田さんは強い不安を感じて過ごしていたようです。それはまた、体の衰えなどの変化を感じた瞬間でもあった事でしょう。

医師からの診断

医師に相談したところ“過剰適応”と言われたようです。これは、周りの要望や、周りの期待に自分を押し殺してまでも答えようとしてしまう性格のことを指しています。非常に真面目で責任感が強い性格があだになってしまったのでしょうか。

今は寛解している

20年と言う長い年月をうつ病で苦しんだ今は、症状もかなり和らぎ寛解しているようです。しかし、武田さんの様に、周りに力を与えてくれる有名芸能人でもうつ病になることに驚きました。これくらいうつ病は誰でも罹患する可能性がある病気と言う事でしょう。

武田さんのエピソードからみるうつ病の危険因子とは?

ここで紹介した武田さんのうつ病のエピソードからは、うつ病になりやすい要因がいくつか隠れています。どのような特徴があるとうつ病になりやすいのかについてご紹介させていただきます。

うつ病になりやすい性格が危険因子の1つ

武田さんは“過剰適応”と診断をされたようですが、うつ病にはなりやすい性格となりにくい性格があると言われています。周りの期待に応えようと頑張りすぎてしまう性格もその一つの特徴です。周りの期待と言う不確定なものを基準にしてしまうので、自分がどれくらい頑張ればよいのか、どれくらいのことをすれば良いのかが分からず、周りに翻弄されています。

メランコリー親和型性格

うつ病のリスクが高くなる性格の1つが「メランコリー親和型性格」です。これは、真面目で几帳面、ルールを守ることを大切にして、多少の自己犠牲はいとわない性格のことを指します。

そのため、多少負担がかかったとしても頑張ってしまいます。また、それで目標やルールを守ることが出来なかった場合、目標が高すぎるとか、ルールが不適切だと考えるよりも、自分の努力が足りないのではないかというところに目が行ってしまいます。

その結果、自分を追い込み、もっと頑張り続けてしまい、最終的にはストレスで体を壊したり、不眠状態が続いてしまう性格です。

もし武田さんの様に過剰適応を持っている人が、たまたまメランコリー親和型性格であったとしたら、移ろいやすい周りの期待に添うことを頑張りすぎてしまって、かなりのストレスを抱えることが予測されます。

周りに助けを求めることが出来ない

また、メランコリー親和型の人にも見られる特徴ですが、何か上手く行かない時にまず自分を責めてしまったり、自分が我慢をしてしまう特徴があります。そのため、周りに助けを求めたり、負担を減らしてもらったりするように働きかけることが出来ません。その結果余計に一人で抱え込んでしまって、ストレスを自分の中に溜め込んでしまうのです。

うつ病のリスクがある環境も危険因子となりうる

武田さんのエピソードを見ていると、体調を崩されたことも一つのイベントとなっている様でした。このように、人生で大きな環境変化を迎えることもうつ病を発症したり、重症化させたりする要因の一つであると言われています。以下にいくつか環境変化の例を挙げてみました。

結婚や出産

自分自身が結婚をしたり出産をするとなると、それは大きなライフイベントです。結婚出産だけでなく、住居が変わったり、家族との関係が変化したりします。また、家族が増えると家族の形態も変わってきます。

転職や昇進・降格

仕事を変えることはかなりの環境変化です。また、慣れ親しんでいた仕事内容が昇給や降格で変更になったり、それによって周りの対人関係に影響することもあります。

病気や入院

健康体の人が病気になったり入院したりすることで、自分の体が大きく変化してしまう事を感じます。行動や食事が制限されることもあり、大きなストレスとなるでしょう。

加齢や親しい人の死

加齢に伴って以前出来ていたことが出来なくなったり、筋力の衰えなどで見た目の変化も感じるようになると、とてもショックな出来事になります。また、親しい人の死に直面するようなことも大きな心の傷となることでしょう。

ここではご紹介できないほどたくさんのイベントがあり、それがうつ病へとつながる可能性は高いと言われています。

まとめ:その人の性格や環境の危険因子がうつ病に繋がっていく

このように、うつ病は誰でも罹患する可能性がある疾患であり、性格的な要因や環境的な要因が複雑に絡み合ってうつ病の発症へと繋がっています。いつでも、誰でもなる可能性があるので、自分の心の変化を丁寧に見つめてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ