どうして私がうつに?なったらもう一生のおつきあい 女性 26歳 システムエンジニア K.K.さん

うつなんか自分には縁がないと思っていました。割と楽天的で、嫌なことがあってもおいしいものを食べてぐっすり眠ると翌日には残さない、そんな私がうつになりました。

あの頃のことを思い出すと今でも胸がどきどきして、手に汗をかいてしまいます。でも今こうやって、自分の言葉で振り返ることができるようになって本当によかったです。

最初はなんとなく気が乗らないくらいの違和感でした

数年前、システムエンジニアをやっているときのことです。もうすでに中堅の域に入っていた私は初めてチームをリードする立場になりました。

そこであの上司に出会ったのです。最初から私のことが気に入らなかったらしく、毎日些細なことで私を叱責しました。私のミスの場合はしょうがなく怒られるのですが、明らかに私の責でないことまで私のせいにして私を怒るのです。

そういう日々が数週間続いた頃から少しぼーっとすることが多くなりました。友達と話をしていても「ねぇ聞いてる?大丈夫?」と言われることが多くなりましたが、きっと忙しいから疲れてるんだろうと思っていました。

ある朝足が動かず、出社できなくなりました

私が従順な態度をとるせいもあったのか上司の叱責はエスカレートしていきました。皆の前で、時にはお客の前で容赦なく罵倒します。

私は絶えずびくびくし、緊張で毎日下痢をしているような状態になりました。眠れず毎日ひどい眠気に悩まされ、それでミスをするとまたどやされるというどうしようもないサイクルのなかに落ちてしまいました。

それでも仲間の励ましや、仕事の責任感でなんとか日々を凌いでました。ただ、そんなある日の朝、月曜日だったと思いますが、足が動かなくなりました。

いつものように朝シャワーを浴びて朝食を食べてスーツを着て、気が重いなりに今日の仕事のスケジュールを頭に思い浮かべながら玄関で靴を履きました。

いざドアを開けようとしたとき、どうしても前に進めません。足が重くて動かないのです。1時間泣きながら葛藤し、その日は会社に行けませんでした。限界が来たのです。

休職し、ゆっくりと自分を取り戻す日々

出社できなくなった日に会社に電話し、状況を説明しました。その後休職をするまでの手続き等についてはあまり覚えていません。仲のいい同期がいろいろと事務処理や人事とのやり取り等を手伝ってくれたおかげで、なんとか休職をすることができました。

休職中は病院に通い、好きな勉強をしたり、実家に帰ったりしてゆっくり過ごしながら、精神の回復を待ちました。日常は過ごせるものの、休職後のことを考えたり、また仕事をすることを考えると動悸が収まらず、パニックになったりしました。

1年間の長い日々でした。本当にゆっくりゆっくりと自分を取り戻していきました。結局休職後すぐにその会社はやめ、別の会社に転職しました。

今はもう元気ですが、いまだにフラッシュバックのように強い不安感に襲われることもあります。一生それは付き合っていくしかないな、と思っています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ