不安障害への接し方の注意点とは?4ポイントを押さえたケアが重要!

「不安障害」は、「不安」を主訴とする精神疾患ですが、その症状の現れ方は多種多様です。症状であり原因でもある不安とは、誰にでもある感情ですが、不安障害の方の辛さを理解することは健常者にとって難しいものです。

また、症状自体は誰でも経験することが多く、医療機関での身体的検査では異常がみつからないため、本人も周囲も病気だと気づきにくい問題を抱えています。

不安障害を取り巻く家族や職場の人々はどのような接し方をすれば良いか、そのポイントについて説明します。

企業の対応の必要性とは?法制度も対応を促す!

企業の対応の必要性とは?

企業にとって「不安障害」などの精神疾患は、自殺の業務起因性を司法が認め「精神病の労災認定基準」が見直されたこともあり、民事控訴や労災認定のリスクとなっています。

そのため最近の企業では、「生産性向上」や「リスクマネジメント」の観点から、メンタルヘルスケアを先行投資と認識して重要視されてきています。

法制度も対応を促す!

「労働安全衛生法」制定の目的は、「職場における労働者の安全と衛生と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進すること」にあります。

この意味は、「企業は、業務による疲労や心理的負荷などの過度な蓄積によって、労働者の心身の健康を害することが無いように注意する義務」を企業に促すことにあります。

企業のメンタルヘルスケアとは?4つのケアが必要!

企業のメンタルヘルスケアとは?

企業におけるメンタルヘルスケアは、以下の4つのケアが必要です。

    <企業の4つのケア>

  • セルフケア:労働者が自分自身で精神的不調に気づき、適切な対処をするための知識と方法を身に着ける。
  • ラインケア:管理監督者による部下の精神面へのケアであり、職場のメンタルヘルス対策で最も重要とされている。
  • マスタースタッフケア:産業医、衛生管理者、保健士、人事・労務担当者など企業内の産業保健スタッフがそれぞれの立場から行うケア。
  • 専門医のケア:地域の産業保健センターや精神科の専門医など、社外の専門機関が企業の求めに応じて行うケア。

ラインケアの目的とは?マスタースタッフとの連携を!

ラインケアの目的とは?

管理監督者による職場のラインケアの目的は、「メンタル不調の予防」、「早期発見」、「適切な早期対応」にあります。そのためには、『「見る」、「話す」、「聴く」、「対処する」』の4つのポイントが重要となっています。

    <職場のラインケア>

  • 見る:メンタル不調のサインを発していないか?
  • 見る:部下が問題を乗り越えられる能力があるか?(ストレス診断など活用)
  • 話す:部下がコントロールできない労働環境や人間関係などがないか?
  • 話す:仕事の質や量、やり方で困っていないか?
  • 話す:プライベートの問題で困っていないか?
  • 聴く:本人の思っている仕事の成果がでているか?
  • 聴く:健康状態はどうか?
  • 聴く:仕事に対してどう考えているか?(出向、異動、転勤、昇格など)
  • 対処する:メンタル不調が疑われた場合、自発的なカウンセリングを促す
  • 対処する:メンタル不調で仕事への支障を感じたら産業医などの受診を促す
  • 対処する:自傷・他傷などの危険があり緊急性が認められる場合、速やかにマスタースタッフと連携する

マスタースタッフとの連携を!

管理監督者が、不安障害など精神疾患を抱えた部下と接する上で一番大事なことは、一人で抱え込まないということです。管理監督者の責任や負担は重く、自分自身がメンタル不調に陥るケースが増えています。

自分は大丈夫と過信せず、日頃からマスタースタッフの支援を仰ぎ、協力関係を築いておくことが大切です。

同僚が心がけることとは?自分の業務を優先しよう!

同僚が心がけることとは?

周囲の同僚は、不安障害など精神疾患を抱えている方への対応が分からず、配慮するあまり遠くから見守りがちになります。その優しさが、プレッシャーとなり症状を悪化させることもあるため、適度に話しかけることが大切です。

仕事に関する相談は必要ですが、病気や人生の悩みについては、無理に対応する必要はありません。

自分の業務を優先しよう!

メンタル不調はその人の生産性を低下させるため、当然、周囲の同僚はフォローのため業務量が増加します。同僚への心のケアによる業務の停滞や遅延は、本人の自責感を刺激しうつ病などの二次疾患をまねく恐れがあります。

過度な配慮は必要ありませんので、まずは自分の業務を優先することが大切です。

治療には家族の理解が重要!長期間支えるためには?

治療には家族の理解が重要!

不安障害など精神疾患を抱えた方は、その症状に気付いても、その通常との差異を恥じて相談できず、隠そうとする傾向があります。また、「性格や気質の問題」と思われやすく、症状による苦痛を理解しにくい側面も問題です。

不安障害の治療には、本人の意志や努力だけでは不充分で、周囲の理解が重要になっています。

長期間支えるためには?

家族は巻き込みなどへの対応で大きな負担を抱えながら、長期間支えることになります。そのためには、まず病気を正しく理解することが必要です。正しい理解は、適切な距離感をつくりサポートの負担を軽くしてくれます。

また、病気になった事への罪悪感や責任感に悩む必要が全くないことを理解しておくことも重要です。

まとめ

不安障害の方との接し方のポイントは、適切な距離感です。症状による無理難題には歯止めをかけるなど少し距離をおくことも必要です。熱心に働きかけても、症状は思うほど改善を見せることが少ないため、本人への批判的感情が生じることや、本人の自信を失わせ症状を悪化させる恐れもあります。

家族や周囲の人は、病人として接するのではなく、症状を抱えながらも普通に生活を送るよう促し、適度なバランスをとるように心がけましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ