30代新米公認会計士の苦労 男性 監査法人勤務の公認会計士 33歳 E.N.さん

監査法人勤務の公認会計士は金銭面での待遇や仕事のやりがいについて、とても好条件であると思われます。実際私は社会人経験が8年程度ある状態で監査法人に未経験者として入所しましたが、給与面では前職に比べて落ちることはありません。

しかし、監査未経験者が監査法人に入所する際には人間関係では苦労をすることになります。

監査法人は基本的に年功序列

監査法人では原則、公認会計士試験合格者以上が入所することになるため、公認会計士試験合格ということが特別な意味を持つことがありません(合格をしていないと入所できないことを考えれば意味はとてもありますが)。

また、監査業務はチームで行う業務であるため、長く経験している人がいろいろな面で有利になるということもあり、年功序列な面がとても強くあります。年功というのは、あくまで監査法人での経験年数であり、社会人経験の長さではありません。

そのため、私のように社会人経験は長くても、監査法人では新米であるため、極端なことを言えば、新卒2年目(23歳)の先輩から指示を受ける立場になります。30代の新米では、チームの先輩はほとんどが年下であることが多く、先輩も30代の新米の扱いに困るような面もあり、進んで自分の立場が下であることを理解していることをアピールする必要があります。

私はそこまでしていませんが、ある30代の新米の方は、先輩たちに親しみをもってもらうようにいじられキャラを演じているというようなこともあります。

試験合格者と非試験合格者の差は絶対的なもの

私は試験合格者の立場で入所しているため実際に体験しているわけではありませんが、試験合格者と非試験合格者の差は絶対的なものです。

ここ数年は特に試験合格者でなければ入所ができないという状態ではありましたが、最近は監査法人の人手不足が挙げられていてアシスタントとして入所する人も増えています。しかし、このアシスタントとして入所するというのは考えものだと思われます。

なぜなら、将来公認会計士として働くための職場はあっても、働きながらで公認会計士試験に合格できる保証があるわけでもなく、さらにアシスタントは試験合格者と同じ業務ができるわけではないこともあげられます。

私の場合は、上記の2つめについては試験合格をしてから入所しているため関係はありませんが、1つめについては日々よく考えて行動をしています。

基本的には自分の至らないことを謙虚に受け止めこまめにメモをとったり、進んで雑用をしたりして年功序列の組織になじむような努力をしております。この点だけを気を付ければ監査法人はとても待遇がよく、また勉強になることも多いのでとても充実した生活を送れていると思われます。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ