朝食がうつ病から回復ために必要な理由は?

朝食を摂ることはうつ病の回復には必要なことだと多くの方が指摘しています。

朝、食事を摂ることで、脳内神経伝達物質のセロトニンの活動を活発にして、うつ病の原因とされるセロトニン不足を防ぐことが出来ます。

朝食で一日のエネルギーを

身体を動かすエネルギーのためにも、朝、食事を摂ることが大切です。ただ、うつ病の患者さんは、食欲が低下していることが多いので、食事を摂ることが億劫な方も多いと思います。

ご飯やおかずを食べるのが無理でしたら、汁物やドリンク類が良いでしょう。ビタミンが豊富に含まれるフルーツジュースやタンパク質が多い牛乳、豆乳が良いと思います。

豆乳は調整されたものが飲みやすいですし、一つの種類でなく複数の種類の栄養を摂るためにバナナジュースやはちみつを混ぜると、栄養のバランスが良くなります。

飲み物で良いからと砂糖をたくさん入れたコーヒーは避けて下さい。糖分やカフェインを摂り過ぎるとセロトニンの働きを妨げます。

朝食をとると寝付きが良くなる?

ちなみに、朝食で卵や大豆、魚を食べると必須アミノ酸のトリプトファンを多く摂取することになり、その後、昼間の太陽光を浴びることで、脳内のセロトニンの生成が活発になります。さらにセロトニンは夜、睡眠効果のあるメラトニンに変化するので、自然に寝付きもよくなります。

実際、朝、卵や大豆、魚をよく食べる子どもは、寝付きや目覚めが良いという調査報告があるそうです。うつ病の回復には規則正しい生活習慣が重要ですが、朝の食事で必要な栄養をしっかり摂ることで、自然と早寝早起きの体内リズムが作られるということだと思います。

朝食をとる習慣を

まずは毎朝、起床する習慣を身に付けることから始めて下さい。うつ病の患者さんは一日中寝ていたり、昼過ぎになって起き出したりする方がいます。朝6時から8時までの間に一度は起床し、顔を洗って歯磨きをし、窓を開けて外気を取り込みます。

出来ればストレッチやラジオ体操で身体をほぐしてから、少量でも朝食や水分を摂ります。その後、疲れがあれば横になっても構いませんが、毎朝、続けていくことで症状の回復が早くなるはずです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ