自分が汚れている気がする潔癖症?もしかしたら不潔恐怖かも!

潔癖症は、症状のかるいものから異常なほどの症状まであり不潔恐怖と医師から言われるケースまで色々あります。自分での判断は難しいのですが、症状の幅が広いのでたとえ潔癖症と考えていても病院を受診した方が良い人もいます。

そして、自分が汚れているかもしれないと強迫観念から不安になり、何度でも石鹸で手を洗う強迫行為を繰り返してしまうこの状態は潔癖症ではなく不潔恐怖になります。今回は、この不潔恐怖について調べました。

不潔恐怖とは何?強迫性障害の症状の1つです!

不潔恐怖とは強迫性障害の症状の1つになります。これは、強迫観念と言う良くない考えが頭の中に何度も浮かんで頭から消す事が出来なくて不安をもたらします。

わき出る不安を打ち消す為に、行なわれるのが強迫行為になります。不潔恐怖では、手の汚れを取除く為に何度でも何度でも石鹸で洗い続けます。

この行為は、自分でもおかしい行為と判っているのですが繰り返し不安が出てくるので反応して行う行為も止められないという状況になるのです。

その症状はどんな事?

不潔恐怖の症状強迫行為は、様々で色々とあります。ほんの1部分ですがよく見られるケースを下記に、挙げましたので参考にして下さい。

    <不潔恐怖の症状としてよく見られるもの>

  • 肌が荒れても、過剰に繰り返される手洗い
  • 過剰にシャンプーを使い過剰な程の入浴中の行為
  • 手すり等に触る事を避ける
  • 帰宅後、着ていた物全てを取り替える

潔癖症とは何が違うの?不安や恐怖があるかないか!

潔癖症にも、軽い物から不潔恐怖を疑うようなレベルのものまで色々とあります。たとえ潔癖症でも、異常さを感じさせる時には不潔恐怖との診断を受ける事もありますので心配な時には病院を受診される事をお勧めします。

では、潔癖症と不潔恐怖とは何が違うかと言うとその行為をするにあたり強迫観念(恐怖)で始まり強迫行為を起しているかどうかです。

潔癖症とはどんな病気?

潔癖症とは不潔を嫌い、掃除や洗浄をするのは自分がきれいな状態になっている事が好きなので自分から丁寧に徹底して行ないます。

不潔恐怖になる原因は?原因の1つに脳の機能障害!

原因になるはっきりとした事は未だ解明されていないのですが、最近の研究から脳の中にある神経伝達物質の1つセロトニンの代謝が関係していると判ってきました。

脳の中では多くの神経細胞が接続して情報を伝えています。その接続部分をシナプスといい、そこにあるセロトニンの量が患者さんの症状に影響を与えているのです。

セロトニンの量が関係?

治療に効果が高い薬の作用には、セロトニンだけに作用して脳の中で神経伝達に使われるセロトニンが減らないようにする働きがあります。この事からも考えられます。

画像診断でも証明とは?

症状のある時には、脳の特定の場所の糖代謝の高まりが異常な事や血流量が増えている事から神経回路の機能に異常が見られます。

治療に大切な事は?治すという強い気持ちを持つ事!

強迫性障害の治療で高い効果が出ているのは、薬物治療と認知行動療法を合わせた治療法方になります。もちろん、医師の監視の下正しい判断で行なわれます。

症状に合わせて、認知行動療法で嫌な事から逃げるのではなく受け入れる事を経験していく事になります。これは、医師が無理やりにやらせるのではなく患者さんの意思で行う事になりますので患者さんにも病気を「治す」と言う強い気持ちをもって臨んでもらう事がベストです。

治すという強い気持?

患者さんは、1日も早く強迫観念から解き放たれて自由になりたいと考えています。治療をはじめる時に、「この病気を治す」という強い気持ちがあると治療の途中で挫折する事なく進める事が出来ます。

リストに書き出す事!

治療をより効果的に進める為に、不安になる事にはどのようなものがあるかを全部書き出して医師と相談の上何から克服していくか決める事も良い方法です。

前進と後退の繰り返し!

専門の医師の治療を始めたからといっても、順調に進むとはかぎらないのです。治療の状況は良い時もあるし、後退して悪い時に戻る時もあります。これは、誰のせいでもありませんの自然の事です焦らずにゆっくりと歩いていきましょう。

不潔恐怖の患者さんも悩んでます?制御が難しい!

不潔恐怖の患者さんも行為について悩んでいるのです。意味の無い行為と判っていても、止める事が出来ない事やどこで終わりにするべきか判らないのです。

石鹸等も泡立ちが少ないと、洗った感じがしないので沢山の量を使います。その石鹸を洗い流す作業もきれいに全て残す事無く洗い流さないといけないので過剰になります。また、石鹸やシャンプーの香りが気になり時間をかけても洗い流します。こんな風に、過剰に行為を繰り返して適度にする事が困難な状態なのです。

制御が難しいとは何?

行為に掛かる時間を、自分でコントロールするのが難しいのです。他の事をする為に、作業を中断することは出来ないので疲れていても、肌が荒れていても行為は続けられるのです。

まとめ

今回は、不潔恐怖についてどんな病気なのか、症状について、原因や治療方法についてそして潔癖症との違いについても調べました。

不潔恐怖は強迫性障害の症状の1つです。手の汚れを取除く為に何度でも石鹸で洗い続けます。おかしいと判っていても不安が出るので、行為も止められないのです。

潔癖症と不潔恐怖と違いはその行為をする時に強迫観念(恐怖)で始まり強迫行為を行なうかどうかです。潔癖症は不潔を嫌い、掃除や洗浄は自分がきれいな事が好きなので自分から徹底して行ないます。

原因の1つに脳の機能障害があり、セロトニンが関係してます。治療に大切な事は、治すという強い気持ちを持つ事で治療から逃げ出さないで続けられます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ