注意!体を冷やすとうつになりやすいです

冷え冷えはうつの原因の一つにあげられています。人はストレス状態が長く続くと血流が悪くなり、体温も低下します。

これは、ストレスが原因でずっと交感神経が緊張しつづけているからです。この低体温が引き起こすさまざまな体の不調がさらにストレスを増やしていきます。低体温は免疫不良や基礎代謝の低下をなどを引き起こします。免疫が低下すると、風邪もひきやすくなります。

また、肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、不眠などの不快な症状をひきおこします。病気ではないが、体調が悪い日が続き、さらに疲労感がましていきます。このようにストレスと低体温による体の不調がうつを引き起こします。

低体温はほかの病気を引き起こす

うつが続き低体温の状態が長くなると、他の大きな病気を引き起こしかねません。逆にいうと、体を冷やさないなら体調もよくなり気も晴れます

重かった体が軽くなれば、気持ちも軽くなるはずです。湯上り直後は体も温まり気分もいいです。体が温まって血行が良くなると免疫力と代謝が上がります。そして、副交感神経が優位になります。副交感神経が優位になると体はリラックスした状態になります。

交感神経が優位な緊張状態から副交感神経が優位なリラックスした状態になると、うつ傾向の強い気持ちが前向きになります。体を冷やさないために、食生活から見直した方がよいでしょう。

体を温めるのに生姜がおすすめ

ダイエットしている女性に多いのが生野菜ばかり食べて体を冷やしてしまう人です。やはり体を冷やさない食べものといったら生姜です。もうすっかり定番になった生姜紅茶もチューブ入りの生おろし生姜を使えば簡単にできます。

生姜がにがてな人も、お茶にほんの少しだけ入れただけでも効果がありあますから、是非チャレンジして下さい。他にもニンジンやリンゴにネギ、トウガラシ、かぼちゃ、ニンニクなど体をあたためます。

ニンニクは生で食べるとお腹をこわすこともあるので、火を通してから食べるようにしてください。ニンニクも好き嫌いが分かれる食材ですが、栄養も豊富で健康には非常にプラスな食品です。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ