ストレスが無くてもうつになる?季節性のうつ病とは!

大きなストレスが思い当たるわけではないのに、ある一定の時期になると気持ちが落ち込んだりうつ病のような症状になってしまう人がいます。

その周期が、季節ごとの変化を見せる場合、「季節性のうつ病」である可能性が考えられます。

季節性のうつ病とは

実は、季節の変わり目と言うのはうつ病を発症する要因の一つでもあるのです。最近の夏は異常に暑い時期が続いており、秋になると途端に寒くなる。朝と夕方の気温差はかなり大きくなっています。

急激な気温の変化、湿度の変化などの環境の変化に、体がついていくのには時間がかかります。そのため、季節の変わり目というのは、それだけでストレスになる可能性があるのです。体のホルモンバランスが崩れて、気分も不安定になりがちです。

代表的なものは夏期うつと冬期うつ

環境からのストレスでうつ病になることを考えると、やはりはっきりとした季節である、夏や冬にうつ病を発症する人が増えています。夏期うつと冬期うつが季節性うつ病の代表的なものとなります両者とも特別な原因がないのに、何となくやる気が起きなかったり、意欲がわかないなど、精神的な不調を伴っていることが特徴的です。

夏期うつ病の特徴

夏期うつ病は、5月~9月に発症すると言われています。段々気温が上がり始めたくらいの季節から調子を崩し始めるようです。

症状

主な症状は、食欲不振、不眠、倦怠感などの体調の不調です。夏バテと似ているところがあるのですが、精神的な不調を伴っているところが夏バテとの違いです。気分の落ち込みや不安の強さなどと一緒に体調不良が経験されます。

5月病との違い

5月病は、新年度である4月に色々な変化が生じ、緊張しながらなんとか1か月間生活してきていたのが、だんだん慣れが生じてきた5月に緊張の糸が切れてしまう事で生じる症状だと言われています。季節性のうつ病と違って、「ホッとした」「安心した」等の精神的な要因が関与しています。

冬期うつの特徴

冬期うつ病は、10月~3月に発症すると言われています。少しずつ寒くなる季節から体調を崩してしまうようです。

症状

夏期うつ病と違って、食欲が増加したり、過眠傾向になると言われています。気持ちの落ち込みや、意欲の低下など、うつ病の症状と一緒に現れることが特徴的です。

男女比がある

明確な理由は分かっていませんが、季節性のうつ病には男女比があると言われています。海外の研究では、女性の方が季節性のうつ病にかかる確率が圧倒的に高いことが指摘されており、女性は男性の3倍以上の確率で罹患する可能性があると言われています。

季節性うつ病の原因って何?

季節性うつ病の原因は、まだ良く分かっていませんが、一つは日照時間が関連していると言われています。太陽に当たることで、脳内にはメラトニンと言う神経伝達物質が作られます。冬期うつ病は日照時間が少ないために、脳内伝達物質が上手く作られず、うつ病錠を引き起こしていると考えられています。

どうやって対処したらよいの?

明確なストレスがない季節性のうつ病には、どのように対応したらよいのでしょうか?行くかもポイントに分けてお伝えしていきます。

ポイント①:冬期に太陽光を浴びる

冬期うつ病の対応としては、「照射療法」という方法があります。これは、擬似的に太陽光を作り出して、それを一定の時間浴びるという方法です。冬期うつ病の大きな原因は日光不足だと言われているので、それを補うための方法です。

セルフケアとしては、日光を浴びるような習慣を作りましょう。毎日一定の時間を散歩の時間に当てる等、体を動かしながら日光浴をするように心がけることで、不足している脳内物質を補うことが出来ます。

ポイント②:夏期は疲労に注意

夏期うつ病の原因ははっきりしたことが分かっていませんが、一つは疲労にあると言われています。最近の夏は暑く、少し外に出るだけでも気分がめいってしまいます。そのため、夜は十分な睡眠をとって体を休ませることが大切になります。

ポイント③:バランスの良い食事をとる

冬期うつ病でも、夏期うつ病でも、身体症状が主に出ることが分かっています。そのため、日常的に体をケアすることが大切になります。夏期うつ病では、夏バテと同じように食欲が低下するという症状がみられます。そのため、水分を十分にとること、バランスの良い食事をとることが大切になります。

冬季うつ病は、食欲が増加すると言われています。これもうつ病の症状の1つなので、食事の量を調整していきましょう。良く噛む様な習慣をつけたり、夜にカロリーの高い物を食べることを避けるような生活を送りましょう。体型が変わってしまったことで、より自分に対して悲観的になり、うつ病の症状が進行する可能性もあります。

ポイント④:室温を調整する

季節の変わり目に罹患しやすいため、出来るだけ温度差を少なくすることが大切です。空調を利用したり、窓を開けて温度を調整するなどして、無理せず過ごすことが大切です。夏期にあまりに部屋の温度を下げたり、冬期にあまりに部屋を暖かくすることは、帰って体調を崩す原因となります。程よい温度に調整していきましょう。

まとめ:生活習慣を整えることが大切

季節性のうつ病は、ストレス源がない状態で罹患する疾患であり、ある意味避けることが難しい疾患の1つだと思います。そのため、太陽光を積極的に浴びたり、適度な運動を継続したり、バランスの良い食事をとるなどの生活習慣を整えることが大切になってきます。季節の変わり目に負けないように、日頃から健康的な体作りを心がけていきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ