睡眠障害は何科にかかればいいの?内科ではいけない理由とは?

季節の変わり目になると、良く眠れない、沢山寝ているのに眠い、夢ばかり見て寝た気がしないといったことを口にする人がたまにいます。

他人事だから関係ないと思ったり、元々そういう体質だからそのうちどうにかなるはずと流してしまいがちです。

ところが、気付けば突然何もする気が起きなくなってしまううつ病などの精神疾患を始め、糖尿病といった生活習慣病につながりかねないことがあるので、要注意です。

私はワガママ?症状を見極める方法とは?!

「最近、良く眠れないんだよね」と口にした時、「そんなのみんな一緒だよ」と人から言われると、それなら単にわがままだっただけなのかなと思ってしまいます。

ところが、1週間ほど経っても布団に入ってもなかなか寝付けなかったり、睡眠は取れているのに小刻みに起きたり、ぐっすり眠っているのに昼間に何度も眠気が出るのであれば、それは体が不調を訴えている証拠です。

仕事上、不規則な生活習慣や食生活をせざるを得なかったり、運動不足なのであればそこに原因があるはずですが、きちんとした生活を心がけているのにと言う場合は一度医療機関に相談しに行った方が良いでしょう。

次々に起こる謎の症状!内科ではダメ?

体に異常を感じたら、かかりつけの医院に行ってみようと考える人が多いでしょう。どういういきさつで症状が出たのか説明する必要がありますが、睡眠導入剤や抗うつ剤を出され、様子を見て下さいと診察が終わってしまうことがほとんどです。

ところが、睡眠症状が治まったと思えば肩こりや頭痛、女性ではほてりやめまい、生理痛と言った婦人科症状に悩まされ、他の医療機関を次々に受診する人もいますが、経済的にも辛くなってしまいます。

内科で1か月程度様子を見て異常がないのであれば、精神科や心療内科を受診してみましょう。睡眠障害は勿論、沢山症状が出てしまう原因は、意外にも無意識のうちに溜まったストレスが引き金となっていることがあるからです。

電話帳やホームページを開けば、メンタルクリニックと書かれた医療機関があるはずで、内科や神経内科と併設しているところもあります。

どこへ行っても治らない?そうなる前に精神科へ!

とはいっても、精神科と聞いて周りから偏見を持たれたくないとか、暗い人が多くて気が滅入りそうというイメージを持ち、行くのをためらってしまいがちです。

実際はプライベートを守るため、先生や看護師さんと1対1で血液検査中心に日頃の出来事を気楽に話す感じで大きな検査等はしません。待ち時間は外出も出来ますし、他の方との関わりもありません。

本好きの先生であれば人生に役立つ本を勧めてくれて、貸し出しをしてくれるところもあります。社会人の為に夜遅くまで診察してくれるところもあります。初診は予約しないと見てくれません。

1か月先まで予約が取れない場所もあるので、交通の便も含め、なるべく早めに問い合わせをしましょう。再診であっても2時間待ちは普通のようです。

行くのが恐い?そういう時は誰かに助けを求めよう!

いかがでしたか。うつ病や糖尿病、高齢者に多い認知症は、脳の睡眠をつかさどる神経が関係して起こる病気なので、初期症状に睡眠障害があります。

風邪のように咳や熱が出て、誰もが体験しているから理解してもらえる症状ではないので、なかなか伝わりにくく、自覚することも困難なので、おかしいなと思った時点で行動することが大切です。

受診をためらっている人がいたら、一緒に付き添ってあげるのも心強いと思います。近くに病院がない場合は、医療機関に詳しい知人や市の社会福祉関係の窓口に相談し、一人で抱え込まないことが大切です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ