朝食に豆乳をコップ1杯飲んでうつ病が改善!

理想的な朝食一日の始まりは朝食です。一日の食事の中で朝食が一番大事と言うことはよく言われていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

なぜ大事かと言えば、朝食をしっかり取ることによって、脳の働きを高めセロトニンの活動を活発にすることが出来るからです。

セロトニンの活動が活発になればそれだけうつ状態に陥る可能性が減ります。セロトニンは脳にとって車のガソリンのようなものなのです。

朝食を抜くと?

体を動かすエネルギーも朝食を取らないとエネルギー源になるものがないので体も働きません。

ご飯に魚、味噌汁と典型的な日本の朝食がお勧めです。

しかし、うつ病にかかっていると食欲自体が低下している人も多いので朝食を食べなくなってしまう人もいます。もし、自分がそうなっていたら朝食はしっかり取るように心がけましょう。

それでも食べたくない時は?

しっかり朝食を食べるのが一番いいのですが、毎日取れないときもあります。朝食を取るのが億劫な場合どのような食事で補えばいいのでしょうか?

うつを改善するためにはセロトニンの働きが重要であることはあなたもすでに知っていると思います。そのセロトニンの働きをよくするのがタンパク質です。

そのため、タンパク質がたくさん入っている豆乳がおすすめです。

なぜ豆乳がいいのか?

豆乳は飲みなれてない方は避けがちですが、無調整のものは癖がありますが、調整されたものは飲みやすいです。是非試してみてください。タンパク質も豊富なのでお勧めです。

一つの種類だけではなく、複数飲むのがバランスが採れていいです。

ですから例えば、バナナジュースに豆乳を混ぜたり、はちみつを混ぜたりして、栄養のバランスを考えながら採りましょう。

また、コーヒーがお好きな方は砂糖やミルクたっぷり入れるのは避けましょう。糖分のとりすぎで逆にセロトニンの働きを悪くしてしまうことがあるからです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ