パニック障害の治療法!森田正馬による森田療法について

パニック障害は、不安障害の一型であり、治療をすれば完治できる病気です。パニック障害を発症すると、患者さんは耐え難い苦しみや不安感・恐怖感を日常的に抱えることになり、普通通りの生活が送れなくなるのです。パニック障害を発症することでそれまで幸せだった人生が崩れ去ってしまうのです。

しかし、パニック障害を治療する方法は数多く存在します。患者さんの要望に沿って治療を選択することができます。そして、今回は、パニック障害を治療するうえで、効果の高いとされている森田療法についてまとめています。

精神療法の1つ!日本独自の森田療法

森田療法は森田正馬が考案した日本独自の心理療法です。森田療法は、日本古来から存在する禅の思想を重視し、治療法として取り入れています。以下に、森田療法において重視している禅の思想についてまとめています。

    <森田療法が重視する禅の思想>

  • 人間のあるがままを尊重する
  • 事実唯真を重視する
  • 目的本位であることを重視する

森田療法について!基盤の考え方

森田正馬は、自己内省的、完全主義的、よりよく生きたい、向上したいという、生きる欲望である「生の欲望」が強い人が神経症に陥りやすいとしました。

すなわち、上記に当てはまる性格の人が、何らかのきっかけで自らの心身の状態に注意を向けるようになり、その注意が心身の感覚をさらに敏感にさせ、いっそう心身の状態に注意を払わざるをえないといった悪循環におちいるということです。このメカニズムを精神交互作用といいます。

精神交互作用を簡単に説明すると

精神交互作用とは、例えば、強い不安を感じている人が「不安に思うな」と思えば思うほど不安が強くなってしまう、という感覚と注意の悪循環のことをいいます。パニック障害の患者さんで、パニック発作で悩んでいる人が、電車の中で「大丈夫。全然電車の中なんて怖くないんだ…」と思えば思うほど不安感や恐怖感は強くなり、発作をおこしてしまうのです。

森田療法の創始者!森田正馬

森田正馬とは、高知県に生まれ、少年期から宗教、奇術、奇跡、迷信、呪詛、骨相、人相などに興味を持ちました。青年期には神経衰弱症状に悩みましたが、半ば自身の状況をあきらめたような意識で「死んでもかまわん」と自分の状態を受け入れ、研究活動に没頭していたら、いつの間にか病気は治っていたと伝えられています。

森田正馬自身もパニック障害に悩まされていた

この時、森田正馬自身もパニック障害同様の症状に悩まされていたのです。彼のそんな経験がその後の研究に大きな影響を与えたとされています。

森田療法の目的!とらわれからの脱却

森田正馬が考案した森田療法の目的は、まず神経症的症状を何とかしようと思わずに「あるがまま」を受け入れることにあります。それによって精神交互作用を生み出す、「とらわれ、はからい」を打ち倒して健康的な自分へと生まれ変われるようにすることが重要なのです。

森田療法の対象!ヒポコンドリー性基調

森田療法が治療の対象とするのは、いわゆる「森田神経質」と呼ばれる性質を有している患者さんです。主に神経症、強迫生障害、パニック障害などの病気を抱えている患者さんです。これらの患者さんは、ヒポコンドリー性基調を有してことが分かっています。

ヒポコンドリー性基調とは

ひとつあるいは複数の重篤で進行性の身体的障害に羅患している可能性にとらわれ、執拗に心身の些細な不調にこだわり、苦痛を訴える状態です。患者さんは、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、嘔吐、腹痛、しびれなどの身体症状や、イライラ、集中力の低下、疲労・倦怠感などの症状を訴えて、医療機関をいくつも受診し、転々とすることが多いです。

森田療法の手順!ステップ方式

森田療法はステップ方式でだんだんと自身の体の状態を受け入れていく、段階的な治療法です。治療が進むにつれて、患者さんは、病的な自分から解き放たれて、健康的な幸せな自分を取り戻すことができるのです。

絶対臥辱期とは

最初の一週間は、一切の活動が禁止され、ただ寝ることのみが許されます。絶対的な臥辱により、人間が本来有している活動意欲を活性化させ、徐々に外界になれていく下準備の時期です。

軽作業期とは

主に一人で行う作業が許されます。例えば草ぬきや読書などの軽い作業です。主に4日から7日の期間をかけます。患者さんの身体にとって無理のない活動が選択されて、行われます。

重作業期とは

他者との会話や他者との交流が行われます。軽作業期よりも、コミュニケーションをとることが重要視されます。7日から14日の期間をかけます。

生活訓練期とは

実生活に戻ることにより、社会復帰の準備を進めます。外に出て買い物をしたり、電車に乗ったりして、普段通りの自分自身を取り戻すことを目的とします。7日から14日の期間をかけます。

まとめ

パニック障害を発症している患者さんは、時には複数の医者の忠告や診断を受け入れることへの頑固な拒否がみられるため、自分の症状や状態を受け入れることができず、さらには、治療を受け入れる意思が弱い患者さんもいらっしゃいます。

こだわりが強く、自分にちょっとした心身の変化に過敏になってしまう患者さんが、健康的で、ありのままの自分を取り戻すためには、森田療法を受けることが望ましいです。パニック障害の患者さんが、森田療法を受けることで、パニック発作が生じなくなり、幸せな日常生活が送れるようになるのです。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ