大場久美子さんのパニック障害いつ分かった?病名が分かるまでに4年!

1978年から放映された『コメットさん』で一世を風靡し、またその挿入歌「キラキラ星あげる」が大ヒットして一気にお茶の間の人気者になった大場久美子さん。

39歳のときにパニック障害を発症し、その症状に長い間苦しめられていた事実を2008年1月18日に放送された『独占!金曜日の告白』で初めて告白しました。

きっかけは母の死

大場久美子さんが初めてパニック障害の発作を起こしたのは39歳の時で、母親が亡くなった翌日でした。彼女は幼いころ大変貧乏な暮らしをしていて、彼女が芸能界デビューしたときは母親も大変喜んでマネージャーも買って出てくれました。

そんな母親との別れがきっかけとなり、彼女はパニック障害は発症しました。

病名が明らかになるまで4年、克服までに8年の歳月がかかった

最初の症状は動悸と息切れでした。症状に悩まされた彼女は、色々な内科医を受信するが病名が分からないまま、4年の歳月を費やしました。

始めて「パニック障害」と診断されたときは、病名がわかったことで病気だったら治せばいいと考えることが出来たようで、とても心が軽くなったと当時の心境を語りました。しかし直ぐに症状が改善することはなく、その後も閉ざされた空間が怖くなったり、苦痛に思えてパニックを起こし過呼吸になるなどの症状が続き、病気を克服するまでには発症から8年間かかりました。

発症したときの対策から克服まで

発作が起こると過呼吸のため会話が出来なくなった彼女は、発作が起きた時のために緊急連絡先のカードだったり、発作が起きたときの対応メモなどを持ち歩いて出かけるようになりました。

そのカードのことを彼女は「安心アイテム」と名付けていました。この安心アイテムを増やしていくことによって、今まで発作が怖くてできなかったことが徐々にできるようになりました。

一つ出来ることが増えると、もう一つ、もう一つと出来ることが増えていきそれが克服につながったようでした。

まとめ

彼女は当時のことを振り返り、発作を起こした時は周りに大丈夫かと騒ぎ立てられるより、そっと見守ってもらった方が落ちつくことが出来たと語っていました。

またそれまでマイナス思考だった自分を、プラス思考に変えることで楽になれたと語っていました。2011年には10歳年下の男性と結婚し、彼も彼女が生き生きと仕事をしている姿を見ることが楽しみだといい、今の彼女の支えとなっているようです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ