失恋からくる様々な不定愁訴!それは自律神経失調症かも

自律神経失調症の原因となる「ストレス」は何も仕事絡みの物だけに限りません。実はもっと身近な出来事も自律神経失調症を引き起こす「原因ストレス」になる事があります。それは「失恋」です。

恋愛経験が豊富な人は「失恋」は余り大きなストレスになりませんが、初めての失恋であったり長年の片思いからの失恋であったりした場合には「経験不足」からくるインパクトの強さが心を一気に疲弊させます。食事が喉を通らないといった症状は正にそれです。そこで今回は自律神経失調症と失恋の関係について紹介をします。

女性に特に多い!失恋はインパクトが強すぎる

失恋から起こる自律神経失調症はとにかく「女性」に圧倒的に多いです。女性は男性に比べて感情の生き物ですので切り替えの早さも特徴的ですが、その「失恋の瞬間」に受ける衝撃の強さも特徴的です。

失恋がもたらす心への衝撃

失恋がもたらす心への影響は完全に「経験の差」が如実に反映されます。恋愛経験が豊富な場合は「失恋は次へのステップ」と切り替えられますが「次なんて無い」という発想の場合は心に及ぼす衝撃は甚大です。

心の揺れ幅は身体に出る

「次はない」「こんな出会いは二度と無い」といった発想は「初めての恋」や「片思い」で多くみられますが、その恋が成就しなかった場合の衝撃は心を突き抜けた身体にも出てきます。

こんな症状が出たら危ない!自律神経失調症

失恋から起こりやすい自律神経失調症の症状は年齢的なものもあってか特徴があります。女性で多いのは「睡眠障害」と「食欲不振」が顕著です。

    <失恋で出やすい自律神経失調症の症状>

  • 食欲不振:ショックで喉を通らない
  • 睡眠障害:辛くて眠れない
  • 憂鬱:世界が終わったかのように感じる
  • 疲労が抜けない:常に緊張しっぱなし

若い女性の場合は「ショックが大き過ぎる」事で神経が参ってしまいます。社会人に多い継続的なストレスではなく一発のストレスが大き過ぎた結果起こるものです。

症状が一つだと見落としやすい

失恋からくる自律神経失調症の場合、症状が1つだと中々気付く事はありませんが、多くの場合は複数の症状が出てきます。特に食欲不振と睡眠障害はセットであることが多いです。

更に睡眠障害から疲労蓄積が繋がり、そこから今度は憂鬱な気分(思考力の低下)へと繋がりますので周囲は失恋から1週間程度で変化に気付く事が多いです。

男性にも増えている?失恋からくる自律神経失調症

女性に多い失恋による自律神経失調症ですが、実は男性にも増えています。昔と違い心の耐久力が落ちているせいか1度の失恋から立ち直れず、ふさぎ込んでしまう事が多いです。

現代の男性は打たれ弱い

現代は昔と違い身近なところに娯楽が溢れています。その為か恋愛に対する関心・興味も昔程ありません。そのせいで「経験」が圧倒的に足りておらず「1度の失恋」のインパクトが強すぎる傾向にあります。

不安感、焦燥感が多い

男性の場合、失恋したことによって「もう駄目だ」「自分には魅力がない」といった自己評価の著しい低下がみられます。決してそんなことは無いのですが、冷静に物事を見る事ができなくなっているのです。

長引く前に病院へ!長患いは日常に響く!

女性にせよ男性にせよ、自律神経失調症はこじらせてしまうと中々元気が取り戻しにくい疾患です。ズルズルと続いてしまうケースが非常に多い。気付いたら早めの対応がおススメです。

2週間続いたら診察を

自律神経失調症の判断に適した期間はおおよそ「2週間」です。自律神経失調症のような症状が2週間継続した場合には一度病院にかかってみましょう。

特効薬は恋?回復させる為の方法について

失恋による自律神経失調症ですが、その最も効果的な対応策とは「新たな恋」です。経験が足りていないとどうしても「失恋したこと」にばかり目が向いてしまいます。そうではなくて「新たな出会い」に目を向ける事が大事です。

新しい出会いで気持ちを前へ

失恋から自律神経失調症に繋がるケースはほぼ間違いなく「失恋そのもの」に目が向いています。「失恋した」という事実から前に一歩も進めていないのです。「失恋した」という事実が強烈なストレス要因なので症状が慢性化しやすくなります。

趣味を作って気持ちを前へ

新たな恋とは別の形での改善方法です。大切なの事は「失恋した」という事実に留まっている自分を前に進めていく事です。ですのでそのきっかけが「新たな恋」である必要はありません。「新しい趣味」でも良いのです。

失恋によって生まれた時間を「失恋を考える」時間に費やすのではなく「新しい可能性」に目を向ける時間に変えてしまいましょう。

経験不足が原因?若い世代に増える自律神の問題

以上、失恋から起こる自律神経失調症についての紹介をしました。このタイプの自律神経失調症はとにかく若い世代、10代から20代に非常に多いです。そして男性より女性に顕著にみられます。

一途な恋をしている人ほど、失恋のインパクトは強く様々な不定愁訴が起こるケースがありますが、それはやはり「失恋」という事よりも「経験不足」によって必要以上に重たく受け止めてしまっている状況が原因です。

中々当事者がそこに気付く事はできませんので、周囲の人間がそれとなしに前を向く様に仕向ける事が大切です。とにかく「失恋」に留まらない事。そこを抑えておけば慢性化する事はまずありません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ