うつ病の人ほど朝食が大切!食事療法で重要なたった2つのポイントは?

うつ病は心の病だと思っていますから、治療はストレス軽減だと思っている人は多いのですが、実はそれ以外にも薬物療法や食事療法など、さまざまな治療方法もあるのをご存知でしたか。

その中でもとても重要視されているのが、食事療法。食事は体を作るだけでなく、心も作ったり治療したりするというわけですね。

ここでは、うつ病治療のための食事療法について紹介します。

食事療法において重要な点は2つ。1つは「何を重点的に食べるか?」、もう1つは「いつの食事に重きをおくか?」ということです。

何を重点的に食べるか?

まず、うつ病を改善しようと思うのならばアミノ酸を摂ることを勧められます。

なぜならば、アミノ酸セロトニンやノルアドレナリンの原料となる栄養素で、うつ状態ではこれらの脳内物質が不足している状態になっているので、積極的に補充してあげることが必要となります。

具体的な食材で言えば、アミノ酸はいわゆるたんぱく質のことですから、肉や卵などの動物性たんぱく質や、納豆や豆腐などの植物性たんぱく質をバランス良く食べるのが良いでしょう。

また、脳内神経伝達物質の原料となるトリプトファンを多く含む、牛乳やバナナ、卵黄、ヨーグルト、マグロ、かつおなども合わせて摂ると効果的です。

いつの食事に重きをおくか?

次はどの食事を特に重要視するかです。これはもちろん朝食です。

朝食は最も栄養の吸収効果が高いこと、脳の働きを高めるセロトニンの活動を活発できること、体を動かすエネルギー源の補充などの意味を持っています。

朝食はきちんと食べた方が良いというのは、うつ病に限らず健康な人にも言われていることですね。人間は朝食を摂ることで、活動的に生き生きと過ごすベースが出来上がると言っても過言ではありませから、朝食抜きなどというのは論外です。

朝食を食べる習慣のなかった人には辛いかもしれませんが、最初は豆乳にバナナをハチミツを入れたジュースのようなものからスタートさせても構いません。朝から元気に食事ができることが、健康な心身ということなのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ