うつの時に「だらだら」すると生きる意欲が湧いてくるってホント?

うつと診断されてしまったときは、とにかくだらだらすることをこころがけましょう。

一般的には、だらだらしていると責められてしまいますが、うつの患者さんにとっては、だらだらすることがとても重要なことなのです。

どんな人がうつになりやすいの?

うつになってしまう人の多くは、だらだらとは程遠い性格のかたが多いです。うつになりやすい性格として、

  • 真面目
  • 向上心が強い
  • 自分に厳しい

といったことが挙げられます。そのような性格の人にとって、だらだらして過ごすということは、とても難しいものがあるといえます。

だらだらするとエネルギーが回復!?

なぜだらだらすることが重要なのでしょうか。脳には、いくつかの神経伝達物質が存在しています。なかでも3大神経伝達物質として、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンがあります。

これらの神経伝達物質は感情や行動に直接結びつきます。そして、うつは、ストレスなどにより、この神経伝達物質が正常に分泌しなくなってしまい、意欲や気分などの脳の機能が低下してしまうことにより起こります。

治療としては、薬物によって脳内物質を補てんしつつ、休養を取り、ストレスをできる限り遠ざけて、脳の状態を正常に戻していくというものになります。うつの休養は、枯れてしまったエネルギーを回復していくことに直接結びつきます。

とにかく何も考えないで!

この休養も、重症期はとにかく横になっている、寝ていると、何もしないくらいのものでないといけません。ですので、だらだらすることは回復にとって必要なことなのです。休養を取る際にも、仕事のことや家のこと、人間関係など、ストレスの原因となったものについて悩んだり、考えたりせずに、とにかくだらだらすることを目指してみましょう。

そのためには周囲と家族の理解も必要です。身近な人でも、自分が何か活動していたり、忙しかったりするときにだらだらしている人を見るといらいらしてしまったりします。うつは治るということをきちんと理解し、だらだらしていることを周囲が責めたりすることのないように理解してもらいましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ