朝食を抜くと「うつ」になりやすい理由は?

うつを患う人の食事のパターンで共通することがあります。

それは朝食を食べていないということです。

この朝食を「食べていない」というのは、「食欲がなくて食べることができない」、「習慣として食べない」などいろいろな理由があると思いますが、様々な研究でわかってきたことの1つにうつと朝食の密接な関係があります

朝食で脳が活性化する?

うつの患者は、不眠などで生活のリズムがボロボロで昼夜逆転という方が多くいます。

しかし、この生活のリズムはしっかりと朝の決まった時間に起床して、朝食を食べることによりうつの克服に必要な生活リズムを整えることに効果があります

また朝食をとることによって、自律神経のバランスを整えるため自律神経失調症からうつ病に進行した方には、特に大事な治療として認識されています。

うつの改善には、神経伝達物質であるセロトニンとよばれる物質が不可欠ですが、このセロトニンはアミノ酸を摂取することによって作られます。アミノ酸を多く含む食品にはバナナ、牛乳、大豆食品、ヨーグルト、まぐろ、かつおなどがあります。

これらの食品を朝食で摂ることによって、脳の活性化に必要な血流がよくなり栄養が供給されます。こころと体は繋がっているので、体のリズムが整えば、心のリズムも整い始めます。

朝食を抜くと仕事でミスをしやすくなる

朝食を抜くことは、脳も体もエネルギー不足となり、頭の回転も鈍くなります。そんな時こそミスが起こりやすいのです。

そして、ミスを起こして自己嫌悪に陥り、自分のミスを責め塞ぎこんでしまうようになります。

さらに、空腹で迎える昼食にはお腹がいっぱいになるまで食事をしますから、当然眠たくなります。すると頭はぼーっとして、回転が鈍くなり、また仕事の効率が悪くなってしまいます。

このように自然と心の疲れが少しづつ溜まっていき悪循環となるのです。

セロトニンを活性化させるアミノ酸を吸収するには、朝食を食べることが最も効果が高いと言われています。そのため朝食を抜くとうつになりやすいと言われています。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ