不安障害を患っている人とどう関わったらいい?接し方のポイント!

あなたの周りにも社会不安障害の方がいるとしたら・・・どう接したらよいのか分からない!、と感じるのも無理はありません。

社会不安障害を抱えている人は大抵、対人の不安を抱えており、人とコミュニケーションを取るのが難しいのと感じているのが現状だからです。

そこで、社会不安障害を抱えている人との上手な接し方、関わり方について説明します。

どうして難しい?人との接触に困難を覚える理由

コミュニケーションの取り方が分からない

会社の同僚や学校のクラスメイト、ご近所さんとの関係は、悩みの種になりがちです。どんなことを話せばよいのか、どんなふうに声をかければよいのか、話しかけられたときに、どう返答すればよいのかなど、あれこれと思い悩む傾向にあります。

他人の反応にひどく敏感になっている

他の人の言動や表情を深読みして、他人が思っていることを推測しては落ち込んだり、人との接触がますます怖くなっていきます。

家以外の場では常に緊張を強いられている

ごく親しいプライベートな関係を除いて、どんな相手に対しても緊張を覚える、他の人がいる場所では、常に緊張して体がガチガチになってしまう・・・そんなこともあります。

どこにいても孤立してしまう

自分以外の人は、みんな仲が良いように見えて、とても入り込めない。溶け込もうとしても浮いてしまう。どこにいても孤立してしまう…そんな思いから、やがて人との接触そのものに強い苦痛を感じるようになることがあります。そのため強い孤独感をいだいている人も少なくありません。

より深刻なものになってしまう?孤立させてはいけない!

社会とのかかわりが薄くなっていくこともある

対人接触全般に苦痛を覚えるタイプの社会不安障害は、「全般性社会不安障害」とよばれています。社会生活への影響は、より深刻なものになりがちです。社会問題ともなっている「ニート」や「引きこもり」につながることもあります。

安心させてあげる

そこで、周囲の人は、社会不安障害の方を、なるべく孤立させないようにする必要があります。人との接触を最小限に抑えている人に接するのは、かなり難しいものですが、その人個人に寄り添い、静かな場所、その人が落ち着ける空間で、ゆっくり話を聞いてあげたり、相談に乗ってあげたりすることができます。

その際に、焦らせたり、問題を過小評価したり、自分の考えを押し付けたり、何かその人のことを決めつけたりするような発言は避けてください。

ただただ、話を聞き、つらい気持ちを話せるような時間を作ってください。そして、その人のことをいつも気にかけていることを伝え、その人個人が努力している点を褒めてください。自分はメンタルが弱いんだ、などという気持ちには決してさせないでください。

専門家に頼る?受診させるコツ!

周囲の人の働きかけ

医師にかかるということは、体だけではなく心も含めて「痛み」をとってもらうということです。

周囲の人が受診を促す際には、当人が気まずい思いをするような言葉は避けて、「あなたの気持ちが楽になるはず」、「きっと良い方向に進むよ」と勧めるとよいでしょう。

まわりの人へ、お願いしたいこと!

追い詰めないで

まわりの人が思っている以上に、本人は苦しんでいること、深刻なことを理解してください。ある調査では、社会不安障害の患者さんの2割ほどが、自殺を考えたことがあると答えています。

社会不安障害は、気力だけでどうにかなるという病気ではありません。「受診したい」という相談を受けたら、それを止めるようなことはしないでください。

不安障害の方へ口に出してはいけない?NGワード!

こういう言葉…とても傷つきます

次のようなことを言われると、自分のことをちゃんと分かってくれていない、理解されていないと感じ、ショックを受けます。

    <言ってはいけないNGワード>

  • がんばってね!
  • 自分の気持ち次第でなんとかなるよ!
  • ○○さんよりは症状が軽いから、まだ大丈夫だよ
  • 薬はいつまで飲み続けるの?薬なんかで治らないよ
  • つらい気持ちは分かるけど、きっと治るって!
  • 性格だからどうしようもないんじゃない
  • 今日も家にいるの?
  • 今日はちょっと調子よさそうじゃない?良くなってるみたいね

まとめ

ここまで、社会不安障害の人との関わり方について説明してきましたが、理解できたでしょうか。社会不安障害の方は、私たちが思っている以上に、つらく深刻な状態と闘っています。毎日を生きていく中で、人との関わりはどうしても切り離せないものです。1人で生きていくことはできないため、この病気を患っている方は必死の思いで日々生活しているわけです。

周りの人のサポートがあってはじめて、いくらかでも安心して生活していくことができます。さりげない気遣い、フォローがとても重要なのです。

社会不安障害の方は十分、頑張って毎日を生きているのです。少しでも平安な日々を過ごせるよう、みんなで支え合っていきたいと思いませんか?あなたの少しの親切によって救われる人もいるかもしれません。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ