うつ病で休職した後に復職せず転職したい人はどうするべきか?

転職今の会社に戻らずに転職をしたいと言う方よくいらっしゃると思います。

ゆっくり休んだし、もう大丈夫だと。

自分がうつ病になってしまった職場や会社に戻りたくない気持ちはよくわかります。私も休職をしていた時もう今の会社には戻りたくない、ほかの仕事がしたいと思っていました。また、今の会社に戻ったら結局うつが再発するのではないかと恐怖もありました。

現実は難しい

しかし、数カ月会社を休んでいた生活をやっていたわけですから、それをいきなり全力で働ける状態になるのはなかなか難しいものがあります。

そこで、仮に転職をしたいと思っていてもまずは復職をして体調を整え、社会人生活に慣れてから転職することをお勧めします。

復職の利点

復職の利点があるとすれば、それは職場である程度うつ病に理解を持って対応してくれる場合があります。

どういうことかと言いますと、復職支援プログラムのようなものを設けて、まずはリハビリ出勤(時間短縮勤務)をして体を慣らして、その後定時勤務、そして最終的には元の通りに働けるように段階を経て職場での対応をしてくれることです。

これをやってくれれば、体を会社でのストレスに徐々に慣らしていき、元の状態に戻すことも可能です。転職をするならそれからでも遅くありません。

転職を考える方でも、まずは復職して体を慣らしていき、その後転職を行った方が次の会社での失敗率が減るかと思います。いきなりは転職は考えないで、今勤めている会社にまずは復帰して、それから転職を考えると言う流れの方が体への負担が少なくて済み再発率も減ります

転職活動には時間がかかる

しかし、転職活動には思ったより時間がかかります。通常転職を考えだしてから新しい会社へ入社するまで1年程度かかるのが一般的です。

ですので、まずは転職サイトに登録をしてどんな会社が転職可能なのか探しておくのがいいです。実際に行動を起こすことで転職が現実的になるのでやる気も出てきてうつ状態も回復に向かうこともあります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

18 Responses to “うつ病で休職した後に復職せず転職したい人はどうするべきか?”

  1. 川地 憂鶴 より:

    今、休職中です。職場復帰についても無理だと伝えました。転職も考えています。産業医ともあったこともないし、復帰もツライです…それでも復帰したほうがいいですかね?思い出すだけで苦しくなるし、辞めた方が会社に迷惑かけなくて済むし。精神疾患は異常者かなまけ 甘えと思われるんでしょうね…家族があるので焦るんです。また職場復帰したら悪くなったらと思うと…不安だらけです

    • 管理人 より:

      >川地 憂鶴さん
      休職中は先が見えないで辛いですよね。
      ですが、明日会社に行かなくてはいけないわけではないので
      まずは自分のことを考えてゆっくり休んでいいと思います。
      これは「甘え」ではないです。
      復職するにも転職するにも自分の気力がないと出来ないので。

  2. 川地憂鶴 より:

    お返事ありがとうございます。病院でも休養中になぜ就職活動するのか?等いろいろ言われて今カウンセラーの資格取得中ですが、そういう仕事につけたらいいなぁと思い図書館へ行ったり こころの相談所なんかも使って えらい時は寝て過ごす日々でしたが、なんかもうわからなくなった気持ちです…子供たちのためにという気持ちを持っているのですが…不安感増す日々を過ごしています。

  3. 川地憂鶴 より:

    就職活動は難しいですね…今はどうしても求人募集サイトを見てしまう自分がいます。本当にいいところで仕事したいです…焦りと不安は重いです…自分が情けなくて、家族に申し訳ない気持ちです…泣けてきます…いいところ見つかるといいなぁ…普通の生活を送りたいです。((T_T))

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      いいところが見つかるといいですね。
      焦らず探していきましょう。
      きっと見つかります。

      • 川地憂鶴 より:

        こんにちは。毎回 お邪魔してすいません。今日は病院受診でした。特に何もなかったですが…木曜日はこころの相談室で精神科医と会います。何が変わるとかはないですけど。就職活動はなかなか思うようになりませんね…動けないので…自分は甘えなのか?待っていてもなにもないので活動しなきゃと焦りと不安があるのに…情けなく思っています…情けなく…

  4. 川地憂鶴 より:

    環境を変えたくて…職場復帰はまた同じようになりそうで職員とも連絡は一切せず、用があるときは日曜日に行くので、職員と会うこともないく少し楽です…復帰は今の所考えていないので。体制や環境がかわらないのでとまた同じになったらと思うと恐いです。ワークライフバランスで生きたいです

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      無理をせずに自分の思う通りやっていくのがいいです。
      環境を変えるのもありです。
      そのためにはしっかり体を休ませて新しい仕事に向けて
      体を大切にしてしましょう。

  5. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。またまたすいません。今の職場は友達の紹介でした。精神疾患には理解あると言われて入社しました。自分は経験者という事で自分自身と友達 職員の目を気にし過ぎて 仕事内容量もだんだん過酷になりました。正社員で定時で帰れないのも苦痛になり友達 上司にも相談したのですが…なにも変わらなかったです…今回で友達も失い復帰するのも苦痛になり、新たな環境でやりたいと心理カウンセラーや精神疾患 働く人のメンタルヘルスケアに強く意識するようになりました。自分の今の経験を生かし、同じように悩んでいる人の少しでも助け合いたい。身体障害 精神障害者の差別 偏見をなくしていきたいと強く意識しています。長々とすいませんでした。

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      復帰をしてから転職した方がベターではあります。
      その理由は記事でも書きましたが休んでいた体を仕事が出来る体に慣らすためです。
      しかし、今はそんなことを考える余裕がなければ復職を考える必要はありません。
      すでに休職をしているのでまずは復帰をすることを忘れて休職期間で十分に休んでください。
      そして、気力が戻ってきてから復帰するか復帰しないかをじっくり考えてみてください。

  6. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。職場復帰は考えると正直 苦しくなります。前日、書類を夜に取りに行って来たのですが、行く最中 職場についただけで苦しくなりました。誰とも話しせず…今の自分は正直なところ 新しさを望んでいて そんなことを思っていると気が楽になっている自分がいます。ダメですかね…復帰は…

  7. 川地憂鶴 より:

    今 新たな環境を望んで夢見ていると まだまだ体調は良くないしゆっくりと探していこうと思っております。今は1年休養 来年の五月中旬までです。それまでに体調とリハビリして 新たな環境でやりたいと思っていますが…転職も焦らず慎重に探す 今求人サイトでカウンセリングをしてもらい、今の自分の現状 新たな環境を探してもらえる事になっています。そんな事していると気分が軽くなるんです。ダメですかね…

  8. 川地憂鶴 より:

    精神科医からも復職した方がいいから今は休養しているんだ!と強く言われて…自分のこの先の道は復職しかないのかと思って…ただ、自分の中でも介護の仕事今の職場でだめなら環境変えようと思っていました。でも、今の職場でやろうと思ってやってきたのですが やはりメンタル疾患と腰を少し痛めて…今は新たな環境を考えているとワクワクしているのも確かです。そのために家事 育児 休養と過ごしていますが…どうなるのか?すいません。長々とごめんなさい…

  9. 川地憂鶴 より:

    こんばんは。やはり精神疾患者の手帳の申請をした方がいいのでしょうか? その方がいいのか?また、申請はどうしたらいいのか? それはせずに新たな環境に向けて体調を整えていくのか? ちょっと迷っています。

    • Yuki より:

      >川地憂鶴さん
      お医者さんは一般的な万人に向くことを言います。
      わたしも経験上考えると半年や一年も仕事をしていないといきなり全力で働くのはなかなか難しいとは思います。
      しかし、どうしても戻りたくないのなら復職せずに転職するのもありだと思います。
      そのためにはじっくり休んで英気を養い、体を倍以上働ける状態にする必要があります。
      そのための準備を今から始めましょう。そうすれば、戻るとか戻らないとかどちらでもよくなりますよ。
      自分の人生を決めるのは自分以外ありません。

  10. 川地憂鶴 より:

    おはようございます。ありがとうございます。今は休養 家事育児と無理なくやってリハビリしていきます。本当にすいません。 精神科医からは復職 復職と言われ続け、前の心の相談でも今の職場に復職した方がいい。新たな環境は良くないと言われたりしてもうわけわからなくなって…今は体調とリハビリをやっていこうと思っております。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ