分かっているのに止められない?それは強迫性障害の可能性がある!

普段の生活の中で、外出をする時など玄関の鍵を閉め忘れていないかと不安になり確認をする為に戻ることがあります。その度にきちんと閉められている事を確認して、良かったと安心をして出かけられるのです。

この程度の事なら何も問題は無いのですが、この様な事が毎日繰り返される事があるのです。自分でもきちんと鍵を閉めたと分かってはいるのです。

でも、不安になって家に戻り確認をする事を毎日くりかえしてしまうのです。こうなると、強迫性障害の可能性があります。今回は、こんな強迫性障害について調べました。

強迫性障害とは何?日常生活に支障がでる!

強迫性障害でよく見られるケースでは、「玄関の鍵をかけ忘れていないか?」と不安になり何度も繰り返して確認をしてそれでも不安が消えないという状態です。

また、手が汚れていると不安になり時間をかけて手を洗ったりする事や肌荒れを起すほどの除菌を繰り返すというケースも見られます。

だれが見ても分かるやりすぎの行為がついて来ます。世界保健機関の報告では、生活をしていく上で支障を招く10大疾患の1つになっています。

性格ではなく病気です!

強迫性障害になる人の割合は、世界的には大体人口の0.5から2.0%との報告がありけっして珍しい病気では無いのです。日本での報告が少ないのは、本人が性格のせいと捉えて病気と考えていない事の為です。

治療効果が期待できる!

強迫性障害の治療については、近年大きく前進をしました。その為、正しい治療をすれば回復する事に期待が出来るようになりました。

強迫性障害の特徴は?強迫観念と強迫行為からなる!

強迫性障害の特徴とは、「強迫観念」と「強迫行為」の2つをもつ病気になります。この2つが引き起こす症状により患者さんはとても苦しんでいるのです。

特に、患者さんが自分でもおかしいと思いながら止める事が出来ない強迫行為の影響は大変です。日常生活にも支障が出て、心労も溜まるのでうつ病を併発してしまう事もあります。

強迫観念とは何の事?

ある特定の考えが、自分の意志とは関係なく繰り返し頭に浮かぶ事で振り払おうとしても頭から消す事が出来ないので苦痛や強い不安が生じます。

強迫行為とは何の事?

強迫観念から生じた、苦痛や不安から出る行動になります。自分でもおかしいことだと分かっているのですが、その行為を止められないのです。

なぜ強迫性障害になる?脳の神経伝達の関係がある!

強迫性障害を発症する原因は、まだ性格には判明されていない現状です。しかし最近、脳の中の神経伝達物質の1つのセロトニンの代謝に関係があると分かってきました。

脳の中は、沢山の神経細胞が接続して情報を伝達させます。その接続部分をシナプスと言い、そこにもあるセロトニンの働きで情報が伝わるのです。

ここにあるべきセロトニンの量が少ないので、セロトニンの働きに影響してる事が原因の1つになってと分かってきました。

脳の画像から分かる事!

ポジトロン断層法などの脳の画像研究により、強迫性障害には大脳の特定の部位の糖代謝の異常な高まりや血流が増えることから神経回路の機能異常が報告されています。

その代表的な症状とは!

強迫性障害で多く見られる症状には確認行動ですが、その他にもよく見られる幾つかの症状があります。下記に挙げてみました。この他にも人によって症状は様々です。

    <強迫性障害で多く見られる症状>

  • 汚染と洗浄
  • 加害恐怖
  • 確認行為
  • 儀式行為
  • 数字のこだわり
  • 物の配置や対称性へのこだわり

治療方法とは?薬物療法と認知行動療法があります!

今現在強迫性障害の治療は、正しい治療法を行う事で回復への効果が期待できる状況になっています。方法としては、薬物療法と認知行動療法の両方を行う事でより高い効果が出ています。

しかし、強迫性障害の症状もその程度も人それぞれで違いがあります。その為に、効果の現れ方にも違いが出てきます。即効性を期待するのではなく、時間をかけて自分にあった治療を専門医の下で行なうのが1番です。

薬物療法の目的とは?

強迫性障害の薬物療法で主に使われるのは、抗うつ剤の1つで脳の中の神経伝達物質の1つセロトニンの量を調整する働きがあるものを使います。

認知行動療法の目的は?

認知行動療法は、心理学を用いた治療法になります。専門の医師により、患者の認知や行動を変えるために働きかけます。強迫性障害をよく理解している治療者のもとで治療を受ける事が必要です。

症状をコントロールする為には?仲良くつき合う事!

私たちは日々の生活の中でストレスを感じる事なく過ごす事は、とても難しい状況の中に居ます。むしろ、ストレスや不安を感じる事は当然と言えるでしょう。

強迫性障害の治療が進み、改善される中で再発等を防ぐ為にはこのようなストレスや不安を感じた時に焦らない事が大切です。その様な時には、強迫観念から強迫行為にならない為にも一休みをしましょう。疲れをためないようにして、焦らずに仲良く付き合っていきましょう。

ストレスと仲良くとは?

強迫性障害になりやすいのは、まじめな人に多いのです。そんな自分をしっかりと知ったうえで、ストレスを上手に避けられるようにして無理をせず生活をしていけるようにする事も大事な事です。

まとめ

強迫性障害について、どのような病気なのか、症状について、治療方法について、再発防止の為にどうしたら良いのかについてなど調べました。

強迫性障害は、けっして珍しい病気ではありません。よくある病気ですが、患者さんが病気とは認識せずに自分の性格によるものと考えている事が多いのです。

また最近では、正しい治療をはじめる事で治る効果が期待出来る事も分かってきています。もちろん、症状は人によって違いますので個人差はありますが効果はあります。

たとえ、治療中であっても無理のない生活が出来る事で再発も防ぐ事が可能になり普通に生活していく事が可能になるので気がついた時には早めに専門医にて治療を始めましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ