ベック式うつ状態チェックテスト(BDIテスト)を試したい方へ

BDIこのBDIテストはペンシルベニア大学の精神科医アーロン・ベック博士が抑うつ状態を総合的に評価して、程度を客観的に図る心理テスト(BDIテスト)です。

アーロン・ベック博士は、初めて認知行動療法理論を広めた人でもあります。

各質問項目に対して「0~3点」の点数を付けることによって、その合計点数でどの程度のうつ状態なのかを図ることができます。この点数だけでなく、精神科や心療内科に受診することで総合的にうつ状態に対して判断する必要はありますが、このBDIテストで自分の状態の目安として使用することができます。

BDIテストの合計得点が「21点以上」の方はなるべく早く、精神科や心療内科に受診することをお勧めします。

以下の項目をよく読んで、直近1週間程度の間であなたの気持ちにいちばん当てはまると思う文章をそれぞれ一つずつ必ず選んでください。

全てに回答しないと正しい点数は出ません。

ベックのうつ評価尺度(BDI)

★問1

悲しいとは感じない
悲しいと感じる
いつも悲しいと感じていて元気がでない
悲しい、または不幸だという気持ちがとても強くて、耐えられない

★問2

私はとくに将来に失望しているわけではない
私は将来に失望している
将来に期待できることなど何もない
将来に希望はなく、良くなる見込みもない

★問3

自分が失敗者のように感じることはない
私は普通の人以上に失敗していると思う
自分の人生を振り返ってみた時、目に入るのは失敗ばかりだ
私は人間として完全な失敗者だと思う

★問4

私はこれまでと同じように満足している
私はこれまでのように楽しみを感じることができない
もう何をしても満足感がえられない
あらゆることに不満を感じている、または全てのことにうんざりしている

★問5

悪いことをしたという気持ちはとくにない
悪いことをしたという気持ちを感じていることが多い
悪いことをしたと、ほとんどいつも感じている
悪いことをしたと、いつも感じている

★問6

自分が罰を受けるとは思わない
罰を受けるかもしれないと思っている
罰を受けるだろうと思っている
まもなく罰を受けると思う

★問7

自分自身に絶望してはいない
自分自身に失望している
自分自身に嫌悪感を感じている
自分が嫌いだ

★問8

私は他人と比べてとくに劣っているとは思わない
私は自分の欠点や失敗に対して自分を責めるようになっている
私は自分の欠点についていつも自分を責めている
私は悪いことが起こると何でも自分の責任だと考えて自分を責める

★問9

自殺したいという考えは私には全くない
自殺したいとは考えるが、実行はしないと思う
自殺できればよいと思う
機会があれば自殺しようと考えている

★問10

これまで以上に泣くということはない
今私は、いつも以上に泣いている
今私は、いつも泣いている
私はこれまで泣くことができていたが、今は泣きたいと思っても泣くことができなくなった

★問11

これまで以上にいらいらすることはない
これまで以上にいらいらしたり、悩んだりするようになっている
今はいつもいらいらしている
これまでいらいらしていたようなことに対し、全くいらいらしなくなった

★問12

他の人に対する興味はいつもと変わらない
これまでと比べて他人に対する興味が減ってきている
他の人に対する興味がほとんどなくなった
他の人に対する興味が全くなくなった

★問13

これまでと同じようにいろいろなことが決めていくことができる
これまで以上に決定を先に延ばすようになった
以前のように決定していくことが、とても難しくなった
もう何も自分で決めることができなくなった

★問14

これまでと比べて、外見が悪くなったとは思わない
自分が老けて見えるようになったのではないか、または魅力的ではなくなったのではないかと気にしている
外見が変化して、これからもずっと魅力的に見えることはないだろうと思う
私は自分が醜いと思う

★問15

私はこれまでと同じように働くことができる
何かをはじめるとき、普通以上に努力しなくてはならなくなっている
何かをするためには、意識的に非常に強く自分を奮い立たせなくてはならない
全く仕事ができない

★問16

睡眠はいつものようにとれている
いつものように睡眠がとれない
普段よりも1~2時間早く目がさめて、それから眠れない
普段よりも数時間早く目がさめて、それから眠れない

★問17

普段と比べて疲れやすくなっているということはない
普段よりも疲れやすい
ほとんど何をしても疲れる
とても疲れているので、何もできない

★問18

食欲はいつもと変わらない
普段ほどの食欲はない
今は普段よりもずっと食欲は落ちている
今は全く食欲がない

★問19

最近あまり体重は減っていない
2キロ以上体重が減った
4キロ以上体重が減った
6キロ以上体重が減った

★問20

いつも以上に自分の健康について心配はしていない
痛み、胃のむかつき、便秘といった身体の問題があって心配している
身体の問題をとても心配していて、他のことがなかなか考えられなくなっている
身体の問題がとても心配で、他のことが考えられない

★問21

セックスに対する私の関心が最近変化したとは思わない
いつもよりセックスに対する関心が弱まってきている
現在、セックスに対する関心が非常に弱まっている
セックスに対する関心が全くなくなった

合計金額:

点数 うつの状態 対応
0~9点 軽いうつ状態です。 うつ状態は軽症です。
10~15点 軽いうつ状態です。
16~20点 うつ状態との境界です。 現在の状態が2週間以上続くのであれば、うつ病にかかっている可能性があるかもしれません。精神科で治療しましょう。
21~30点 中程度のうつ状態です。
31~40点 重いうつ状態です。
40点以上 極度のうつ状態です。

出典:ベックのうつ評価尺度(BDIテスト)

※このテストはあくまで自分がどのような状態かを客観的に知るために使用してください。この点数が低いからと言って必ずうつではないとは判断はしないでください。

うつ病の辛さから解放されたいあなたへ

試してよかった!「うつ病」改善法 全額保証付き

薬ではうつ病を根本から治すことは出来ません。食事、睡眠、運動よって脳にしっかり栄養を与えてあげる必要があります。『試してよかった!「うつ病」改善法』では食事の改善法、快眠をもたらす枕の選び方、脳を健康にする筋力トレーニングの方法を徹底解説されて、たった2週間でうつ病完治まで導いてくれます。また、90日間試しても効果がない方には全額返金保証があり、リスクなしで取り組みことが出来ます。

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する「プチ認知療法」

私は認知療法を取り入れることで、うつを克服することが出来ました。また、認知療法でうつを克服した人は多くいます。ですが、認知療法を実践するのは簡単ではありません。そこで、認知療法の専門家が作成したDVDを見るだけで実践が出来るプチ認知療法があります。それを実践すると、認知療法を気軽に実践することが出来、結果として、うつを克服することが出来ます。

寝つきが良くなり睡眠の質を上げる不眠症対策サプリ「北の大地の夢じずく」

毎日しっかり寝たい!」寝れなくて辛いのはあなただけではありません。私はうつ状態になってから不眠で長い間悩んできました。睡眠導入剤を早くやめたかったので様々な方法を試しましたが、「北の大地の夢じずく」というサプリメントを飲みだしてから夜の寝つきが良くなりスムーズに寝れるようになりました。
北の大地の夢じずく」は北海道の大地で眠りのための理想のエキスを使って作られていて、しっかり休息をとることが出来ます。

2 Responses to “ベック式うつ状態チェックテスト(BDIテスト)を試したい方へ”

  1. 匿名 より:

    全て回答しても点数が出ない

    • Yuki より:

      >匿名さん
      ありがとうございます。
      コードを修正しましたので合計値出せます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ