うつ病からの自殺を避けるには?扉を開ける5つのキーワード!

「自殺」。それは心の叫びです。辛くて、苦しくて、もがいても、もがいても、その先に光が見えない。この現実から逃れたい。そんな心の叫びを誰にも分かってもらえない。

私たちに出来ることは何でしょうか。うつ病と自殺には深い関係があります。ですが、「病気」の一言では片づけられないほど、当人にとっては深刻で切実な問題なのです。

ここでは、うつ病と自殺の関係について「心」の面から紹介していきます。

発信する心のシグナル!見逃さない方法とは?

自殺を考える人は、自分の周りにサインを発します。心がそうさせるのです。周りの人は、そのサインを絶対に見逃してはいけません。軽はずみな言葉や、うわべだけの態度は、心を深く傷つけるだけです。

では、どんなサインに気をつければ良いのでしょうか。

このサインには要注意

自殺のサインには、①「自殺」という言葉をほのめかす。②突然ふさぎ込んだり、急に物静かになる。③「生きていく意味がない」と言う言動を発する。④「自分が悪い。」、「自分のせいで…。」といったような自分を責める言動を発する。⑤急に身辺整理を気にし始める。(身辺整理を行う)。などが挙げられます。

このサインが出たら要注意です。周りの人は、注意して見守りましょう。そして、病院への診察を促しましょう。決して、同情する言葉や、甘やかすような言葉をかけないように注意しましょう。

気をつけて!うつ病と自殺の深い関係とは?

うつ病が深刻化すると、自殺願望が芽生えてきます。気分が落ち込むと、脳にマイナス思考が働いきます。その結果、最悪の事態へと発展する可能性を秘めています。

この、うつ病と自殺の深い関係について、探っていきます。

心のバランスが崩れる

うつ病と自殺には密接な関係があります。これは、神経伝達物質(セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミン)と大きく関わってきます。うつ病の疾患を患っている場合、過度のストレスにより、この神経伝達物質の分泌量が減少します。減少したことにより脳の機能も低下します。特に、セロトニンが減少すると、ストレスによりイライラや不満に拍車をかけ、暴力的な行動を起こす可能性があります。この暴力的な行動が本人に向けられた時、自殺という衝動を引き起こします。

医学用語で「自殺念慮」というこのシグナルは、心のバランスが崩れている証拠です。

心の呪縛!絶望感から立ち上がる勇気とは?

「何もしたくない」、「何も考えたくない」といった虚脱感は、やがて、「僕は(私は)いったい何をしているのだろう」、「何故ここに居る?生きる意味って何?」という絶望感に発展し、それが刃となって自分自身を責め立てるようになるのです。

閉ざされた心の扉はとても重く、自分一人では開けられません。その先にある光を見つけるには、立ち上がり、再び歩き出す勇気が必要です。

頑張ってはいけない

頑張るということは逆効果です。頑張らなくて良いんです。今は心を休ませる時です。普段の様に出来なくても良いんです。少し立ち止まり、ゆっくり羽を降ろして、一休みしましょう。

周りの力を借りること

辛い時、苦しい時は周りの力を借りましょう。他人に甘えても良いんです。他力本願でも良いんです。長い人生という名の道で、ちょっとつまずいて転んでしまったけど、一人で立ち上がれない時は周りの力を借りましょう。

失敗してもいい!心の傷を癒す方法とは?

失敗は、ストレスを増大させます。そして、増大したストレスは、時として心をズタズタに切り刻みます。

破れたシャツは簡単に縫えても、破れた心を縫うことは簡単なことではありません。ただ、破れたままの心では、あまりにも辛すぎます。もう一度立ち上がるためにも、心を癒す術(すべ)が必要です。

信頼できる医師と出会う

「信頼できる人がいる」ということは、とても心強いものです。うつ病という病は、時間をかけて、じっくりと心を元気にしていく病です。正直、医師にも色んなタイプが居ます。事務的にサクサクと患者さんを診ていく人、一日の患者さんは少ないけれど、その分、しっかりと患者さんの話を聞いて、一緒に考えてくれる人。

担当医師とは長い付き合いになります。人として信頼できる医師と出会うことは、必ず患者さんにとってプラスになるはずです。

心を休めることが大事

いざ、受診となったら、診察・カウンセリング・薬物療法などでの治療が始まります。きちんと診察を受けること、きちんと薬を飲むこと。これも大事なことです。

ですが、一番大事なことは心を休めることです。“心を休めること”つまり、休養です。しっかり休養をして、心の居場所を見つけることが、何より大事なことです。

逃げ道を作るということ

逃げ道を作る(逃げ込める場所を作る)ことも大切なことです。いつでも逃げられる道を作って、少しでも心に背負った荷物を軽く出来るのなら、それだけでも少しは楽になりますから。

支えてくれる誰かへ!心の絆を紡ぐ方法とは?

人は一人では生きられません。生きられないから、誰かを求め、探し続けるのです。傷を負った心は、温かい光によって癒されます。それが、“心の絆”です。

心の絆を紡いで行くことは、やがて人生の道しるべになります。そんな心の紡ぎ方を紹介します。

あなたは一人じゃない

人によっても違いはありますが、うつ病が悪化すると、言いようのない孤独感や閉塞感に襲われる時があります。「自分が居なくなっても、誰も気にもとめない」、「自分が居なくなったとして、誰も困らない」そんな思いに駆られます。

ですが、それは誰かが気付かせてあげなければいけないのです。「あなたは一人じゃない」ということを。人は、誰かに支えられて生きています。誰かに生かされているのです。ですから、あなたもきっと、誰かの支えになっているはずです。ただ、今は気付いていないだけかもしれません。

誰かに寄りかかろう

辛い時や苦しい時は、誰かに寄りかかりましょう。ずっと飛び続けていたら誰だって疲れます。時には、止まり木に降りて、羽根を休めましょう。再び飛び立つ日は、あなたが決めれば良いのです。傷を癒し、ほんの少しでも元気を取り戻せたその日まで、しばらく休憩です。

まとめ

ここで、うつ病と自殺の関係についてまとめます。

    <扉を開ける5つのキーワード>

  • サインを見逃さない
  • 「自殺念慮」という思い
  • 頑張らなく良い
  • 心を休めることが大事
  • あなたは一人じゃない

うつ病が原因となって最悪の事態を招くことが多いのです。特に、欧米ではその傾向が顕著に表れています。人間社会は複雑でストレスだらけです。人が歩いてきた道も、人の思いも様々です。たくさんのタイプの人がいます。それでも人は生き続けます。何故、人は生き続けるのか?それは、「光」を見つけるためです。あてもなく暗い闇の中を彷徨っているとき、ほんの小さな光を見つけただけでも気持ちは救われます。

あなたも、その小さな光になってあげてください。小さな光になって導いてあげること。それが、人と人の心を紡ぐことだと信じています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ