残業中に緊急病院へ!うつを乗り越えた理由は? 女性 営業アシスタント 22歳 H.G.さん

私はうつを発症したのは、営業アシスタントとして働いていた時です。最初は、会社に行く前に気持ち悪くなったのが初期症状。だけど、少し体調割るのだとおもい、何も気にしていませんでした。

ですが、ある日いつものように残業をしていた時、ものすごいめまいで立っていられなくなりその場に倒れこんでしましました。そのまま緊急病院へ搬送。その日に検査入院をして脳・目に異常がなく精神的なものと診断されたのが始まりでした。

最初の頃は会社に隠していましたが、だんだん気持ち悪くなり朝出勤できなかったり、帰るとき、ディスクの下にある暖房器具の電源を消したかどうか不安になり、何度も確認したり、家にかえってから営業さんへ連絡して本当に消えているかか認してもらうことが続きました。

会社への告白

会社に行く前や帰ってきた後、不安で不安でずっと泣いていました。家に帰ってから何もしたくなくずっと寝て泣いているだけ。さすがに自分だけではどうしよもないと思い、心療内科を受診しました。

先生は休職を進められ会社に話すことにしました。直属の上司ではなく人事の方に相談しました。会社の方針としては病院へ行きながでも、出勤してほしいと言われましたが、もう精神的に限界で休職させていただきました。

最初は、1か月の休職届を出しましたが、お休み中でも、当たり前のように営業さんから仕事の電話があり、なかなかゆっくりとした休養はできず。その間症状は良くなるどころか、悪くなる一方。一日中泣き続ける。泣き疲れれば寝るの繰り返し。

うつ病回復期

薬が効いてきたのか、少しずつ泣くことはなくなってきましたが、まだ仕事する状態ではありませんでした。旦那が仕事中私は家に一人でいるのが不安で、旦那の実家にお世話になり、旦那が家に帰って来ると自分も家に帰るという生活をしていました。

その時は一人でいることがかなり不安。旦那は、仕事が終わってから家に帰ってきて掃除・洗濯・料理などすべての家事をやってくれていました。旦那の実家のでもお母さんが多めに料理を作ってくれて持たせてくれたり、家に来て掃除をしてくれると気も多々りました。

その時の私は何もしたくなく抜け殻みたいにずっと寝て居るだけ。起きてご飯食べて寝てしまう。その繰り返しでしたが、ネットのチャットをやるようになって少しずつ起きて居る時間が増え、体調がいい時間も増えてきました。

現在は?

休職は1年ほどしました。ですが、働くまでの回復はしませんでした。会社が1年以上の休職は認めないとのことでしたので退職をしました。

退職をして少し気分的に楽になり、家事をしたり、買い物に行けるようになりました。今もまだ薬は手放せていません。ですが、あの時より良くなってきています。

一年間会社を休職させてもらって何度も復帰しようと思いましたが、無理でしたがわがままを聞いてくれた会社に感謝をしています。また、現在まで長い間私を支え続けてくれている旦那や周りの家族に感謝感謝です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ