ただの自惚れ屋じゃない?自己愛性パーソナリティ障害の5大特徴

なぜだか自己評価が異常に高い人、クラスや職場に一人はいませんか?誰よりも何かがズバ抜けて優れている訳ではないのだけれど、些細な誰かの一言を自分を賞賛する言葉だと勘違いしてしまったり、その勘違いを恥ずかしげもなく自慢してしまい、周囲は引いてしまう。

認められなければ、認められないほど、認められたい欲求は高まり、ちょっと困った存在だと思われて周囲からは浮いてしまうような人が多くみられる自己愛性パーソナリティ障害の5つの特徴についてまとめて行きます。

とにかく凄いと言われたい!過剰な自己顕示欲!

尊敬されたり、羨望の眼差しで見られることに、この上ない幸福を感じます。同時に、それらを得る事ができないと、非常に不安に感じ存在価値のない人間ではないかとさえ思ってしまいます。

特別な存在である意味

褒められたり、尊敬されたり、賞賛されたりする事、つまり周囲からの高評価がこのタイプの人たちにとっては生きていく糧です。食事や酸素などのように自分が生きていくために必要不可欠なものなのです。特別な存在である事の意味は、もはや生きていくための条件とも言えます。

過剰な自己顕示欲の源

SNSなどで「いいね」が欲しくて身の丈以上の自己顕示をしてしまい、とんでもないことになってしまったり、大変な問題に巻き込まれてしまうような人に多く見られます。

普通の事をしていたり、ちょっとくらい人より優れていただけでは、日々の行動の一つ一つを賞賛されたり、尊敬されることは困難です。誰にでも、ちょっと自慢したい事はありますが、このタイプの人たちにとっては自己顕示する事で生きる糧を得ようとしているのです。

他人を踏み台にする!自分の成功が唯一無二!

いわゆる自分の出世のためなら、他人を踏み台にするのが当たり前。と思っているような行動をとりがちです。罪悪感を微塵も感じさせないため、身近にいる人からは、付き合いたくない。そう思ってしまわれがちです。

評価は気になる

自分が気になる相手や対象、つまり上司であったり先輩であったり、自分のことを認めて欲しいと思う相手からの評価を非常に気にします。もはや気にするというレベルを超えて、それしか考えられない。とさえ言えるでしょう。

そのためであったら、自分が踏み台にする人たちの事なんて眼中になく、ただ自分が気になる相手からの評価を得るためには手段を選ばない。と言った所です。

批判はもっと気になる

所詮、誰かを踏み台にして誰かの手柄を横取りして名声を得たような状態です。ですから、実力が伴わなかったりして、アッという間に化けの皮が剥がれてしまう事も珍しくはありません。

そして、化けの皮が剥がれてしまうと、途端に賞賛は批判に変化します。批判されることは自分の全て、全人格を否定されているような気分になり、再起不能の衝撃を受けて立ち直れなくなるかもしれません。

話題を振らない!自分の自慢話以外は興味なし!

自分に好意を持ってもらいたい。その気持ちには偽りはないでしょう。つまり賞賛されたり尊敬される事が好意だと思っているために、そうした評価を求め、自分の自慢話ばかり。でも結果は、普通に考えれば明らかです。

話し続ける理由

もしも自分が気になる相手がいたら、相手の事を知りたい。そう思うものではないでしょうか?しかし、初対面だったり、それほど近い関係ではないにも関わらず、自分の話題ばかりを話し続ける人がいます。

きっと、気を使って話してくれているんだ。そう感じた相手が自分の事を話そうとしたら、その話題さえも自分の話題とすり替えて、結局は一人舞台のような状態になり周囲は聞き役に徹する事になり微妙な空気感が漂う事があります。

相手の事を知って話を膨らませるのではなく、まず自分の事を相手に知らせた上で、気を使ってね。という無意識のメッセージとも言えるでしょう。相手の事を知るつもりも、知って自分が何かをしようとは思っていないからこその行動だとも言えます。

徹底的な自己中

よほど話すよりも聞いている方が好き、という人でもない限り、毎回毎回、自分の事だけ話して満足。というタイプの人とずっと一緒に話していたいとは感じないはずです。ですから、少しずつ距離を取られるようになると、その理由や原因が自分の一人語りにあるとは気づきません。

ですから、もっと知ってもらわなくては、と思って追いかけます。しかし、追いかければ追いかけるほど、相手は距離を取ろうと避ける。という残念なサイクルに陥ってしまう事になるのです。客観的に見れば「なんて自己中!」と思えたり言われたりしてしまうのです。

人を見下しがち!特別な存在だという思い込み!

人間関係の中で無意識にというか、反射的に上下関係を作ったり、既にある関係を見抜くことに長けています。そうやって、根拠のない支配を重ねて安心感を得ようとします。

上だと認めた人

肩書きを持っていたり、会社や集団の中のトップやリーダーになっている人は、それだけで大好きだと言えるでしょう。その集団の中で発言権を持っていたり、自分が意見したりできないような存在感を持っている人には一目置きます。

そして、自分が上だと認めた人には、徹底的に認めてもらおうと媚びへつらう事も厭わないでしょう。そこまでする理由は、その人に認められる事が、その人と同等の立場になったという勘違いがあるからです。

下だと認めた人

自分が見下した人に対しては、年齢や立場などの一般的な上下関係は全く通用しないと言えます。自分の言いなりになって当然だと思っていますし、自分に媚びへつらうのが当たり前だという認識を持ってしまっています。

それは、自分が上の立場だと思い込んでいる人に対してやっている事と同じ事を他人に求めているだけのことなのですが、周囲から見れば、権力のしもべのようにしか見えず、好感を得る事は難しいでしょう。自分を認めて欲しくてもがけばもがくほど人は離れていく残念な結果となっていきます。

権力が大好き!特別扱いされると異常に喜ぶ!

前の項の自分は特別だと信じ込んでいる。という点から、繋がると言えば繋がりますし、矛盾すると言えば矛盾する流れのように感じるかもしれません。でも、特別な存在であると信じている自分に自信がないため、さらなる自信を得ようと「もっと」を求めてしまうのです。

喜ぶ特別扱いパターン

どんな事を特別扱いだと感じ、喜ぶのかをリストにまとめました。

    <自己愛性パーソナリティ障害の人が喜ぶ特別扱いのパターン5つ>

  • ダイレクトに「あなただけ特別に」という言葉
  • 集団の中で、どんな理由であれ自分だけが選ばれるという場面
  • 自慢話に対して単純に賞賛を与えてくれる存在
  • 「おまけ」「上乗せ」など、何かしらのプラスαがあった時
  • 揉め事や喧嘩などで自分を味方してくれたと思う出来事

永遠に求められる

一度、特別扱いをされると、その時の快感や、この上ない喜びを忘れられずに、それを永遠に求め続けます。もしも、与えてくれた相手が身近であれば、その人を自分の特別扱い専属スタッフのように扱うでしょう。自分を賞賛したり特別扱いする事を強要するかもしれません。

もしも、適当にあしらっていたら、どこかで諦めるだろう。そう思って適当にあしらっていると、相手は勘違いしたまま期待や要求だけを大きくして「もっと、もっと」と果てしなく追いかけてくるでしょう。

まとめ

自己愛性パーソナリティ障害の人は、一見、勘違いナルシシストさんのように思われて、友達にはなりたくない。仲良くなんてできないと嫌われてしまいがちです。

しかし、本当は自分で自分を認めてあげられないが故に、他人に過剰な「もっと認めて」を無意識のうちに求めてしまい、それがやがて強迫的な押し付けとなり、人間関係に問題をきたし、やがて破綻してしまう。そんな厄介な障害を抱えている人なのです。

ただの嫌な奴だと切り捨てたり、攻撃したりする前に、少しじっくり観察してみて傾向を知った上で、適切な距離感を持って付き合うと良いかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ