ストレスが深刻な病気になる?突然起こるパニック障害!

ある日突然起こってしまった発作で、その後の生活が大きく変わってしまうパニック障害。知識がない方ですと、その過呼吸になったり胸が苦しく痛む等の症状は、循環器系の病気ではないかと勘違いしがちです。

しかし、大きく違うのは、その発作が起きて病院に搬送された後に本人が知ることになりますが、一通りの検査を受けても特に大きな異常は見つからないと言う事です。何も異常がないからと安心していると、パニック障害の症状は改善されていかず深刻になっていき、生活が普通に送れなくなる可能性も高いものです。そのパニック障害とストレスとの関係を紹介します。

パニック障害の疑いはどこから?この症状には要注意!

特にどこか悪いわけでもないのに、めまいや息苦しさ、過呼吸になったり冷や汗を大量にかく症状が現れ、それがどんどん立っていられなくなるくらいに激しくなっていきます。

しかし、妙な事にその発作がこんなに強烈な痛みを感じるにもかかわらず、1時間弱ぐらいでいつの間にか治まってしまう少し不思議な体験を覚えます。それがパニック障害になったかもしれないと疑われる初期症状です。

パニック発作が起きる!

ある日突然と言うのは、必ずしも外出している時だけではありません。人それぞれ発作の起こる場所は違って、室内で眠っている時でも可能性はあるのです。発作が起きやすいのは一般的に、自分が不安を感じやすい場所や状況、極度の緊張状態が続く時です。

不安状態から脱出できない!

一度強烈な痛みを経験するとその発作がまた起こるかもしれないという不安から、段々発作が起きた場所を避けるようになっていきます。そして、それがひどくなって恐怖症に発展していったり、うつ状態や外出することがおっくうになり嫌になってきます。

そうした段階で発作が何度も起きるようになり、自分でその状態を改善することができなくなる事をパニック障害と言われるようになりました。(以前は自律神経失調症等の別の病名で考えられていました。)

パニック障害の本当の原因とは?ストレスはきっかけの1つ!

原因は脳内の神経バランスが様々なきっかけによって崩れる事です。そのきっかけの1つが良く知られている日常のストレスと考えられています。

ストレスが神経バランスにどのような影響をあたえるのか?

ストレスを受け続ける状態が続くと、脳内の神経バランスを保つ分泌物が、ずっと興奮したままで正常に機能しなくなります。循環器を始めとして内臓にも負担を及ぼすようになり、状態が悪化していき病気へと発展していく可能性が高くなり、女性に多いホルモンバランスの乱れで生理不順になったり、偏頭痛に悩まされることも多くなります。

持病や遺伝からくる可能性とは?

長く投薬治療が必要な病気、糖尿病や高血圧は普段から薬を常用しているため、脳の働きが悪くなって機能が低下している事からもパニック障害へと発展する可能性はありますし、もっと日常であるのが、過度のダイエット等で過食症等になっている方も発症する確率は通常よりも高くなります。

遺伝に関しては、様々な研究者の説がありますので、一概にどれが正しいとも言えませんが、親族が同じパニック障害を患った人が居る場合は、その遺伝的な確率でなる可能性が一般的な偏りも高いとのことです。

発作が起こりやすい状況は?日常生活の4つの問題点!

発作が起こりやすくなるのは、ストレスを長く時間をかけて受け続けるダメージで発展していきますが、どんな事がストレスを溜まりやすくしているのかは、よく自分では理解できない部分もあります。日常生活の習慣によってもなりやすいので、悪い習慣と考えられる事はどんなものか考える必要が有ります。

ストレスが溜まって発作が起きてしまう過程

ストレスが蓄積されると、脳内の分泌物が通常より多く出て不安な症状を起こしていきます。以下の4つの生活習慣のに当てはまる心当たりがある方は注意しましょう。

    <発作を起こしやすい原因になる4つの悪い習慣>

  • たばこ・お酒やコーヒーの飲みすぎ
  • ニコチン・アルコール・カフェインの摂りすぎは、脳内の神経に刺激を強く与えますので、適度な量を心がけることが必要です。

  • 依存症
  • 女性に多い買い物依存、アルコール依存、意外に多いのが仕事依存です。依存症はそれを失ってしまったとき、その喪失感から大きく心のバランスを崩してしまうので良くないと考えられています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 女性に多い生理前のイライラや違和感、出産後の体調変化によるホルモンバランスの乱れも発作を起こしやすい状況になります。

  • 季節の変わり目の気候の変化
  • 寒暖差が激しくなると、体調管理が難しくなり風邪をひいたりしますし、アレルギーがある方ですと、花粉症の時期は症状がひどくてストレスも別途増えることもあるからです。

ストレスと上手に付き合うには?5つのストレス解消法!

毎日生活していてストレスを感じないで過ごすことは無理だと考えられますので、それを不快に感じながら過ごすのではなく、上手に付き合いながら受け流していけば、直接心にダメージを受けにくくなります。

ストレス社会の現実とは?

逃げ出したくなる現実から、様々な状況でどうしてもそれをやめることができずに悩んでいる多くの方が、ストレスと戦いながら心に重い荷物を乗せて毎日過ごしています。そんな悩める現代人に向けた5つのストレス解消法で、内面にため込まずダメージを軽減していきましょう。

    <ストレスを解消する5つの方法>

  • 友人とのおしゃべり
  • 会話をすると1人で考え込む事がなくなりますので、気分転換にもなりますし話を聴いてもらって落ち着きます。

  • 趣味に没頭する
  • 何でもいいですから自分の好きな事に没頭すると、ストレスを感じている内容を忘れて集中できますので悪い方法に考えずにすみます。

  • 何も考えずボーっとする
  • 何かをしないといけないと思うと、それが精神的に負担に感じてしまう事が多いですから、ゆっくりと頭を空っぽにする時間も必要です。

  • お風呂に入ってリラックス
  • 深く考え込むと同じ姿勢でじっとしていることが増えますので、体が固まって緊張状態のままでいると良くないですから、お風呂に入って体を温めて血行促進してリラックスしましょう。

  • 音楽鑑賞をする
  • 音楽は脳波に良い刺激を与える波長が含まれている曲も多いため、自分の好きな曲で構わないので、音楽鑑賞をしながらくつろぐとヒーリング効果も期待できます。

パニック障害を克服するには?ストレスの原因を改善すること!

自分自身を見つめなおすことが第1に肝心で、それによって無理のない改善方法を取ると、人によって克服できる期間は様々ですが、早い方だと数か月もしくは通常は1年以内には克服できますので、永久に続くのではとネガティブに考えず、必ず治るんだと前向きに考える事も大切です。それには何が必要なのか考えましょう。

質の良い睡眠をとる

仕事の疲れやストレスがピークに達していると、体が疲れているはずなのに眠れないという経験が誰でもあります。それはストレスで脳内の神経が活発に動き続けて休息できないからです。

そんな時はまず、無理に眠るよりストレス解消法にも述べた通り、気持ちを落ち着かせることが先に必要です。睡眠時間も、人によって生活スタイルが違いますので、必ずしも理想とされる睡眠時間を取る必要はありません。それよりも、眠くなってから布団に入って自然に眠れる状況が大切です。ただし夜更かししたり、昼寝をする時間が長すぎるのは、睡眠の質が悪くなりますのでやめたほうがいいです。

生活のリズムの改善

食事も運動も適度な量と言うのが一番の改善法です。生活習慣の中で、どうしてもやり過ぎている事が冷静に見直すといくつか出てくるはずですから、それを少し減らして逆に摂りいれたほうが良いことすると順調なリズムに回復していきます。

仕事や家庭がある以上、それを全て変えてしまうのは無理がありますので、大体で良いですから自分が行う1日の活動の目安となる時間を決めておいて、なるべくそれに沿って規則正しく生活していく様にしましょう。

まとめ

パニック障害のきっかけはストレスが一番多いですが、それを無理に改善しようとがんばりすぎるのは良くないです。自分一人で考えず、周りの人や家族の協力を受けながら、いつもより多く休憩時間を取って、ゆっくり過ごして心にゆとりを持ちましょう。

そして忙しい自分にご褒美を与える感覚でこのパニック障害と向き合い、病気の克服を考えることで日頃の生活の問題点の見直しができるので、今まで体の不調があった方も健康な体と心を手に入れて元気に明るく過ごしましょう!

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ