従来型のうつとは分類が異なる新型うつは何か?

うつ病は、およそ16人に1人がかかると言われている病気です。しかも近頃は、患者が増加傾向にあるという事でも有名です。

その背景としては、社会にうつ病にまつわる知識が広まった事が挙げられます。

また、知識が広まった事により、うつ病とわからずに苦しむ患者が減ったという事は、とても良い事です。

WHOの診断基準

そんなうつ病には、WHOによるICD-10と呼ばれる国際的な診断基準があります。この診断基準では、大きく3つの事が挙げられます。

1つ目は、これまでに躁状態であると診断された事がない事です。

2つ目は、抑うつ症状が2週間以上継続している事です。

そして3つ目は、臓器及び組織の異常、精神に影響する物質がうつ病の原因に関係していないという事です。

この3種類の診断基準から、症状に合わせてさらに細かく分類を行っていきます。その分類は、軽症から重症まであり、これらに適合しないその他や詳細不明といった分類もあります。

ちなみに、20代や30代の若者に多いとされている、新型うつはその他に分類されます。従来型のうつは、ICD-10の診断基準にあるように、抑うつ症状が2週間以上継続します。

その点、新型うつでは楽しい事などの何らかの出来事次第で、一時的に気分が良くなるという特徴を持っています。これにより、その他という種類に分類されているのです。

仮面うつとは?

ちなみに、従来型のうつとは異なる事から、非定型うつ病といった名前で呼ばれる事もあります。そして、仮面うつ病も新型うつと同様に、その他に分類されます。

仮面うつ病では、抑うつ症状よりも先に体の症状が現れるのが特徴です。体の症状と一言で表しても様々であり、痛みやしびれを感じる人もいれば、めまいや頭痛を感じる人もいます。

ここでの仮面とは、体の症状に隠れているという意味であり、決して仮面を被ったように無表情という意味ではありません。新型うつも仮面うつ病も、従来型のうつとは異なる点が多い為、うつ病であると気がつかれにくいのも特徴です。

ただ、そのまま放っておくと悪化する事になるので、心の不調を感じたら、専門医に足を運ぶようにしましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ