パーソナリティ障害とは?知っておきたい5つのポイント!

パーソナリティ障害という言葉を知っているでしょうか。パーソナリティ障害とは、心的疾患のひとつで、別名『人格障害』と言われる疾患です。

この症状は考え方や言動が周囲の人と相いれる事が出来ず、衝動的な行動に出てしまうといった症状が多く現れます。また、この疾患は人によっても現れる症状に違いがあるため、一概に判断する事が難しい疾患とも言えます。ここでは、パーソナリティ障害について、詳しく紹介していきます。

パーソナリティ障害?認知度はまだまだ低い!

パーソナリティ障害は、以前は人格障害と呼ばれていた疾患です。また、通常の生活への適応が難しく、偏った考え方や言動を発する事から、周囲からは理解が得られず「性格が悪い」などと疎まれたりするケースがありました。本人には自覚症状がないため、その結果、自然と周囲と距離を置くようになるのです。

パーソナリティ障害の原因!幼少期が影響?

パーソナリティ障害は、幼少期の経験が原因です。まだ明確に解明されていない部分がありますが、生まれ持っての特性や、幼少期に経験した事がトラウマとなって自身の深い部分に残ってしまっている事が主な原因なのです。また、育ってきた環境や付き合いなどの外的な要因が原因となっている場合もあります。

パーソナリティ障害の症状?具体的に解説!

パーソナリティ障害の症状は、医学的に大きく10に分類され、更にタイプ別に3つに分類されます。パーソナリティ障害の症状は人によって様々であるため、単純に分類できるものではないのです。また、「そういう性格だから。」と周囲も間違った理解をしてしまう場合もあり、症状が更に悪化してしまう恐れもあるのです。

医学的な分類方法とは

医学的な分類方法とは、アメリカ精神医学会による分類方法を指します。国内でも、この分類方法を用いて診療にあたっているのです。また、分類にあたっての基準となるのは、パーソナリティ障害の特性です。この特性を基準にA群、B群、C群の3つに分類し、診療方針の目安としているのです。

A群の主な特徴とは

A群の主な特徴は、「統合失調症によく似た症状」を指します。統合失調症とは、自覚している事が少なく、時には「かい離(現実の事象と自己の概念がかけ離れる事)」を伴う事がある心的疾患です。

具体的な特徴としては、風変わりな考え方や行動が主な特徴であり、これは総合失調症と類似しています。また、疾患の種類としては、「妄想性パーソナリティ障害」、「シソイドパーソナリティ障害」、「総合失調型パーソナリティ障害」などが挙げられます。

B群の主な特徴とは

B群の主な特徴は、ストレスにたいする弱さや感情的な態度を表す症状の事を指します。客観的な自分に対する評価は出来るのですが、それが時と場合によって著しく変化してしますのが特徴です。

具体的な特徴としては、感情の起伏が激しく情緒不安定な状態が見られます。また、突発的な行動に出るため周囲の人を巻き込んでしまうのです。種類としては、「反社会性パーソナリティ障害」、「境界性パーソナリティ障害」、「演技性パーソナリティ障害」、「自己愛性パーソナリティ障害」などが挙げられます。

C群の主な特徴とは

C群の主な特徴は、パーソナリティ障害の症状でA群やB群にあてはならない症状を指します。さらに、他人の評価を気にすることや、不安感が強く自分に自信が持てないために主体性が欠損し、その結果、他人に依存してしまうといった傾向があります。

具体的な特徴としては、不安が強く受動的な面を持つ事が多く見られます。疾患の種類としては、「回避性パーソナリティ障害」、「依存性パーソナリティ障害」、「強迫性パーソナリティ障害」などが挙げられます。

パーソナリティ障害の治療!改善の可能性は?

パーソナリティ障害の治療には、「認知療法」と「行動療法」の大きく2通りの治療法があります。ただ、心的疾患は、風邪などの疾患と違い1週間程度で完治する様なことはありません。半年、1年、もしくは、それ以上といった長い期間を要する疾患ですので、焦らずに、病と上手に付き合うことが大切です。

認知療法での治療

認知療法とは、定期的なカウンセリングなどにより、患者の物に対する考え方や受けとめ方(認知度)といった患者自身の心に働きかけ、気持ちを楽にするとともに、行動をコントロールしていく治療法です。現在、大きな病院などでは認知療法のスペシャリストとして「臨床心理士」が在籍している所もあります。

行動療法での治療

行動療法とは、間違った学習を正し、きちんとした学習を行う事により症状そのものを軽減していく治療法を指します。つまり『以前、何かの行動をした事により失敗や挫折をした』。これが行動療法で言う間違った学習という事になります。失敗や挫折は心にダメージを与え、やがて不安要素に発展し行動が委縮してしまいます。

多くの患者さんの場合、このように不安な要素を抱え込んでいて、そのはけ口を見いだせないために、自律神経に支障をきたす結果となります。行動療法は、失敗しないための方法を見つけ出し、疾患そのものに働きかける。いわば、身体の表面的な部分から治療を行う事が行動療法なのです。

治療が難しいケースも

一方、パーソナリティ障害の中には治療が難しいケースもあります。パーソナリティ障害には多くのタイプが存在し、また、症状の出方も人それぞれ違います。例えば、Aさんは「劇場型が少しと自己愛型が少し、それと中度の統合失調が入っている」、Bさんは、「ちょっとだけ統合失調が入っている境界性」というようなケースがその例です。

医師によって、きちんとした診断が出来ているのであれば問題ないのですが、心的疾患の場合、患者さん一人ひとりの症状に合わせた【完全オーダーメイドの診断】になります。また、症状が複雑な分、一度や二度の診察では判断が難しいのも事実です。このように、症状が複雑に絡み合うほど治療が難しくなる場合があるのです。

大切なことは何?まずは自分と向き合うこと!

パーソナリティ障害を知る上で大切なものは何か。それは、自分を知る事です。同時に、周りの人の意見をきちんと聞く事です。「こういう性格だから」、「こういう人間だから」。いいえ、本当にそうなのでしょうか。

きちんとした病名を知る

もし、少しでも「どうも変だな」と思ったら病院に行きましょう。心的疾患の情報はネットの世界にも溢れています。また、専門書も多数出版されていますが、自分で判断する事はとても危険です。事前知識としてであれば良いですが、速やかに病院に行き、きちんとした病名を知る事がとても重要なのです。

まとめ

ここで、パーソナリティ障害についてまとめます。

    <知っておきたい5つのポイント>

  • パーソナリティ障害の認知度は低い
  • 原因は幼少期の経験が影響している
  • パーソナリティ障害の症状は種類が多い
  • パーソナリティ障害は治療が難しい場合もある
  • 大切なのは自分を知ること

パーソナリティ障害の多くは、他の心的疾患と違い周囲の人からは勘違いされやすい疾患です。また、自分自身では気付かない場合が多いのもパーソナリティ障害の特徴です。社会に対する適応や周囲の人との交わりなど、これらに少しでも疑問を持ったら、周囲の人は診察を勧めてみましょう。

パーソナリティ障害には治療が難しいケースもあります。ですが、改善されないわけではありません。きちんとした診察を受け、パーソナリティ障害と診断されたら、まずは、治そうとする気持ち、治りたいという意思をしっかり持つ事が重要です。しっかりと向き合い、改善に向けて前向きに取り組みましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ