気分変調症とは併発しやすいの?気づくためには理解や啓発が必要!

気分変調症はすでに発症しているのに気づきにくく、場合によっては性格の問題だと見逃されてしまうことで、さらに他の障害まで合併してしまうことも少なくありません。

こうなると病状は複雑化して治療への課題は増えるばかりになり、社会からの理解や認識も残念ながら乏しいために、さらなる悪循環に陥る人生になりがちです。

そのためにも、身近な人がいつもと違う変化にいち早く気づいてあげられることが重要ですが、気分変調症そのものへの周知も現実的には進んでいないのは確かですので、啓発も必要な課題の一つです。

気分変調症の見逃し!さらに併発しやすい!

気分変調症が思春期や社会人間もない頃からあっても、認識されないままで自覚も出来ずに生きづらさを感じながらただ月日を重ねるほかはないと言う人もたくさんいます。若い頃から自信喪失、憂鬱感、不安感に苛まされることで本人にとっては過酷な日常から抜け出したい気持ちが募ります。

しかし、気分変調症の症状だと分からないため見逃されてしまうことで、どこかに抜け道を見出したい思いからアルコール依存や薬物依存に走ることもありますし、摂食障害にもなってしまいます。

元を正せば、気分変調症だと診断されることもなく見過ごされてしまうことで、さらに他の障害まで併発してしまうのです。とても深刻な事態を招いてしまうのが、現状です。

合併で病状は複雑化!いち早く気づくのが重要!

気分変調症の診断がないままで多感な時期を過ごすことで、さらに合併してしまえば病状は複雑化してしまいますので、悪循環を招いてしまいます。

うつ病は今や国民病とまで言われている時代であっても、理解や啓発は足踏み状態ですので、複雑化してしまことで治療に課題は増える上に、仕事や家庭、学校でも正しい理解を得られにくくなり本人はさらに自己否定を増して行きます。

性格のせいだという誤解を受けたままの人生を余儀なくされてしまうことも実際にあるわけですので、そうではないのに反論する患者の声すら受け止められなくなってしまいます。

そのためには、本人が気分変調症だという自覚をすることが出来づらいものであっても、家族を始め身近な人がいつもと違う言動や態度、行動にいち早く気づくことができる環境はとても重要ですので、今後はこの病気の啓発もとても大事な役割を果たして行くと考えられます。

気分変調症の診断が降りれば、適切な治療を開始することも出来ますし、何よりも患者本人が正しい知識を持つことで、困難な局面でも何らかの対処をスタートできるようになります。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ