なぜ何となく眠れない日が続くの?睡眠障害の原因ストレスかも!

毎日の疲れが溜まっているのに、何となく眠れない日が続いている。風邪で、咳き込んでいるわけでもなく特別に体調をくずしているわけでもない。

眠りについても、直ぐに目が覚めてその後も何度か同じ事を繰り返す。そうしているうちに、眠れない事に対してイライラしてよけいに眠れなくなる。そして、昼間眠くなる事や仕事等にミスが出てくるようになり心が疲れてきます。

それは、ストレスが原因になっている睡眠障害を起している可能性が大きくあります。そうなんです、ストレスも不眠の原因になります。今回は、このストレスによる睡眠障害について調べました。

睡眠障害とは何の事?睡眠を妨害する症状の事です!

睡眠は、人が生きていく上で身体を健康に維持していく為にも頭を働かせる為にもとても大切な事になります。睡眠をキチンととる事で、気持ちよく毎日を過ごす事が出来ます。

そんな睡眠を何らかの事が原因になって、現れる症状により睡眠を妨害されてしまう状態を睡眠障害と言います。不眠の症状は、大きく4つに分ける事が出来ます。

4つに分ける症状とは?

不眠の症状は大きく分けて4つに分けられます。その症状をキチンと把握して、専門の医療機関で診察を受け治療を受けられる事をお勧めします。

    <睡眠障害の4つに分けられる症状とは>

  • 入眠障害、なかなか寝つけない
  • 中途覚醒、夜中に何度も目が覚める
  • 早朝覚醒、予定よりも早く目が覚める
  • 熟眠障害、寝ても寝た気がしない

睡眠障害の原因は?生活習慣からストレスまで色々!

睡眠障害の症状は人によって様々で、原因も色々とあります。簡単にほんの少し生活の習慣を見直すだけで対応出来るケースもあれば、専門の医師の指導の下治療が必要なケースもあります。

専門的な事が判らなくても、自分が眠れない原因に生活習慣があるかないかを考える事は出来ます。また、治療の為にも睡眠障害の原因になっている事を探してみましょう。

睡眠障害の原因とは?

人に大切な睡眠を妨害する事の原因となっているものは色々とあります。よく見られるものを下記に挙げましたので、参考にしてみて下さい。

    <睡眠障害の原因としてよく見られること>

  • ストレス
  • 身体の病気から来る
  • 精神や神経の病気から来る
  • 服用中の薬や、アルコール、カフェインから来る
  • 仕事の勤務時間、生活のリズムなど環境から来る

原因にストレス?刺激での緊張状態と警告でもある!

ストレスと聞くと、なんとなく嫌な事と思い浮かべる方も多いですよね。でも、悪い事だけではなく楽しい事や嬉しい事もストレスの原因になるのです。

ストレスとは、身体が外部から刺激を受けた事で反応して緊張状態になる事なのです。その刺激となるものは、物理的刺激の生活環境からくるものと、心理的刺激からくるものがあります。この事に気がついたら早目の対応が必要になります。

物理的刺激から来る?

物理的刺激とは、昨今の厳しい暑さや急に変化のある寒さ、異臭による刺激や毎日の抱え込み過ぎている家事の疲労などになります。

心理的刺激からくる?

ストレスによる睡眠障害で1番多く見られます。親しい人との死別、深刻な病気になっている時や仕事での人間関係が上手くいっていない時などです。

心理的刺激が多い?寝ても不安が大きくて寝れない!

ストレスが原因になっている睡眠障害は、寝なければと思いながらも心配な事が次から次へと頭に浮かんで来たりしてなかなか寝付けない事やせっかく眠れたと思ったのに何度も目が覚めて眠れた気がしないという事もよくあるケースです。

会社での人間関係や家庭での人間関係が上手くいかない時に良く見られます。ストレスの感じ方は、人によって差もあり感受性の強い人は人間関係のストレス等で睡眠障害を起しやすいです。

人により差があるとは?

ストレスの受け方も人により様々です。その人の性格等にもよりますが、同じことを注意されても深刻に捉える人もいれば気にする事なく聞き流してしまう人もいるのです。

ストレスが他の病気を?

人の身体にはホメオスタシスという、外からの刺激を受けても体温や血圧・血糖値などの状態をいつも一定に保つ働きがありますが刺激を受けた時に乱れが生じて高血圧等になります。

自分でも出来る予防?体温の工夫と自分の睡眠時間!

ストレスによる睡眠障害で、昼間眠くなり仕事で単純なミスを繰り返して睡眠時間を気にするよりも自分にあった睡眠時間を知る事も大切です。

心の部分は専門の医師の下指導をもらいプラスで自分でも出来る簡単な対処方法をしてみましょう。赤ちゃんが、眠くなると手が温かくなる事は良く知られていますがそれと同じで人は、上がった体温が急激に下ると眠りにつきやすく睡眠も深くなるのでそこを上手く利用しましょう。

自分にあった睡眠時間!

よく6時間から8時間の睡眠時間が良いと、耳にしますが必ずとは言えないのです。人によって、その人にあった時間があります。その人が、翌日にも影響なく気持ちよく過ごす事が出来る時間がベストになるので確かめてみるのもいいでしょう。

少し身体を動かす事!

季節や個人の差もあるでしょうが、身体を温めた後に体温が下り眠りにつきやすくなります。入浴でその状況を作る事も良いのですが、疲れない程度に運動をしてから少しして寝床に入るという事もお勧めです。

まとめ

今回は、ストレスが原因の睡眠障害について、ストレスの要因となる事や自分にも出来る良い睡眠が出来る為の方法について調べました。

睡眠が何かの原因で、現れる症状によって妨害されてしまう状態を睡眠障害と言います。不眠の症状は、大きく4つに分ける事が出来ます。

症状の原因も色々とあり、ストレスが原因の時もあります。そのもとは、心理的刺激が多く人間関係が上手くいかない時に良く見られます。ストレスの感じ方は差があり、感受性の強い人は睡眠障害を起しやすいです。

ストレスが原因の時治療には専門の医師の治療が必要ですが、自分でも出来る対応方で自分の睡眠時間を知る事と体温が急激に下ると眠りやすくなるので工夫してみて下さい。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ