部署替えが原因でうつ病になり休職しました 男性 40歳 M.M.さん

元々は、その親会社の人事担当者の引き抜きで転職しました。私のスキルやノウハウを生かして、今の組織を変えたいので思いっきり頑張ってくださいとの事でした。

当然の事ながら、親会社の人事から言われていることでしたのでがんばっていましたが、現地部門の責任者からは疎ましく思われていました。

鬱になったきっかけ

最初の数年はよかったのですが、人事担当者が転勤になり筆者を援護してくれる上の人は誰もいなくなりました。そうなっても私のやり方に付いてきてくれる部下もいましたが、所詮はサラリーマンなので組織で何かをするときには孤立することも多々ありました。

そうこうしているうちに親会社も含めた大きなソフトの導入の話があり、体よく親会社へ転籍しました。傍目には親会社に移ったので良い評価に見えますが、明らかに追い出し感がありました。というのも陰でいろいろ言っていたのが漏れ聞こえてきたからです。

親会社には別の専任者がいて、その方との共同作業でしたが、相手の方がその道のプロでしたので筆者は必然とサポートやら雑用をやることになりました。

それを見ていた上司が別の仕事をくれるのですが、どう見ても暇つぶしの雑用でしかなく自分の存在価値が分からなくなってきました。ちょうどそのころから休みがちになったのです。

結局休職することに

タイミングが悪いことにその時に持病が悪化し、一週間ほど入院しました。そんな状況ですので、心身ともに落ち込んでいましたが、誰もお見舞いに来てくれなくやっぱり必要とされていないのだと思ったのです。

退院後、一日は出勤しましたが、復帰を歓迎する感じもなく「無理に会社に来なくてもいいよ」と言われる始末。結局翌日から休んで、精神病院に通い始めました。

診断書も書いてもらい、正式に休職することになったのですが、2か月ほどしてから上司から退職の話が出ました。今更揉めて戻っても、自分の居場所がないのは分かっていたので了承しました。

休職中に辛かったこと

はやり世間体ですかね。子供がまだ義務教育だったので、全てを話すわけにもいかず、けど何か変だなと感じているのはこちらもわかりますから。

気晴らしとおもっても、平日の昼間に出かける姿を子供の友達の親に見られたりすれば、やはりいろいろと言われます。それもあって「早く別の職に就かないといけない」と思いました。

新たな出発

今回転職するときに他の会社も検討していて、いくつかの会社からオファーがあったのでそのいくつかに連絡をしました。

当然断られた会社もありましたが、いつくかは是非にと言っていただけ、その中の一つに再転職しました。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ