パニック障害と非定型うつ病を併発!希死念慮への対処法は?

パニック障害が非定型うつ病を発症すると、自殺への願望が急激に高まります。パニック障害、うつ病患者が楽しく元気な気分の時は良いのですが、ひとたびそれが終わり、気分や感情の落ち込みが訪れると、希死念慮が毎日のように襲ってくるようになります。

その底の見えない不安感やパニック発作などの恐ろしい症状に対する恐怖が、やがて希死念慮を自殺企図へと進め、自殺行為の発生を引き起こしてしまいます。

希死念慮と自殺企図!その概念とは?

「死にたい」「この世から消えてなくなれば楽になれる」「こんなつらい状況なら死んだほうがましだ」などと自分自身に都合の良い言い訳を繰り返しながら、自殺を考えることを言います。さらに希死念慮は具体的な死に方や方法を調べたりする段階に進み、それは自殺企図という別の概念になります。

自殺企図は自殺の発生率が高まる危険水域

希死念慮から自殺企図へと発展すると、自殺の発生率がグンと高まりますので、自殺企図は危険水域といえます。希死念慮のレベルであれば誰でも人生で一度や2度は苦しい状況の時に考えてしまうことなのでそう心配することはありません。

希死念慮の初期段階!いったい何が起きるのか?

希死念慮を一度も経験したことがない人はおそらく希で、幸運な人と言えるでしょう。それほど自殺は誰もが一度は頭の中をよぎる概念なのです。

死にたいと他人にアピールは危険信号

希死念慮の回数が増えてくると、よりリスクの高い自殺企図に発展し、言葉に出して「死にたい」と家族や他人にアピールするようになります。こうなると黄色信号が点灯です。希死念慮が癖のようになっているなと考えてください。

希死念慮とは?死を受け入れる本能的な感情!

希死念慮は死というものを受け入れる本能的な感情がかかわっています。人間はいずれ死を迎えることを人間の本能が理解しているということです。

いっそ死んだら?が希死念慮に繋がる

しかし生きていることに喜びが少なく、辛さの方が勝ってしまうと人間は「いっそ死んだら・・・」という気持ちが芽生え、それが希死念慮に繋がっていきます

パニック障害と非定型うつ病の患者の希死念慮!その兆候とは?

パニック障害と非定型型うつ病患者には希死念慮を示す明らかな兆候が現れます。

パニック障害と非定型うつ病の患者の希死念慮の兆候は以下の項目

    <希死念慮の4つの兆候>

  • 口数が減る
  • 人との関りを避ける
  • 空を見つめる時間が長い
  • 仕事のパフォーマンスが落ちた

もちろん個人差があり兆候はさまざまですが、何かに集中できずにボーっと考えることが多くなる点は共通しています。

人生に役立つようなこともある?希死念慮への向かい方

パニック障害や併発している非定型うつ病の重さにもよります。死ねば楽になるというのはある意味、真実かも知れません。したがって辛い現実からの逃避手段として希死念慮は自然な反応だと言わざるを得ません。死んだ気になることで、辛い現実を一時でも忘れられ、気分が楽になるのなら希死念慮も、たまには人生に役立つでしょう。

人生の無理な目標設定は見直して

辛い人生ということは生き方や人生の目標に無理な設定があるような場合が多々あります。まずその点を見直して、環境を変えることは大切です。

パニック障害やうつ病から来る希死念慮!家族ができることは?

ひとりで悩みを抱えさせると苦しさが増すだけです。孤立だけはさせないよう何か声をかけて、気遣ってください。しかし病気が病気だけにどうやって話しかけて良いか?どう励ましたら良いかわかりませんよね。

大丈夫、頑張れなどの励ましはマイナスに働く

大丈夫、頑張れなどという励ましは善意であっても「こんなことで励まされるなんて、やっぱり自分は役立たずだ」と励まされた方はさらに落ち込み、希死念慮が強まります。

家族がパニック障害やうつ病の患者にしてあげられる3つのこと

パニック障害やうつ病患者を持つ家族は、どのようにしてパニック障害やうつ病患者に接するべきなのでしょうか?家族がパニック障害やうつ病の患者にしてあげられることを3つ紹介します。

そっと寄り添い、苦しい気持ちを理解してあげる

そっと寄り添い、苦しい気持ちを理解するだけで、無理な応援やアドバイスをしない。これで患者は自分ひとりじゃないと感じることができます。

家族ができる仕事は代わりにやってあげ、できるだけ休ませる

できるだけ休ませてあげることです。家族ができる仕事は誰かが代わりにやってあげたり、しなければならないことの日程を延期して、患者が肉体的に休め、心のゆとりができる環境を作ってあげましょう。

患者にブレーキをかけてあげる

患者が焦っているときはブレーキをかけてあげましょう。パニック障害とうつ病を併発している人は「早く通常通りに働こう」と焦ってしまい症状が悪化します。だんだん良くなってきた回復期にこそこのブレーキの役割りが大切になります。良くなったといって以前のように働くと病み上がりですから、うまく物事が運ばずに理想と現実が乖離し、再び希死念慮が再発してしまいます。

休息を拒む?希死念慮を抱く人の思考!

希死念慮を抱いている人は「休むと迷惑がかかるのでは?「自分がやらねば」と休息を拒む場合がありますが、家族が患者に「あなたは死にたいほど疲れている」ことを自覚させエネルギーを回復させることがまずは必要だということを理解させるのです。

まとめ

パニック障害やうつ病から生まれる希死念慮や自殺企図を避け、大切な生命を守るには、ゆっくりと元の生活に慣らしていくことが何よりも大切です。患者当人はもちろん、家族が回復を焦ってしまうことが返ってこの手の疾患を長引かせるばかりか、再発の危険性をも生み出してしまうのです。

家族は焦ることなく、また患者を焦らせることなく、常に言葉をかけて「あなたはひとりではない」と患者を安心させてください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ