夏季うつ病とは?覚えておきたい大切な5つのこと!

「夏季うつ病」という言葉を知っていますか?あまり耳慣れない言葉ですが、夏季うつ病とは、季節性感情障害(季節性情動障害)と言って、夏の間だけうつ病になる病です。

この季節性感情障害には、夏に発症する病である「夏季うつ病」と、冬に発症する病である「冬季うつ病」の2つのケースがあります。この季節性感情障害とは、どのような病なのでしょうか。

ここでは、夏季うつ病について紹介していきます。

女性の発症率は?なんと男性のおよそ3倍!

うつ病に関わらず、心的疾患の発症率は、相対的に見ても、男性より女性の割合が多いのが特徴です。それは、身体そのものの構造に大きな理由があります。

意外と知らない夏季うつ病

この夏季うつ病は、特に女性の方の発症率が高く、男性の3倍とも言われています。では、なぜ多いのでしょうか。実は、その理由は女性ホルモンとの関係にあるのです。

女性の場合、男性よりも太陽の陽射しや気温、湿度といった外的要因によるストレスに敏感です。このストレスによって女性ホルモンの変動が起こるため、夏季うつ病は、男性に比べ女性の方が発症率が高いのです。

夏季うつ病の症状は?季節性感情障害の秘密!

この夏季うつ病の症状としては、食欲不振、気分の落ち込み、不安感などが挙げられます。また、毎年のように夏になると発症するのも特徴です。

こうして見ると、一見「夏バテ」と似ているようにも思えます。では、夏季うつ病と夏バテとの違いは何でしょうか。

「夏バテ」との違いは?

夏バテとの大きな違いは、気分の落ち込みや不安感という点です。夏になると食欲が低下したり、何もやりたくなくなるなどの傾向が出ますが、これは、夏季うつ病にも夏バテにも共通して言えることです。ですが、「なんか気分がモヤモヤしている」、「何故か不安で落ち着かない」などといった症状が現れたら、これは、夏バテではなく、夏季うつ病を疑いましょう。

うつ病との違いは?例えばこんな所に違いが!

大きな分類でいくと、“夏季うつ病”も“うつ病”のひとつとして含まれます。ただ、実際の症状を見てみると、大きく違う点があります。

うつ病との違いはここ!

では、うつ病との違いは何でしょうか。明確な違いは、夏季うつ病の場合、夏が過ぎれば収まるということです。季節限定の病ですから、本来のうつ病の様に何カ月、何年という期間をかけて治療を行う必要はありません。

夏が過ぎ、ホルモンバランスが正常に戻れば、症状は回復してきます。これが、本来のうつ病との大きな違いです。また、本来のうつ病の様に、過度のストレスが原因というわけではありません。もちろん、暑さや温度差などにより多少のストレスは蓄積されますが、元々の原因は女性ホルモンによるものですので、この発症の原因にも違いがあります。

冬季うつ病との違いは?

では、冬季うつ病との違いは何でしょうか。冬季うつ病の場合は、過食や極度の睡眠過多(寝すぎ)という症状が現れます。目に見える症状としては、夏季うつ病と逆の症状です。これが、夏季うつ病と冬季うつ病の大きな違いです。

また、冬季うつ病を発症する割合は、夏季うつ病よりも高く、女性は男性の4倍とも言われています。このことから、季節性感情障害とは、女性の方が圧倒的にかかりやすい病であるということがわかります。女性の方は、十分注意が必要です。

どんな対策が必要?こんな対策であれば万全!

夏季うつ病を防ぐには、どんな対策が必要なのでしょうか。大きなポイントとして3つを紹介します。

まずは環境を整える

夏季うつ病の大敵は、【暑さ】です。夏は部屋の中に居ても熱中症にかかる危険性もありますので、クーラーをつけたりするなど充分な暑さ対策をしましょう。

日光の浴びすぎに注意

次に、外に居る場合です。バーベキューやキャンプ、海水浴などで外に居る時間が多くなる季節ですが、長時間、直射日光を浴びすぎると疲労の蓄積が増大します。直射日光は肌にとっても大敵ですし、疲労の蓄積により食欲不振や倦怠感などに襲われる可能性も出てきます。

直射日光の浴びすぎは、夏季うつ病にもなりかねませんので、十分な注意が必要です。

栄養の偏りも原因のひとつ

夏の季節は、素麺や冷やし中華、ざるそばなど冷たいものを摂りがちです。炭水化物ばかりを摂りすぎると、自ずと栄養バランスが崩れてきます。やがては、体調不良にも発展しますし、ホルモンバランスにも影響を及ぼします。肉や魚、野菜といった基本食材もしっかり摂るように心がけましょう。

外気との温度差も危険

暑い所に出たり、涼しい所に入ったりといった極端な温度差も体調不良の原因になります。こういった温度差により、知らず知らずのうちにストレスが蓄積され、夏季うつ病へと発展してしまうケースもあります。

室内と室外の温度差には十分注意をし、体調管理をすることが大切です。

夏季うつ病は治る?症状が重い場合は病院へ!

夏季うつ病は、夏の時期だけに発症する季節性感情障害です。ですから、完治というよりは“寛解する”と言った方が正確です。

自分で判断しないこと

夏季うつ病は、夏が過ぎれば自然と回復に向かいます。ですが、「不安でたまらない」、「何をやるにも辛い」そんな症状が出たら、病院で診察を受けてみましょう。決して自分で勝手な判断をしないことが重要です。勝手な判断をして症状を悪化させたり、症状を長引かせることは、決して良いことではありません。

「どうもおかしい。夏バテのような気もするけど、どうなのかな?」と思ったら、まずは病院です。

まとめ

ここまで紹介した夏季うつ病についてまとめます。

    <覚えておきたい大切な5つのこと>

  • 女性の発症率は男性の3倍
  • 原因は女性ホルモンの変動
  • 直接的なストレスが原因ではない
  • 暑さ対策を万全にすること
  • 決して自分で判断しないこと

夏季うつ病を予防するには、①適度な運動、②きちんとした栄養バランス、③しっかり睡眠をとること。この3つが重要です。夏は、暑さでなかなか寝付けない季節でもありますが、快適な環境を整えることが体調を維持する上で最も大切になることです。

自分の身体は自分で守る。これを念頭において、きちんとした生活習慣を身につけましょう。それが、病への最大の予防に繋がります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ