うつ病になる人とならない人の差は何か?

うつになる人最近は、ドラマや映画でもうつ病が取り上げられたりしていますので、以前のように特別な病気というイメージではなくなりました。

統計的には10人~15人に1人位の割合で、患者さんがいると言われます。100人の会社であれば10人位はいる計算になります。あなたの周りにもいる可能性が高いですね。

うつ状態はどんな状態なのか?

うつ状態と言っても、軽症の人は「疲れやすい」「やる気がわかない」程度ですが、
重症になると「気分が塞いで家事や仕事が出来ない」状態まで落ち込みます。

一番心配なのは自分の命を絶ってしまうまで悪化してしまうことです。うつ状態が深刻になると、理性的な判断が出来なくなる場合が少なくないのです。

理性的な判断が出来なくなる原因は?

では、うつ病になる人とならない人の差はどういうところにあるのでしょうか?

原因は精神的又は身体的ストレスによる場合が多いですが、同じストレスを受けてもうつ病になる人とならない人はいます。本人の受け止め方、つまり性格、性質によるところが大きいとされます。

うつになりやすい人はどんな性格か?

うつになりやすい人は

  • 真面目で仕事や家事に一生懸命取り組む方
  • 几帳面な性格で何事も完璧にしないと気がすまない方
  • 性格が頑固で臨機応変な対応が苦手な方で、責任感が強く、全てを自分で背負い込んで人に任せられない方
  • 人の評価を気にして、人からどう見られているか常に気になる方

な人です。
真面目で几帳面で頑固な性格というのは日本人によく見られる性格とも言えます。

仕事はきちんと完璧にこなしますし、周りの評価も高く、信頼されるタイプですが、逆に人のいい加減さが許せなかったり、期待を裏切らないように頑張り過ぎることもあるため、精神的、身体的疲れを溜め込んでしまいます。しかも、人を頼りませんから、相談せずにうつ病の回復を遅らせてしまいがちです。

うつ病になる人のタイプが分かれば、ならない人のタイプはその反対ということで、多少大雑把でいい加減でも融通を利かせて人に迷惑さえ、かけなければ良しということではないでしょうか。

日本人の脳の働き

ちなみに日本人の遺伝子は神経伝達物質のセロトニンのタイプが欧米人と違って、分泌が少ないことが関係しているという人もいます。

真面目にそして完璧に仕事をこなそうとする気質は日本人としてとても誇らしいことです。ですので、その気質をわかった上で考え方を柔軟に変えてうつの地獄に落ち込まないようにしていくことが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ