傾向があった!従来型のうつと新型うつの違いとは何か?

20代から30代前半の若者に多いのが、新型うつです。

そんな新型うつの特徴は、周囲の環境及び他人のせいにするという傾向が強いという点です。

新型うつの特徴

従来型のうつの場合、仕事や日常生活、人間関係が上手く行かない場合、自分を責める傾向にありました。このように、苛立ちを向け相手が従来型のうつとは大きく異なるのが特徴です。

例えば、仕事が上手く進められないといった時にどうなるのでしょうか。

新型うつの場合は、仕事が上手く行かないのは上司が悪い、会社の環境が悪いという事を口にするようになります。

また、ただ口にするだけではなく、これらが口癖のようになってしまうとも言われています。その結果、仕事中はつらい気持ちになってしまいがちです。

このように、会社に行くと気分が悪くなる、症状が悪化するというのも、従来型のうつには見られない特徴です。

従来型の場合は、気分や症状が悪化する場所は問いませんし、平日であろうと休日であろうと関係ありません。その為、会社に行く平日は気分や症状が悪化し、会社が休みの休日は元気になるというのは、特徴と言えるでしょう。

ただ、休日には元気になる事によって、甘えやサボリではないか?といった風に考えられる事も少なくありません。

新型うつは夕方になると辛く感じる

この他にも、新型うつは夕方になるとつらく感じるとも言われています。これも従来型のうつとは異なる部分であり、従来型の場合は午前中につらくなる事が多いとされています。

食事や睡眠に関しても、食べられない、眠れないといった従来型とは真逆の反応を示します。つまり、食べ過ぎてしまったり、眠りすぎてしまうという事になるのです。

また、新型うつは3種類に分類できるとも言われています。それは、非定型うつ病、発達障害型、ディスチミア症候群の3種類です。

しかし、まだまだわからない部分が多い心の病なので、こうした種類分けも仮のものと考えるべきでしょう。それでも、心の病である事には違いがないので、心療内科や精神科を受診するのが一番です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ