うつでやる気が出ない時どうすればいいのか?

やる気何もやる気が起こらない時って誰にでもありますよね。

例えば睡眠不足や極度に疲れているときは食事をとるのも面倒くさかったりして無気力な時間が続くことは特別なことではありません。

そんな時はゆっくりとお風呂に入ってリラックスして充分な睡眠をとれば元の状態を取り戻せます。

やる気は心の信号

しかし、こんな何もやる気が起こらない状態が幾日も続く場合は心の病に黄色信号が灯っている可能性があります。

うつを患う人の性格には真面目、勤勉、努力家、責任感が強いなど共通した傾向があります。通常なら美徳なのですが、このような真面目な性格は何事にも真剣に取り組み我慢強く最後まで諦めずに努力を重ねます。

しかしその結果に満足できない場合には自分の責任ではないのか、自分の努力が足りなかったのではないかと、上手く行かなかった原因を自分の中に求めて、自分を責めて否定して追い込んでしまいます。

自己否定がうつにつながる

そんな時は自分のことが自分で大嫌いになっている時ではないでしょうか。その小さな自己否定の積み重ねがうつに繋がっていきます。

うつでやる気がでない時は何もやらなくていいのです。今まで頑張ったから何もせずにぼんやり過ごせばいいのです。結果はどうあれ今まで頑張った自分を褒めてやればいいのです。

やる気がでないのは自分の中のやる気が空っぽになっているだけで、またやる気が充電されて満タンになれば自然とやる気は湧いてきます。そして充電するには時間が必要ですよね。

無理にやる気を出しても空回りするだけで何も物事は上手く行きません。やるだけ無駄なのです。やる気のない自分を怠け者だと思って自分を追い込む人もいるでしょう。

しかし、本当に自分がやりたいことは何ですか。努力を重ねることでしょうか。体は休みたいと言って悲鳴を上げてはいませんか。

そんなときは、本能に従って自分の欲求を満たせてあげればいいのです。うつでやる気がでない時は何もせずにゆっくり休む。このことが最も大事なことでうつを克服する方法なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ