うつ病になってどうしたらいいかわからない時

うつ病うつは誰にでも発症し得る身近な心の病気です。

もし、自分がうつだと感じたら、その自覚症状があること自体が大きな救いです。この場合、すぐに完治する可能性が高いと言えます。

しかし、自分でどうしたらいいか分からないこともありますよね。そんなときの対処方法を紹介しましょう。

まずは専門医に相談

うつの対処方法には様々な方法がありますが、まず一番いいのは専門の治療医に相談することです。

この場合、気をつけなければならないのが治療方法です。病院の中には患者の話を詳しく聞かず薬を処方して様子をみるという医師もいます。

薬物療法は薬を飲んでいるときは調子がいいのですが、なくなるとうつの症状が出てきてまた薬を飲むというような悪循環を繰り返し薬への依存度が高くなり、根本的なうつの治療とはなりません。

このような医師に遭遇したら薬の処方は断り別の医者を探す必要をおすすめします。

しかし、強い自殺願望が頭から離れない、ひととコミュニケーションが取れないなど重度のうつの症状の場合は薬の服用が有効な場合もあります。

そしてうつについて知る

うつとは何かを調べることも重要です。自分で調べることで自分の症状がどれくらいなのか把握できますし、それによって自分が出来る範疇で対処ができるのか、それとも医者に相談した方がいいかの判断ができるでしょう。

また、患者の家族でも同僚でも一番長い時間を過ごす人たちもうつに関する知識を持って接しなければ患者の治療は進みません。

うつは正しい知識と正しい治療方法を行えば必ず治る病気です。まずは自分がうつだと認識して対策をとることが肝心ですが、それも状況によります。

あまりにも憂鬱でどうしたらいいか分からない時は分からないままで構いません。うつには調子がいい時と悪い時の波があります。調子が少し戻ってきた時に対策を考えればいいのです。

この「対策を考えなきゃ治らない」という考えがプレッシャーとなりうつをさらに悪化させてしまいます。先のことは心配せずに、今、自分がしたいことだけをすれば必ず調子は戻ってきます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ