なぜか布団に入ってからなかなか眠れない?それ不眠症の症状のかも!

明日は大事な会議があるから、早く寝ようと思いせっかく早く寝床に入ったのになかなか寝つけなくてイライラして困るなんて事で悩んでいる人も多くいます。

また、毎日夜眠りについても夜中に何度も目を覚ます事が何度も起こる事もあります。その為に、しっかりと睡眠をとる事が出来ないのです。

そうすると昼間に眠くなり、しなければいけない事や仕事に集中出来なくて困っている人もけっこういるのです。これらは、不眠症になります。今回は、この不眠症について調べました。

不眠症とは何?症状によっては病院を受診するべき!

不眠症は病名ではないのです。睡眠障害の、症状の1つになります。睡眠は健康に毎日を過ごす為には、とても大事な事になります。

不眠症は、寝つきが悪いとか夜中に起きてその後眠る事が出来ない等の理由で必要な睡眠をとる事が出来ない状態や快適な睡眠をとる事が出来ない状態になります。これは、病気から来る事もあるので症状によっては病院を受診をお勧めします。

症状とはどんなもの?

日本人の5人に1人が悩んでいる国民病とも言えるのが、「不眠症」です。年齢は、20代から30代くらいに始まり年齢とともに増えていきます。よく見られる症状を挙げました。

    <不眠症で見られる症状とは>

  • 寝床に入っても眠りにつくのに時間がかかる
  • 眠る事が出来ても、朝起きるまでに何度も目が覚める
  • 起きる時間よりも2時間以上早く目が覚めて、眠れない
  • 寝ている時間は充分だが、寝た気がしない

適度な睡眠はどんな事?

色々な研究により、睡眠時間については6時間から8時間がベストであると結果が出ています。但し、これには個人差があり夜自然に寝る事が出来て昼間に眠くならないくらいの時間をめどにするのが良いでしょう。

不眠症の原因とは?精神的なものと生活環境がある!

不眠症の症状が1つでないように、その原因も1つにしぼる事は出来なくて色々とあります。その中には、患者さんをとりまく生活環境から来ているものもあります。

また、患者さんが精神的な病気に罹っている時などには不眠症を併発させる事も珍しくわないのです。逆によくあるケースとも言えます。長い間不眠症に悩まされている時には、1度専門医に相談される事をお勧めします。

生活環境とは何の事?

患者さんがおかれている状況で、睡眠がとれない状況にある事です。普段の生活習慣にも原因があります。勉強や仕事で昼と夜が入れ替わっているような事もあります。

精神的なものとは何?

心の病気の症状として起きる事もあります。代表的なものには、うつ病や統合失調症などがあります。病気とは考えずに、眠れない事が続いている時には病院を受診される事をお勧めします。

私は寝る事が出来ない?自分の睡眠リズムを知る事!

睡眠は人が生きていく為にとても大切なものです。身体には食事が必要なように、脳は睡眠で疲れをとります。脳が良い状態で動く為には、睡眠が必要不可欠になります。

また、身体の成長等に関係しているホルモンの分泌にも関係があり健康の事を考えても治療の必要性はあります。不眠症の原因が何かを確認する為にも、専門医への受診をおすすめします。その時に、自分の睡眠リズムを確認する為と治療の参考にする為にも日記をつけておくと良いでしょう。

日記をつけてみよう!

病院での受診の時に、普段の睡眠の状況が分かる日記をつけて持参すると診察の時にも参考になります。寝床には何時に入ったか、目が覚めた時間や実際に寝れた時間等になります。

不眠により起こる困った事?日常生活にも支障が!

不眠症になると、自律神経がバランスを乱す事に繋がります。自律神経は交感神経と副交感神経がバランス良く働いているのですが、昼と夜が逆になる事や不眠症になるとそのバランスが乱れるのです。

その結果として、身体にも影響が出て体調を崩す事にもなります。ストレスも溜まりやすくなりますので肉体的にもありますが精神的にも大きな影響を与えます。

身体にも影響がでる!

不眠症が身体に与える影響は色々とあります。倦怠感で身体を動かすのが苦痛になる事や自律神経が乱れる事で食欲不振になり栄養不足になります。

仕事にも影響がでる!

不眠症は仕事にも悪影響を与える事は少なくありません。これは、集中力が低下するので仕事でのミスが増える事で事故に繋がる事もあります。

自分で出来る改善方法は?生活習慣の見直し!

病院での診察を受けた後は、自分でも普段の生活の中で出来る事をして少しでも良い方向へと向けるようにする事も必要になります。

まず自分で出来る事は、普段の生活を見直ししてみましょう。普段の生活の中で、不眠の原因となっている事をなくす事をしていきましょう。もちろん、不眠の原因が生活環境だけではなく病気からきているケースもあるので必ず主治医と相談の上で行なって下さい。

ストレス原因をなくす?

普段の生活を考えた時に、今の生活の中だれもがストレスを抱えやすい状況にあります。そのストレスを溜めないように、自分に合った気分転換をする等してストレスを解消しましょう。

まとめ

今回は、不眠症とは何なのかその症状や原因また不眠症によって影響を受ける生活での事や治療や、自分でも出来る改善方法について調べました。

不眠症は睡眠障害の、症状の1つです。不眠症は、寝つきが悪いとか等の理由で必要な睡眠をとる事が出来ない状態や快適な睡眠をとる事が出来ない状態にあります。

原因は、患者さんの生活環境の時もありますが患者さんが病気に罹っている時なども併発させる事もありますので病院を受診される事をお勧めします。

自分で出来る改善方法として普段の生活の中で、不眠の原因となっている事をなくしていきましょう。不眠の原因が生活環境だけではなく病気の時もあるので必ず主治医と相談の上で行なって下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ