放置するとどんどん悪化!家族として見逃せないうつの4つの兆候は?

うつには、兆候があると言われています。その為、家族の異変に気が付いたら、専門医の受診を勧めるようにしましょう。

そこで今回は、うつの兆候に当てはまる行動を、いくつかご紹介します。

うつの兆候

兆候1:疲れをよく口にする

まずは、疲れているように見えたり、疲れをよく口にするようになるという事です。

兆候2:好きなことに興味を持たなくなる

また、これまで好きだったものに対して興味を持たなくなるという事も挙げられます。

兆候3:食欲・睡眠の減退

口数や食欲が減り、睡眠不足や睡眠過多などを訴えるという兆候もあります。

兆候4:朝方調子が悪い

さらに、コーヒーやタバコ、飲酒の量が増えたり、朝方の調子が悪くなるという事にも注意しましょう。

放置するとどんどん悪化

こうした兆候に早い段階で気が付けば、その分回復までにかかる時間や手間を短縮できます。

気が付いているにも関わらず、放置するような事は絶対にやめましょう。放置すればするほど、うつの症状はどんどん悪化してしまいます。

その為、気が付いたら速やかに専門医の受診を勧めるのが一番です。

うつのきっかけは?

また、うつにはきっかけがあるとも言われています。このきっかけも、家族としては見逃さないようにすべきでしょう。

きっかけには色々なものがあり、引越しや転勤による、環境の変化も考えられます。さらに、肉親の死といった辛く悲しい出来事が、きっかけになるリスクも高めるとされています。

家族としては、専門医の受診を勧め、通院が始まったらそれで終わりという訳にはいきません。そこで、うつと判断された後の接し方にも注意するようにしましょう。

必要以上に気を遣い過ぎてしまうと、患者にもそれが伝わり、気分が滅入って症状の悪化を招く事もあります。その為、出来る限りこれまで通りの態度で接するようにしましょう。

特別気を遣う必要もありませんし、温かく見守るのが良いでしょう。

1人で背負い込まないで

そして、1人でサポートするのではなく、家族全員でサポートするというスタンスを取りましょう。1人で全てを背負い込んでしまう事は、とても大きな負担となります。

そこで、出来るだけ1人1人の負担を少なくする為にも、それぞれが連携を取りながらサポートするようにすべきです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ