ダイエットでうつ病に!うつ病にならないダイエット法は?

ダイエット女性の方にご注意の情報です。ダイエットとうつ病の関係をお話しします。

食事に注意

女性なら誰しも「スリムになりたい」と思うものです。なんだか最近お腹が出てきてウエストのクビレが無くなった。ダイエットをしよう!となると思います。

ここで注意しなくてはいけないのは「食事」です。ダイエットと言えば、「運動」と「食事」がキーワードに上がると思います。

でも、運動はなかなか気が進まないですよね。そこで、食事を減らしてダイエットをしよう!となるわけです。

食事を変えるのは栄養療法(食事編)でも説明しましたが、正しく変えるのでしたらすごく健康にもいいことです。

食事を減らすと

でも、単に食事を減らして、栄養のあるものまで取らないのは体によくありません。なぜなら、まず「身体の抵抗力が低下する」ためです。

このため、普通なら撃退できることでも抵抗できなくなり、ストレスを排除できなくなり、引いてはうつ状態に陥る危険性を秘めています。

脳への栄養不足

次は「脳への栄養不足」です。脳の栄養が減るとセロトニンの働きが悪くなり、セロトニンの働きが悪くなればうつ状態を引き起こす可能性が高くなるからです。

ですので、気を付けることは食事を抜いたり、炭水化物系を一切取らなかったりしないことです。

人間のエネルギーとなるブドウ糖の摂取が出来なくなり、セロトニンの働きに影響が出ます。「少しだけ量を減らしたバランスの良い食事」と「適度な運動」の両方をすることを心がけることが重要です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ