不眠症から抜け出したい!知っておきたい8つの原因

最近、「不眠症で悩んでいる」という話を時々耳にします。テレビでも不眠症に効く薬のCMを良く目にするようになりました。

不眠症には、大きく分けて8つの原因があります。そして、それぞれの原因によって対策も違ってくることがわかっています。

あなたを悩ます不眠症、その原因を知って、不眠の悩みから抜け出す第一歩を踏みだしてみませんか。

まず最初に、不眠症の8つの原因を紹介します。

    <不眠症、8つの原因>

  • ストレス
  • うつ病などの精神疾患
  • 睡眠習慣、睡眠リズムの乱れ
  • 年齢
  • アルコール
  • 食べ物
  • 身体的な病気や症状

不眠症の原因として、ここにあげた8つが考えられています。ここからは、それぞれの項目について解説していきます。あなたの原因に当てはまりそうな項目を探してみてください。

不眠症の原因その1:ストレス

仕事上の問題や、対人関係、子育て、勉強など、ストレスが原因となって起こる不眠。夜、布団に入ってもそのことが頭から離れず、眠れなくなります。ストレス過多になると、自律神経が興奮状態のままになり、寝つきが悪くなると考えられています。

また、寝ようとしてあせればあせるほどそれもストレスとなり、さらに眠れなくなるという悪循環に陥ることがあります。

不眠症の原因その2:うつ病などの精神疾患

うつ病をはじめとする精神疾患は不眠を伴うことが多いといわれています。特にうつ病の場合、もっとも多くみられる症状が不眠症で、その中でもっとも特徴的なのが早朝覚醒です。夜中に目を覚ましてしまい、あとは眠れずにすごしてしまいます。眠り自体も浅くなります。

慢性的な不眠症の場合、半数近くは何かしらの精神的疾患がかかわっている可能性があるといわれています。

不眠症を示すうつ病以外の精神疾患

不眠症を示すうつ病以外の精神疾患としては、不安障害・躁うつ病・統合失調症などがあげられます。

不眠症の原因その3:睡眠習慣、睡眠リズムの乱れ

海外出張による時差ボケがその代表格とされます。最近では、深夜遅くまでテレビやパソコン、スマートフォンの画面を見ることにより、脳が覚醒した状態が続き、眠れなくなるケースも増えているようです。

また、仕事上の残業や夜勤などシフト制の業務に従事している方にも不眠が現れるケースが多くあります。

不眠症の原因その4:年齢

高齢者になると、加齢により睡眠の機能が衰えてきます。そのため深い睡眠がなかなか取れない事が判明しています。80歳以上になるとさらに深い眠りが取れなくなり、中途覚醒が増え、眠りが浅くなります。

不眠症の原因その5:薬

薬の中には副作用として、睡眠を妨げる作用をもつものがあります。また、ドリンク剤には、カフェインが多く含まれるものもあり、夕方以降の使用には注意が必要です。

不眠につながる可能性のある薬

不眠症につながる恐れのある薬としては、抗がん剤・中枢神経に働く薬・ステロイドなどが知られています。

不眠症の原因その6:アルコール

不眠症の方の中には、アルコールが持つ催眠作用から就寝前にアルコールを飲むという方も多いようです。しかし、その作用は朝まで続かないといわれています。逆に、睡眠の質を低下させ、眠りが浅い状態になることもあります。また、トイレに行きたくなって目が覚めるというケースもあります。

アルコールの催眠作用にはなれが生じる場合もあり、飲酒量が徐々に増え、依存症に陥るケースがあり注意が必要です。

不眠症の原因その7:食べ物

人間は胃の中に食べ物がたくさん残っていたり、消化しにくい食べ物があると、胃の消化活動が活発になり、体温が下がりにくくなります。

基本的に人間の眠気は「体温が下がるタイミング」に合わせてやって来るため、体温が下がらないと眠りにくくなると考えられています。また、眠れたとしても眠りが浅くなります。

眠りを妨げる代表的な食べ物

眠りを妨げる主な食べ物として、天ぷら・ステーキ・焼き肉などがあげられます。

不眠症の原因その8:身体的な病気や症状

うつ病や精神的疾患以外にも、元々身体が抱えている病気やその症状が原因で不眠になる(途中で目が覚める)ケースもあります。その代表的なものをあげてみます。

①痛みを伴う病気

痛みを伴う病気としては、頭痛・関節リウマチ・腰痛・五十肩・胃十二指腸潰瘍・帯状疱疹などがあります。

②痒みを伴う病気

痒みを伴う病気としては、湿疹・アトピー性皮膚炎などがあります。

③呼吸困難を伴う病気

呼吸困難を伴う病気としては、気管支喘息・気管支炎・慢性閉塞性肺疾患・睡眠時無呼吸症候群などがあります。

④女性ホルモンに関する病気

女性ホルモンに関する病気としては、更年期障害などがあります。

⑤甲状腺機能に関する病気

甲状腺機能に関する病気としては、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症があります。甲状腺機能亢進症になると、なかなか眠れず、睡眠時間が短縮します。甲状腺機能低下症になると、深い睡眠は減少し、浅い睡眠が続きます。

まとめ

不眠症はとても辛い症状です。「色々な治療法を試してみたが、なかなか改善しない。」という話もよく聞きます。その理由は、不眠症の原因が三者三様であり、原因が違えば治療法も違ってくるからです。

ここにあげたように不眠症になる原因は大きく分けて8つあります。自分がどの原因にあてはまっているのか、それを理解することが不眠症から抜け出す第一歩です。一日でも早く原因を突き止め、適切な治療のもと、気持ちの良い睡眠を取り戻しましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ