うつ病で休職した後どのように復職を進めるべきか?

うつ病で休職して、だんだんとよくなってきたら復職を考えるものです。

しかし、無理は禁物です。タイミングをあやまったり、急に頑張りすぎたりすると再発する危険が高まります。

復職をどのように進めていったらよいのでしょうか?

医師の判断を仰ぐ

自分でもだんだんと調子が良くなってきたと感じたら、医師に復職のことを相談してみましょう。自分では「調子がいい」と思っていても、実際はまだしっかり回復していない、ということも多いものです。

早く元気に働きたいのはやまやまですが、医師に客観的な判断をお願いしましょう。また、相談をすることで、薬の調節をしてくれたりもします。

急に調子が悪くなったときの頓服を出してもらったり、場合によっては眠くなりにくい薬に変えてもらうなどが考えられます。

だんだんと身体を慣らす

復職の時期が近付いてきたら、朝起きる時間を仕事に出ているときと同じにしてみたり、仕事着に着替えて外出して実際に電車に乗ってみるなど少しずつ身体を慣らしていきましょう。

家の中で過ごしているという生活は意外と身体がなまるものです。体力をつけるように少しずつ外出を増やしていきましょう。

デスクワークの人であれば、図書館で机に向かって過ごしてみるなど、職場で働いているのと似たような体勢で過ごしてみるのも1つの方法です。

上司と相談する

復職をする前に一度上司に会うなどして、配慮してもらいたいことなどを伝えておきましょう。仕事の内容にもよりますが、短い勤務時間から始めてみる、といった工夫ができるようならお願いしておくといいでしょう。

また、うつ病になったきっかけが職場の人間関係や働き方にある、というケースの場合は配属を変えてもらうといったことも検討が必要かもしれません。

復職したら

職場に戻ると、早く元に戻りたくて頑張りすぎてしまう人も多いようです。もともとうつ病の人は真面目で頑張り屋の人が多いためです。

自分には無理をしてしまう傾向がある、という認識を持って、気をつけることが大切です。復職してもなかなか元通りには働けない、と感じても決して自分を責めないこと。

少しずつ慣れていけばいいのだ、それが当然だ、というくらいの認識でゆっくり進んでいきましょう。また、調子がいいから、忙しいからといって、通院服薬をさぼるようなことは禁物です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ