解離性障害との適切な接し方とは?理解と環境作りの2つがポイント!

解離性障害は、解離症状によって一時的に自己同一性を失う神経症の一つで、症状が特徴的なため周囲には奇異に見えることが多く、接し方が難しい疾患です。解離性障害の治療では、医師による治療よりも周囲の適切な対応が重要となっています。

そこで、解離性障害の方に接するには、どのような事を理解し心がければ良いかについて説明します。

解離性障害の症状とは?症状は奇異に映りやすい!

解離性障害は、ストレスとの関係性が深い疾患です。複雑化する現代社会では日々のストレスが増大し、それに対するストレス耐性が伴っていないためもあり、発症者の増加傾向がみられています。

解離とはどのような現象か?

解離性障害における「解離」とは、自分、が耐えられる限界を超えたストレスに対して、ダメージを低減するために本能的に意識を遮断させる現象であり、防衛本能の一つです。正常範囲の解離であれば治療や対処の必要はありませんが、日常生活に支障をきたしてしまう症状が現れることがあります。

主な症状は、以下の3つが挙げられます。

    <解離性障害の主な症状>

  • 解離性健忘
  • 解離性とん走
  • 解離性同一性障害(多重人格)

病気の存在を認知する!

解離性障害の症状はどれも一般的に奇異に映るものですが、実際にこの疾患で苦しんでいる方は存在しています。接し方を考える上で、まずこの病気が存在を認知することが重要となっています。

治療の目的とは?治療の主体は環境整備!

解離性障害には効果的な治療薬が存在していないため、精神療法を中心として「安心できる環境整備」が治療の主体となっています。

接し方が治療に影響する!

解離現象自体は本能であり治療を必要としていないため、解離性障害の治療では「解離症状があっても日常生活や社会生活に適応した日々を送れるようにする」ことが目的となっています。それは、接し方次第で大きく状況が変わる可能性のある疾患であることを意味しています。

社会との関係を維持する!

解離性障害を発症している方は、解離現象によって約束を守れないことや失踪などが現れ、社会生活に不適応を生じていることが多く、また、本人が症状に気づいていないケースもみられます。

解離性障害の治療では、「解離を無くす」ことでははく「解離しなくても良い環境を作る」ことで、社会との関係を失くさないように配慮する必要があります。

解離は一つのSOS!解離現象に対しては?

解離現象とは、適応困難な現実に対して自力で適応し身を守る方法であり、周囲に素直に助けを求める声を挙げられない人が、解離によって助けて欲しいとアピールしていとい意味を含んでいます。

強い不安と脆い精神状態!

解離性障害の方は、不安感が強い傾向がありますが、自分自身で何が不安の対象なのかを明確に理解できていない特徴があります。そのため、不安障害のように「適応力を身に着ける」ことで状況を改善させることが困難なほど、脆い精神状態に置かれています。

悪化をまねく対応とは?

周囲の方は、異常な言動に対して奇異に映ったとしても、咎めることや問い質すなどのプレッシャーを与えるような対応は厳禁です。社会生活に支障が出るような解離現象を起こしている精神状態ですので、不用意な対応は症状の悪化をまねく恐れがあります。

解離性障害の辛さとは?本人の努力余地は少ない!

解離性障害の方の辛さは、解離現象による多々の行動について、周囲だけでなく自分自身でさえ理解や受け入れることが難しいことにあります。そのため、周囲の方は「解離症状とはどのようなものか」を理解することから始める必要があります。

最善のサポートとは?

血液検査などケミカルな検査では見つけられず、言動自体が症状であるために見た目では分かりにくい疾患です。「信用してもらえない」、「理解してもらえない」など孤立感が高まり周囲との溝が深まると、解離症状の更なる悪化をまねいてしまいます。

そのため、医師など専門家から適切な情報を入手して解離性障害について学習し、理解した上での対応が最善のサポートとなります。

励ましは逆効果!

解離性障害は、本人の過失でもなく無意識のうちに突発的に発症してします疾患でもあります。そういった意味では、本人による努力の余地は限りなく少なく、励ましはプレッシャーにこそなっても何の改善効果はありません。

思いやりを持った「頑張れ」などの励ましも、本人にとっては責められていると同じ意味になってしまうことを忘れないことが大切です。

対応のルール作りとは?長期間支えるためには?

解離性障害の治療には長い時間が必要です。解離症状による奇異な言動に一喜一憂せず、冷静に支えていくことが求められます。

ルールに基づいた対応を!

解離性障害の方との間に、ルールなどの取り決めをしておくことが大切です。不安感が強く否定に敏感な状態なため、怒る時と起こらない時が曖昧な状況では、「嫌われているから怒られる」と拒絶されて感覚に陥りやすくなっています。

解離症状が起きていないで落ち着いている時にルールを取り決め、そのルールに基づいた対応をとることで、誤った否定的な解釈を防ぐことに繋がります。

疲れたら距離をとろう!

どのような病気でも同じですが、長期に渡る治療は看病する方にも大きな負担となってしまいます。思いやりを持った対応や受け入れる姿勢が求められますが、対応に疲れた時には少し距離を取るなど、近づきすぎない適切な距離感を保つことも必要です。

まとめ

安心できる環境を整え思いやりと理解を持った対応を続けるには、時間もかかり負担も大きいですが、解離性障害の方を支えるには一番効果的な方法になっています。また、解離性障害の方は「解離」によって物事から身を守る方法を選択しやすくなっているため、解離症状そのものではなく「解離が起こる前にできる対策はないか」と検討することも重要です。

解離性障害は、接し方の難しい疾患ですが、家族など周囲の方や医療スタッフによる適切な対応によって、症状の改善が現れた方も少なくありませんので、焦らず見守っていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ