快眠の為に重要な事はなんですか?適度な運動と光と食事です

快眠する為には、睡眠の質を高める事が重要なのです。しかし睡眠の質を高めると言っても中々そのような事なのかわかりにくいですよね。快眠する為に気をつけないといけない事や快眠する為に行った方がいい事があります。

快眠をする為には、睡眠の質を妨げる悪い要因を除き、快眠する為にするべきポイントを調べて見ましたので参考にして下さい。

快眠できないとは?睡眠の質が浅い

快眠出来ないと寝ても寝ても疲れが取れない感じがしてしまいます。このような時は睡眠の質が低く眠りが浅く低い状態となっています。

睡眠の質が悪くなるのは?

睡眠の質が低く眠りが浅い時の原因は心配事が多くリラックスが出来ていなかったり、仕事や人間関係でストレスを抱えている事が多くあります。また多くの生活習慣などが起因している事も問題となっているのです。

快眠する為に気をつける生活習慣は?要注意はこれ

快眠する為には、まず快眠を阻害する要因を抑えてそれをしないようにする事が大事です。しかし現代人の生活においては知らず知らずの内に生活習慣となってしまっている事が多いので注意が必要です。

快眠を阻害するのは?

快眠を阻害する要因は聞けば聞くほどあるある状態となってしまうことばかりです。次のような事は快眠の為にはNGなので注意して下さい。

    <快眠を妨げる要注意習慣>

  • 寝る直前の食事
  • 就寝前のはげしい運動
  • 寝る直前の熱めの湯船に浸かる
  • 就寝前のコーヒーなどのカフェインやアルコール
  • パソコンやスマホをいじる

なぜ控えた方がいいの?

就寝前2~3時間は、睡眠の準備に入る為にリラックス状態を作る事が大事なのです。その大事な時間にこのような事をして脳に刺激を与え交感神経を活性化させるような行動をしたのでは快眠の阻害となってしまうのです。

快眠する為には?睡眠の質が大事

快眠をする為には睡眠の質を高める事が大事なのですが、睡眠の質とはどのような事なのでしょうか?睡眠の質は脳や身体がリラックスしている事が大事なのです。

脳や身体のリラックス?

脳や身体をリラックスさせる事に深く関係しているが自律神経のバランスなのです。自律神経は自分では中々コントロールする事は難しいのですが、ちょっとした工夫で自律神経にこれから睡眠に入る事を伝える方法があるのです。

どのような方法?

それは実は簡単な事で常に寝る前に行う事を決めてルール化する事なのです。その事を行う事でこれから睡眠に入りゆっくり寝ると自律神経に思わせるのです。簡単なルールとしては寝る前にコップ一杯の常温の水を飲むというのはお勧めです。

快眠する為に必要な事は?運動と食事と光

快眠する為には阻害する要因を取り除く事以外に逆に行った方がいい事もあります。それはどのような事なのでしょうか?実は快眠促進のためのポイントは運動と光と食事なのです。

日中の適度な運動

快眠する為にとても効果があるのが、日中に行う適度な運動です。日中に運動を行う事でストレスなどの解消効果や睡眠ホルモンであるセロトニンの分泌を促す事ができるのです。

食事ではこれが大事です

快眠する為には実は食事も非常に重要なポイントなのです。快眠をする為には必要なホルモンがあり、それはメラトニンという物資でトリプトファンという必須アミノ酸が原料となるのです。しかしトリプトファンは体内で作る事が出来ないので食事によって補給する事が必要なのです。

寝る前に光の刺激を浴びない

現代人が最もしてしまいがちな生活習慣が寝る前のテレビやスマホです。又、仕事柄深夜の仕事で不規則な生活習慣の人も必要以上に寝る前に光を浴びてしまいます。寝る前に光を浴びると体内時計が狂ってしまい寝付けなくなったり、眠りが浅くなり快眠出来ない状況となってしまうのです。

起きたら太陽

夜の快眠を促進する為には、朝の目覚めを良くする事もポイントの一つなのです。その為に行って欲しい事が朝起きたら太陽の光を浴びて脳の覚醒を促進して目覚める事です。これをする事によって体内時計がセットされるのでメラトニンが分泌されやすい身体になるのです。

どうしても快眠出来ない時は?瞑想がお勧めです

眠りたいのに眠れない、寝なければと思えば思うほど眠れなくなってしまいます。このような時にどうしますか?

瞑想をするといい!

昔なら羊の数を数えたりしますが、快眠の為にいい方法としては実は瞑想がお勧めなのです。瞑想というとやった事が無い人にはちょっと敬遠してしまいがちですが、今や大学などでも研究されその効果はお墨付きなのです。

瞑想の方法は?

瞑想と言ってもそれ程難しく考える必要はなく簡単な方法としては、まず口を閉じて4つ数えながら鼻から息を吸い込みます。次に7つ数えながら息を止めた状態でキープ、最後に8つ数えながら口からゆっくり息を吐きます。これをワンサイクルとして3回ほど繰り返します。こんな簡単な方法で脳のストレスは解放されリラックス効果が上がるので試してみてください。

まとめ

現代人は普通に過ごしている生活習慣によって体内時計を狂わされがちな生活をしています。快眠は1日の行動に大きく影響を受ける為寝る時だけ気をつけても手に入らないものなのです。快眠を手に入れる為には朝起きた時から寝る直前まで体内時計をくる合わせる行動をしないようにして、更に寝る2~3時間前には寝る為のリラックスモードに持って行ってあげる行動が重要なのです。

生活習慣改善のポイントは、適度な運動と体内時計をコントロールする光、そして睡眠ホルモンを作る為に必要な栄養素を吸収する食事を意識する事です。日々の暮らしの積み重ねで必ず快眠できるようになるので意識してみて下さい。そしてどうしても寝付けない時には瞑想を試してみて下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ