「解離性障害」の記事一覧

不確かな感覚の毎日?解離性障害の人の日常生活5つのパターン

解離性障害の人に非常に多く見られる症状の中に離人症状というものがあります。解離している状態とも言われます。とても説明が難しいのですが、本来の自分が望んではいないような行動を自分がとっているような状況などを指します。また、・・・

物忘れや痴呆とは違う!解離性障害と健忘の5つの決定的な違い

痴呆という言葉は侮辱的な表現という事で、現在では認知症という言い方になりましたが、認知症の症状で最も特徴的なものに、一般的には物忘れと言われる記憶障害があります。そのような症状と解離性障害に出現する症状としての解離性健忘・・・

そもそも心的外傷が引き金?解離性障害を引き起こす5つの理由

もしも身体的な外傷であれば、軽傷だ、いや重傷だ、回復までに時間がかかるだろう、もしくは、一生完治する事はないであろうなどの事が誰の目から見ても明らかであるため、他人からも理解されやすいのですが、心的外傷は他人からは勿論の・・・

嘘つき?多重人格?勘違いされがちな解離性障害の5大特徴

解離性障害の症状の中には、にわかには信じられないような状態を呈する事があります。その状態を受け入れられず、逆に嘘つきだ、多重人格だと否定され続ける事で、その症状は更に悪化してしまいます。 悪化すればするほど、周囲の理解し・・・

我慢しすぎると怖い?5つのストレスが招く解離性障害という病気

普段から、何か誰かと揉めるくらいなら我慢して、自分の中だけで納めておくのが一番の解決法だ。そんな風に思って、自分の中にたくさんのストレスを溜めてしまいがちな人は注意が必要です。 ストレスを溜め込むにも、その容量には限度が・・・

多重人格と言われがち?解離性障害の症状が招く5つの誤解

かつて多重人格と言われた人で有名になった人の多くが犯罪者だった事もあり、多重人格が罪を犯してしまうような病気と認識されている一面と同時に、平然と嘘をついたり、あちらこちらで自分が都合よく振る舞うような、いわゆる嫌われ者の・・・

自分が自分でわからない?解離性障害の人が感じがちな5つの感覚

いわゆる解離という状態は、健康な人にでも見られる事があります。あまりに退屈な講義の時に全く違う事を考えていたらアッという間に時間が過ぎた。という場合も一種の解離状態です。これは、ある意味で意識的に解離状態を作っているとも・・・

記憶にない場所や行動?解離性障害の人が陥りがちな5つの危険!

もしも、電車に乗って、ふと気づいたら、いつの間にか見知らぬ場所にたどり着いていたとしたら?解離性障害の人の場合、無意識のうちに自分ではない自分が勝手に行動しているので、気がついた時に引き返せずに困り果ててしまうという経験・・・

まるで自分が自分じゃない?解離性障害によくある症状5つ!

突然「まるで自分が自分ではない感じ」と言われても、どんな感じ?と普通の感覚であれば、全く理解や共感ができないでしょう。自分なんだけれど、自分ではない。解離性障害の人は、そんな表現をよくしますし、解離性障害同士の人だと非常・・・

本当に病気?症状?解離性障害の人との接し方で大切な5つの事

いわゆる肝心な事や、都合の悪い事が記憶からスッポリ抜け落ちていたりすると、忘れたふりをしているのではないか?病気を盾にして単なる言い訳をしているのではないか?と疑ってしまいがちです。しかし、解離性障害の人たちにとって、こ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ