適応障害とはどのような病気なのか?現れる4つの症状とは?

「適応障害」とは、その人にとって重大なストレスエピソードを発端に、1~3か月以内に「精神症状」、「身体症状」、「行動面」に症状が現れる心の病気であり、ストレッサーに対するストレス反応が、強いかたちで現れた状態です。しかし、特徴的とされる症状が乏しく、また症状が多岐に渡るため、症状から病気を理解することが困難であることが特徴となっています。

適応障害とはどのようなものなのか、その特徴や症状について説明します。

適応障害の定義とは?うつ病との違いとは?

適応障害などの精神疾患を含め全ての疾病は、世界保健機関(WHO)で分類および定義されており、診断のガイドラインとしてりようされています。

WHOの定義によると?

適応障害とは、WHOの診断ガイトライン「ICD-10」において、「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。また、その特徴として、「発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1カ月以内であり、ストレスが終結してから6カ月以上症状が持続することはない」と明記されています。

違いは症状の継続性!

適応障害は、ストレッサーとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は比較的速やかに消失する傾向があります。ただし、ストレッサーが慢性的に継続した場合、症状も慢性化してしまいます。

うつ病は、ストレッサーとなる環境が消失しても気分が晴れないなど抑うつ状況が持続してしまう点が、うつ病と適応障害との違いとなっています。

重篤な疾患の前兆か?適応障害に現れる症状とは?

適応障害とうつ病には、定義上全く異なった疾患ですが、類似した症状がみられるなど関係性の深い疾患でもあります。

適応障害はうつ病をまねく?

適応障害には、うつ病のような脳内の情報伝達物質の機能異常はみられません。ところが、適応障害と診断されても、5年後には40%以上の方がうつ病など他の精神疾患に診断名の変更されており、適応障害とは重篤な精神疾患の初期症状となっている可能性があります。

適応できないことが主症状!

WHOのICD-10の診断ガイドラインでは、「抑うつ気分」、「不安」、「怒り」、「焦り」、「緊張」など情緒面の症状がみられるとされていますが、適応障害の症状とは、「ストレッサーによって現れる症状の全て」であり、特徴的な症状はみられません。

適応障害の主症状とは、「適応できない」であり、情緒面と行動面に現れてしまい、生き辛さを生じていることが重要となっています。

    <適応障害の4つの症状>

  • 不安症状:不安、恐怖感、焦燥感など。また、それに伴う動悸、吐き気などの身体症状
  • うつ症状:抑うつ気分、喪失感、絶望感、涙もろさ、自殺企図など
  • 問題行動:人の権利の障害、社会規範や規則に対する違反行為など年齢や社会的役割に不相応な行動
  • 身体症状:疲労感、倦怠感、頭痛、腹痛、腰痛、感冒様症状など

症状の変化が診断ポイント!有効な治療方法とは?

適応障害の診断では、特徴的な症状が現れないため、特定の症状の有無をもって適応障害かどうかを判断していません。

診断材料は症状の経過!

適応障害では、症状そのものではなく、「症状が環境によってどのように変化していくか」という症状の経過を診ることになります。

適応障害には、明確なストレッサーによって症状が現れ、そのストレッサーが消失すると症状の改善がみられる特徴があります。このような症状の経過が、適応障害の診断の材料となっています。

    <適応障害の診断材料>

  • 明確な心理社会的ストレスに対する反応で、3ヶ月以内に発症
  • ストレスに対する反応が、正常で予測されるものよりも過剰な症状
  • 社会的や職業または学業上の機能の障害
  • 不適応なストレス反応は、ストレスの消失後6ヶ月以上は持続しない
  • 他の原因となる精神疾患が認められない

治療における重要点とは?

適応障害の情緒面や行動面での症状に対しては、対処療法として薬物療法が有効ですが、根本的な治療ではありません。適応障害の治療は、環境調整が重要になっています。しかし、ストレッサーの除去や回避は必須ですが、社会的や経済的な問題などがあり現実的には難しいものです。そのため、精神療法の認知行動療法などカウンセリングを通して、ストレッサーに対して免疫をつけることが、治療において重要となっています。

ストレスとは何か?影響は個人差が大きい!

適応障害を治したり予防するためには、ストレス状況に適応できるようにすることが必要です。そのためには、まずストレスとは何かを知らなければなりません。

確立した定義はまだない!

ストレスについては、科学的に確立した定義がまだありませんが、「個人ごとの心身の負担となる出来事や要求」のことを「ストレッサー(ストレス要因)」、「それに対する感情や行動への反応」を「ストレス反応」とされ、この二つを総称してストレスと呼んでいます。

ストレスの種類とは?

ストレスには2つの種類があり、そのレベルは様々です。個人のストレスに対する感じ方や耐性には個人差が大きく、それが適応障害をはじめ様々な心身の不調の発現に影響しています。

    <ストレスの種類>

  • 重大なストレス:死別、失職、転職、転勤、災害、事件などの特別なイベント
  • 軽微なストレス:日常における人間関係の不和、過度な残業などの蓄積

早めに支援を求めよう!支援上の注意点とは?

ストレスを強く感じたら、ストレス状況から回避してしまう前に、できるだけ早期に周囲に相談し、状況を変える支援を求めることが大切です。

支援する上での注意点とは?

周囲の方に求められるものは、「相談に応じる姿勢」それ自体です。ただし、支援を行う場合の過剰な配慮は、本人の主体性を奪い社会的責任を回避させることとなり、症状を強化させ回復を妨げる恐れがあるため注意が必要です。

本人が主体的にストレスに適応できるように、サポートや環境の調整を行うことが重要です。

まとめ

現代社会では、ストレスと無縁ではいられません。適応障害を改善するためには、本人にとって何がストレスとなるっているか、どのように環境を調整すれば適応しやすくなるかを見極めることが大切です。「周囲の人は問題なくやっている」と他人と比較して意味はなく、本人がどう感じているかが重要です。

「支援を得られない」、「心身の症状が辛い」など自力での解決が困難な場合は、心の問題を支援する地域の保健センターなど公共機関に相談する、または、専門の医療機関を受診して、克服を目指していきましょう。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ