仕事でミスが続いてしまう?それはうつ病のサインかも!

仕事で集中力が上がらずに、ミスが続いてしまうことがあります。それはもしかしたら、うつ病のサインかもしれません。うつ病になると、集中力や思考力が上がらずに、いろいろなところでミスが出てしまいます

ミスが続くことで、自分を責めてしまうと、それは負の連鎖となってうつ病を重症化させます。そこで、うつ病がどんな病気かを説明し、仕事のミスがどううつ病につながるのかを解説します。

ミスが続いてしまう!なぜ集中力が落ちる?

仕事でミスが続いてしまうことがあります。そのときに、仕事に身が入らない感じがして、どうしようもないときは、疲れている可能性が高いです。しかし、疲れているのに休めないことがあります。焦燥感を感じて、何となく「このままではダメだ」と思ってしまうのです。

ミスが続くと負の連鎖が起こる

ミスをすることで、焦ってきます。それで、なおさら休むことができずに、仕事を続けようとします。しかし、疲れて身が入らないのでミスが続きます。その連鎖で、仕事上の評価も下がり、なお焦ってミスをしてしまいます。それはもしかしたら、うつ病かもしれません。

うつ病で集中力が落ちる?うつ病の症状とは?

うつ病になると、集中力や思考力が落ちます。なぜならうつ病は、心と体のエネルギーがかなり落ちた状態になっているからです。エネルギーがなくなっているために、仕事に対して集中できません。集中できなくなると、ミスが増えてしまいます。

うつ病は身体症状もある

うつ病は、体がだるく、重くなるといった身体症状も伴います。それは、体を動かなくしてエネルギーを消耗させないためです。体も辛い状況になるので、症状が重くなってくると次第に何もできなくなってきます。

重症になると本当に何もできない

そして、うつ病が重症になると、本当に何もできなくなってしまいます。1日寝て、合間にご飯を食べるだけ、という状況になります。この頃は、ひたすらにエネルギーを-回復しようと、体が行動をセーブしているのです。うつ病は本当に辛い病気なのです。

疲れているのに気がつかない!うつ病は本当は防衛本能!

うつ病になる人は、自分の疲れを感じにくいといわれています。なぜなら、責任感が強くて、無理して頑張ってしまう人が多いからです。無理することが常態化すると、体が疲れていることを感じにくくなります

体を守るためにうつになる

そのために、本当に体が疲れて悲鳴を上げてしまうと、うつ病になって体を動かなくさせてしまうのです。その過程で、集中力が落ちたり、何も考えられずにボーっとしてしまったりします。そのために、仕事でミスが増えてしまいます。

見逃してはダメ!うつ病のサインを見分ける3つのポイント!

なので、仕事上でミスが増えてきたときに、もしかしてうつ病かもしれないと疑うことが大事です。では、どんなときにうつ病の危険性があるのいえるのでしょうか。その3つのポイントを紹介します。

  • 普段はしないミスをする
  • 同じミスを何度も繰り返してしまう
  • 作業などの記憶が飛んでいる

普段はしないミスをする

自分の作業を振り返って、いつもしないミスをするときは、疑ってみると良いかもしれません。普段しないミスをするというのは、疲れが溜まっていたりして、集中できていない証拠です。

同じミスを何度も繰り返してしまう

同じミスを何度も繰り返してしまうのも、疲れている証拠です。なぜなら、ミスをしたときに、同じミスをしないように気をつけるものですが、それをしないということは、エネルギーを温存しようとしているからです。そういう時は、休んだほうが良いでしょう。

作業などの記憶が飛んでいる

作業中の記憶が飛んでしまうのは、注意力がかなり落ちているからです。そのために、自分がどういう風に作業をしたのかわからなくなっています。これも、エネルギーを温存しようとしている証拠なのです。

早めに見つけよう!うつ病のサイン!

うつ病を早く見つけることができれば、重症化することなく治すことができます。なので、うつ病の早期発見のために、自分のいつもの仕事の内容をチェックする癖をつけることが大事です。チェックしたときに、集中力が下がっているような傾向があったら、早めに休んだりする必要があります。

責任感もほどほどに

前述しましたが、うつ病になる人は責任感が強く、無理して仕事を頑張ってしまいがちです。そういうときには、長い目で見て、ずっと働けることが大事だと理解して、休むように心がけてください。うつ病が重症化したら、1年以上のブランクが発生するかもしれません。それを考えたら、休むことが1番なのです。

まとめ

集中力が落ちて、仕事でミスを連発することがあります。それはもしかしたら、うつ病のサインかもしれません。いつもしないようなミスをしたり、同じミスが続いたりするようなら、疲れからうつ病になりかけているかもしれないと思ったほうが良いです。

うつ病は、早期発見できれば、休む期間も短くすることができます。そして、長い目で見れば、一時期休んだとしても、重症化して1~2年と休むよりはいいはずです。早めの受診と休養が、うつ病には大事なのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ