自律神経失調症の原因であるストレスの種類は?4つを解説!

人間を活動的にさせる「交感神経」と、人間を休息状態に導く「副交感神経」のバランスが崩れたとき、人の体は「自律神経失調症」という状態に陥ることがあります。

この自律神経失調症の大きな原因の1つがストレスです。ストレスを担うのは交感神経ですが、この交感神経がずっと働いていると、副交感神経が役割を果たせなくなってしまいます。その結果、自律神経のバランスが崩れてしまうというわけです。

その原因のストレスについては、実は実態を知っているという人はそう多くはありません。そこで、「そもそもストレスというのはどういうものなのか?」ということを徹底的に解説していきます。

自律神経失調症に関係する「ストレス」とは?実は4つある!

ストレス=精神的なものではない!

ストレスという言葉から、精神的なものであると連想する人は非常に多いですが、実際のところストレスは精神的なものだけではありません。実はストレスというものは、大きく分けて4つのものがあります。

ストレスにはどんな種類があるの?

ストレスと呼ばれるものには、以下のようなものがあります。

    <ストレスの種類一覧>

  • 精神的ストレス
  • 構造的ストレス
  • 化学的ストレス
  • 温度・湿度のストレス

精神的ストレスってどんなもの?答えは「感情」にあり!

精神的ストレス=「嫌だ」と思うもの!

一般的に、「ストレス」と言われて思い浮かぶものは精神的ストレスです。この精神的ストレスは、端的に言ってしまうと人が「嫌だ」と感じるものが該当します。

精神的ストレスは具体的にどんなものがあるの?

精神的ストレスの具体例をあげるとすれば、人間関係や仕事の重圧といったものは精神的ストレスに該当します。「あの人と関わるのが苦手だな」「この仕事は大変でやりたくないな」という感情は、すべて精神的ストレスに分類されます。

構造的ストレスってどんなもの?「体の歪み」がストレスに!

体の構造を無視するとストレスに発展する!

構造的ストレスと言うと難しそうに思えますが、要は体に歪みが生じることによって起こるストレスのことを指します。骨格や筋肉が本来あるべき姿でない姿になることによって、体には大きな負担がかかります。その体の歪みの情報が脳に伝わることで、脳はストレスを感じてしまいます

どこが歪むと構造的ストレスになるの?

1番わかりやすいのが筋肉です。肩こりや首こりでストレスを感じている人は非常に多くいます。また、骨盤や背骨のゆがみもストレスを生じさせる原因になります。

化学的ストレスってどんなもの?主なものは3つ!

化学的ストレスは、主に3つのものに分かれます。

①栄養素の過不足

特定の栄養素が不足する、あるいは過剰になると、人の体はストレスを感じるようにできています。その中で代表的な栄養素がカフェインです。カフェインには神経を興奮させる作用があり、カフェインを過剰に摂取するとエネルギーがずっと放出された状態になってしまいます。そのことによって神経が疲れてしまい、自律神経のバランスを崩しやすくなってしまいます。

②化学物質

化学物質も化学的ストレスの原因となる要素の1つです。主に薬物や揮発性有機化合物から引き起こされます。これらに曝されることによって、脳は非常に負担を感じ、自律神経のバランスが調節できなくなります。

③臭い

過剰な香料や不快な臭いも、化学的ストレスの大きな原因となります。強すぎる臭いや不快な臭いを感じ取って、頭痛がしたり気分が悪くなったりすることがあります。これらはすべて化学的ストレスが要因となって引き起こされた症状です。

温度・湿度もストレスになりえる?不快な状態に注意!

温度や湿度といった外部的要因も、十分にストレスとなりえます。暑すぎたり寒すぎたりすることで交感神経が作用し続けると、自律神経はバランス感覚を失いやすくなります。体が不快感を感じないよう、湿度や温度の調節には常に気を配る必要があります。

また、温度や湿度のほかにも、気圧の変化もストレスになります。気圧が変化すると頭痛がする、という現象もこのストレスが引き起こす症状の1つです。

これらのストレスだけで自律神経失調症になるとは一概には言えませんが、悪化させてしまう要因の1つにはなりますので、十分に注意が必要です。

ストレスと付き合うのに大切なことは?「快適でいる状態」を維持!

自律神経失調症の大きな原因である「ストレス」について、主に考えられる4つの要因を紹介しました。今回紹介したストレスの正体を探るキーワードは「不快」です。

人は本来あるべき状態でないことや感情に対して、非常に強いストレスを感じます。このあるべき状態でないということをいかに減らして、快適に過ごすことができるかどうかが、ストレスを軽減させる大きな鍵となります。

そのためには、「自分が何を嫌だと思うのか」「自分は何を感じるとリラックスできるのか」を探ることが非常に重要です。その2点を常に心に止めておくことで、ストレスへの向き合い方が大きく変わります。

ストレスの向き合い方がうまくなることで、自律神経失調症の改善に大きく役立ちます。自律神経失調症を改善に導きたいのであれば、しっかりと自分のストレスと向き合い、適切に対処していく必要があります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ