5月病はうつ病のサイン?5月病とうつ病の見分け方について

毎年4月になるとちょっと気分が変わって頑張ることができても、GWを超えたあたりからなんだか元気が続かない。

一般的に言われる5月病の症状です。

でも、5月病が、夏になっても治らないとしたら、それはひょっとしてうつ病かもしれません。

うつ病と似ている5月病

うつ病と5月病は似ています。なんとなくだるいとか、なんとなく意欲がわかないとか。

だけど、5月病は時間が経てば収まります。その症状が夏になっても秋になっても治らなければ、ちょっとおかしいな。と思ってください。また、人によりますが、5月病は気持ちの面に症状が現れやすいようです。

しかし、うつ病は体の面にも症状が現れます。もしかして、朝起きられなかったり、夜寝られなかったり、ご飯が食べられなくなったり、体重が減ってしまっていませんか?体に現れるサインはうつ病のサインかもしれません。

5月病はうつ病のサインかも?

うつ病は、環境の変化によって引き起こされることがあります。そのため、もしかしたら5月病のような症状は、新年度に大きく環境が変化したことによるものかもしれません。

うつ病のサインである可能性も高いので、注意深く様子を見ることが大切です。例えば、学生時代に学年が変わったり、進学するなどの変化に弱い人がいます。

このように環境の変化に敏感な人は、5月病という形で環境の変化に影響を受け、うつ病へと繋がりやすいと考えられます。

うつ病かもしれないと思ったら?

5月病かと思ったら、まずは様子を見てみましょう。

5月病の場合は経過観察で改善します。しかし、やっぱりうつ病かもしれないと思った時は、お医者さんに相談してみましょう。少し敷居が高いかもしれませんが、精神科の病院やクリニックがオススメです。

心療内科も同じ役割を担っています。うつ病かもしれないと思った時は、まずお医者さんに相談してみてください。お医者さんの判断次第では、時に薬を飲んだ方が治りが早かったり、仕事を休んだ方が早く症状が緩和されることもあります。

家でできるセルフケア

最近は初夏も暑く、熱中症になる人も多くいます。ただでさえ体調を崩しやすい季節であり、体調不良は気持ちにも影響します。心と体は繋がっているのです。そのため、自宅ではゆっくりと休むようにしましょう。

規則正しい生活を送ることも大切です。特に蒸し暑い季節なので、暑くて寝られなかったり、食欲が低下しやすいというリスクがあります。

しっかりと睡眠をとって、栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

自分を見つめてみよう

5月病の症状は、うつ病のサインかもしれません。自分自身を見つめ、経過を見て、必要なら病院を受診するなどの対応を考えてみてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ