まさかの集団苛め!原因の職場を辞めて鬱症状は良くなった! 女性 29歳 公務員 M.K.さん

鬱は気の病だといいますよね?だからうちの家訓では「鬱になるようなやつは気が弱いんだ」とされていました。私も自分が鬱になる前はそう思っていたのです。

心が弱い人が鬱になると思っていました。でも実際は違いますよね。どうしようもなくなって鬱になることもあるんだなということを私はこの職場で学びました。

人間って怖いと恐怖感を抱くような職場でした。

集団苛めを受けて鬱になった

イジメだなんて学生の頃の話だと思っていました。それまでまったくそういうのに関わりなく生きてきたので、まさかその苛めのターゲットにされるだなんて思わなかったのです。

私が鬱になった原因は同じ職場の人に苛められたからです。しかも個人的なイジメというか集団的な苛めを受けました。このボス的存在の人がいて、その人にコテンパンにやられたのです。

その人は毎日のように私の失敗を見つけ出しては強い口調で攻撃して来て周りの人を巻き添えにして私を笑っていたのです。

精神的に耐えられずに一時休職をした!

私は最初は納得いかなくて言い返したりもしました。元々筋の通らないことは嫌いな性格で応戦していたんです。でもその態度が悪かったのでしょう。

余計に苛めはヒートアップしてしまいました。周りの人も混ざって酷いことを言われるようになって、さすがにショックでした。公務員って本当に陰湿な人が多いんです。

陰湿でネチネチした人が多いんですよね。だから毎日のように荒探しをされて嫌がらせされ続けて私は精神的に参ってしまったのです。

こうして鬱になってしまって仕事を一時的に休職しました。このままこの職場で働き続けたらおかしくなりそうだったので休ませてもらったのです。

泣き落として職場を辞めたおかげで鬱から解放!

苛めとは関わりのない上司が何度か家にやってきて私の話を聞いてくれました。しかし鬱に私にはその対応がすごく大変に感じましたし、責められているようにも感じました。

事の成り行きを聞いた上司に「もう少し頑張れないか?」と説得されたのです。説得されたことは嫌なことではありませんでした。それくらい私が職場に必要ということで、ありがたいことではあります。

でも復帰できるかどうかというのをしつこく聞かれて私は余計に参りました。鬱になるとこういうことを聞かれたら頭がパニックになるんです。

そして最終的に泣き落としで辞めさせてくれるように頼み込んだのです。無理だと思ってそのことを絞り出すようにして言いました。こうして仕事を何とか辞めることになり、家で療養する内に少しずつ状態は良くなって行きました。

仕事を辞めたことは確実にプラスに働いたんです。原因は職場の人間関係トラブルです。これ以上居続けて良いことは何もないと言う私の判断は正しかったのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ